Windows Copilotが表示されない時はどうしたらいいの?

Copilot

多くの人が、「Windows Copilotどこにあるの?」「Copilotを使い始めたいけれど、いざ使おうとしたら表示されない…どうすればいいんだろう?」と困惑しているかもしれません。

実は、Windows Copilotが表示されない問題には、特定の解決策が存在します。

この記事では、Windows Copilotが表示されない時の主な原因と、それを解決するための具体的なステップを紹介したいと思います。

こちらの記事は2024年2月現在の情報になります。

マイクロソフトのサポート情報を参考に作成しております。

スポンサーリンク

Windows Copilotはいつから使えるの?

Windows Copilotが公開されたのは、2023年12月です。

Windows 11でアップデートを常に最新の状態にするという設定をしているユーザーに対し順次導入されています。

Windows Copilotを利用するためには、Windows 10またはWindows 11の最新バージョンが必要です。

また、システム要件としては、最低限4GBのRAMと、2GHz以上のプロセッサ、10GBの空きディスク容量が推奨されています。

Windows 10ユーザーは、Copilotを快適に使用するためにはWindows 11並のスペックが必要なことに注意が必要です。

Windows Copilotが表示されない原因を4つ解説!

CopilotがWindowsに入っている場合は、タスクバーのボタンを押すかWindowsボタン+Cを押すことで起動できます。

それで起動できない場合は表示できないということになります。

ここでは、主な原因を4つ挙げて、それぞれについて詳しく解説します。

Windows Copilotが表示されない原因①:Windows11のバージョンが23H2になっていない

まずはWindows 11のバージョンが23H2になっているか確認しましょう。

デスクトップのWindowsボタンを右クリックし「ファイル名を指定して実行」を選び

「winver」と入力してOKを押します。

するとWindowsのバージョン情報をみることができます。

このバージョンが23H2になっていなければ最新版ではありません。

Windowsアップデートを行い最新版に更新しましょう。

Windows Copilotが表示されない原因②:Windowsにサインインしていない

Windowsボタンをおして、左上にアカウント名とメールアドレスが記載されています。

こちらが「ローカルアカウント」となっている場合、Windows Copilotの利用に制限がかかります。

ローカルアカウントではなく、MicrosoftアカウントでWindowsにサインインして利用してください。

Windows Copilotが表示されない原因③:更新プログラム(KB5030309等)無効化されている

Copilotを含んだ更新プログラムが適用されていない可能性があります。

Windowsの設定からWindows Updateを読み込んで更新漏れがないかを確認しましょう。

KB5030309は2024年1月23日に更新されてB5034204になっています。

Copilotを使うのであれば「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」をオンに

しておくことをおすすめします。

Windows Copilotが表示されない原因④:Cookie がブロックされている

Copilotのライセンスを検証する際にWebブラウザーでサードパーティーのCookieをサポートする必要があります。

お使いのブラウザ、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari (MacOS 用) などで方法が異なります。Microsoftのサポートページで詳細を確認してください。

Windows Copilotを表示させる方法を簡単に解説!

Windows Copilotを表示させる方法は、タスクバーのアイコンをクリックするか、Windowsボタン+CでCopilotが起動します。

タスクバーにない場合は「設定」から「個人用設定」でCopilotがオフになっていないかを確認してください

ここにCopilotがない場合はPCにCopilotがはいっていないと思われるので、Copilotが表示されない原因4つから原因をさぐってみてください。

Windows Copilotのインストール方法を解説!

Windows Copilotのインストール方法は現在のところWindows Updateを行うだけです。

「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」をオンにして導入されるまで待つようにしましょう。

詳しくはこちらの記事でも解説しておりますので併せてご覧ください。

参考記事:https://romptn.com/article/30226

Windows Copilotが表示されない時の対処法まとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると

  • Copilotが表示されないときは設定に要注意
  • 大きく4つの原因が考えられる
  • 表示させる方法はとても簡単なのでインストールされているか要チェック

でした。

MicrosoftはWindows Copilotの機能拡張と改善を継続的に行っています。

AI技術の進化に伴い、ユーザーのニーズにさらに応える形で、新しい機能やツールが追加されることが期待されます。

特に、AIによるコンテンツ生成、データ分析、コラボレーションの強化といった領域でのイノベーションが進むことで、ビジネスプロセスのさらなる効率化と創造性の向上が見込まれます。

Copilotを表示させてしっかり活用していきましょう。

Copilot
スポンサーリンク
Romptn Magazine