Windows Copilotが使えない理由と対処法を図解で解説!

Copilot

Windows Copilotを使用しようとしたけれど、上手くいかず使えなかったということはよくある悩みです。しかし、使えなかった原因や解決策を探るのはなかなか難しい問題です。では、Windows Copilotが使えない理由は何なのでしょうか?また、効果的な対処法は存在するのでしょうか?

この記事では、

  • Windows Copilotのインストール方法
  • Windows Copilotが使えない理由と対処法

について詳しく説明します。

この記事を読むと、Windows Copilotの使用中に生じる問題や、Windows Copilotが使えない場合の具体的な解決法が理解できます。わかりやすい図と共にていねいに解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

Windows Copilotのインストール方法を解説!

『Copilot in Windows』をインストールするために、まずはMicrosoftアカウントでサインインします。その後、以下の手順を実行してください。

  1. 最新の更新プログラムをチェックし、取得します。これにより、システムが最新の状態に保たれます。
  2. メニューから「個人用設定」を選択します。
  3. 「個人用設定」から「Windows Update」を選択します。
  4. 「Windows Update」画面で、”最新の更新プログラムを入手する” オプションをONにします。
  5. 最後に、バージョンをアップデートして『Copilot in Windows』をインストールします。

これらの手順に従うことで、『Copilot in Windows』をスムーズにインストールできます。

詳しくはこちらを見てインストールをして見てください。

Windows Copilotが使えない理由と対処法を徹底解説!

Windows Copilotは非常に便利なツールですが、たまに、使えないという問題が発生することがあります。Windows Copilotが使えなくなる主な理由は、以下の3点です。

  • Windows11が最新版(23H2)にアップデートされていない
  • タスクバーのCopilotの表示がオフになっている
  • ローカルアカウントでMicrosoftを利用している

それぞれの対処法を詳しく解説していきます。

Windows11が最新版(23H2)にアップデートされていない

Windows Copilot は、Windows11が最新版(23H2)にアップデートされていないと利用できません。Windows Copilot が使えないときは、まず現在のバージョンを確認してみましょう。以下はその手順です。

  1. Windows 11の「設定」を開きます。画面左側のサイドバーから「システム」をクリックします。
  2. 「システム」から「バージョン情報」を選択します。
  3. 「バージョン情報」画面が表示されたら、「Windowsの仕様」を確認します。
  4. 「Windowsの仕様」の中に「バージョン」という項目が表示されており、その横に「23H2」と記載されていれば、「Windows Copilot」機能が有効化されています。

上記の画像のように、バージョンが「22H2」や「21H2」と表示されている場合、下記の手順を参考にアップデートを行いましょう。

  1. まず、Windows 11の「設定」を開きます。左側のサイドバーから「Windows Update」をクリックします。
  2. 「Windows Update」画面に移動し、「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  3. もし「23H2」のアップデートが利用可能な場合、画面に「Windows 11, version 23H2 が利用可能です。」と表示されるので、「ダウンロードとインストール」をクリックします。
  4. 「23H2」のダウンロードとインストールが完了するまで待ちます。その後、再起動の準備中と表示されたら、「今すぐ再起動する」をクリックします。
  5. 再起動後、Windows 11のバージョンを確認し、「23H2」にアップデートされていれば完了です。

これらの手順に従うことで、Windows 11のバージョンを「23H2」にアップデートすることができます。

タスクバーのCopilotの表示がオフになっている

「Windows Copilot」のタスクバー項目がオフになっていると、タスクバーに「Windows Copilot」のアイコンが表示されなくなります。そのため、「使用できなくなった」「なくなった」と感じる方もいるかもしれません。


しかし、「Windows Copilot」のアイコンが表示されていなくても、実際には「Windows Copilot」機能は有効化されたままなので、利用可能です。

「Windows Copilot」が利用可能かを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. 「設定」画面を開きます。
  2. 左側のサイドバーから「個人設定」を選択し、その中から「タスクバー」をクリックします。
  3. 「タスクバー」画面が表示されたら、タスクバー項目に「Windows Copilot」が表示されているか確認します。
  4. もし「Windows Copilot」が表示されており、オフになっている場合は、タスクバーにはアイコンが表示されないだけで、機能は使用可能です。
  5. タスクバーに「Windows Copilot」アイコンを表示させたい場合は、該当する項目のチェックボックスをクリックしてオンにします。

また、タスクバーにアイコンを表示させなくても、「Windows」キーと「C」キーを同時に押すことで簡単に「Windows Copilot」を起動することができます。

「Windows Copilot」の利用とタスクバー項目の表示は独立して設定できるので、お好みに合わせて設定を調整してみてください。

ローカルアカウントでMicrosoftを利用している

Windows 11のバージョンを23H2にアップデートしても、環境によっては「Windows Copilot」のアイコンがタスクバーに表示されず、利用できないことがあります。主な原因は、ローカルアカウントの使用です。

「Windows Copilot」は、ローカルアカウントを使用している場合、使えない場合があります。

まず、自分のアカウントがローカルアカウントかどうかを以下の手順で確認してみましょう。

  1. 「設定」画面を開きます。
  2. 左上にあるユーザー名の下に、「ローカルアカウント」と記載されているかを確認します。ローカルアカウントの場合、この表示があります。

ローカルアカウントを使用している場合、以下の手順で「Microsoftアカウント」に切り替えることができます。

  1. 「Microsoftアカウント」をまだ作成していない場合は、アカウントを作成してください。
  2. 「設定」画面を開き、左側のサイドバーから「アカウント」をクリックします。
  3. 「アカウント」画面が表示されたら、「Microsoftアカウント」の「サインイン」をクリックします。
  4. 「サインイン」画面で、Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
  5. Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。
  6. もしローカルアカウントで設定したサインインパスワードが必要な場合、入力して「次へ」をクリックします。パスワードを設定していない場合は空白のまま「次へ」をクリックします。
  7. 「PIN」パスワードを設定し、「OK」をクリックします。
  8. 「PIN」の設定が完了すると、「アカウント」画面に戻り、Microsoftアカウントに切り替わります。
  9. パソコンを再起動すると、タスクバーに「Windows Copilot」のアイコンが表示され、Copilotが利用可能になります。

一度「Windows Copilot」を有効にした後は、ローカルアカウントに戻しても引き続き「Windows Copilot」を利用できます。このように、アカウントの切り替えを行うことで、Windows Copilotの機能を使えることができます。

Windows Copilotが使えない理由まとめ

この記事をまとめると、

  • Windows Copilot は、Windows11が最新版(23H2)にアップデートされていないと利用できないため、バージョンが「22H2」や「21H2」の場合、「23H2」にアップデートする。
  • 「Windows Copilot」のタスクバー項目がオフになっていると、タスクバーに「Windows Copilot」のアイコンが表示されなくなるため、タスクバーをオンに変更する。
  • 「Windows Copilot」は、ローカルアカウントを使用していると、使えない場合があるため、Microsoftアカウントに切り替える。

でした。

この記事で紹介した対処法を試してみることで、Windows Copilotを正常に使用できるようになると思うのでぜひ実践してみてください!

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
Copilot
スポンサーリンク
romptn Magazine