Windows ユーザー必見「Copilot in Windows」の使い方を徹底解説!

Copilot

新しくWindows11に搭載された「Copilot in Windows」ですが、「Windows11での作業効率を格段に向上させたいけど、どうすればいいのか」、「Copilot in Windowsって聞いたことはあるが、具体的に何ができるのか?」

このような疑問をお持ちのユーザーに向けて、今回はWindows11の最新機能「Copilot in Windows」について詳しく解説します。

本記事で分かることは以下です。
  1. Copilot in Windowsについての概要
  2. 導入方法の手順
  3. 日常の作業を効率化する多彩な機能

今回の記事を通して、Windows11の「Copilot in Windows」を最大限に活用する方法を学べます。

作業効率の向上、よりスムーズなPC操作、そして日々の業務をより簡単にこなすための知識が得られるますので、ぜひ最後までご一読ください。

スポンサーリンク

Windows11「Copilot in Windows」とは

Windows 11に搭載された「Copilot in Windows」は、革新的なAIアシスタント機能です。

ユーザーの声に応じて、さまざまな作業をサポートし、日常業務の効率化を図ることができます。

この機能は、Bing Chatと連携しており、音声操作によりWindowsの操作をより簡単かつ迅速に行うことが可能です。

例えば、文書の作成や情報の検索、Windows設定の変更など、日々の作業を簡単にするためのさまざまな指示をAIに伝えることができます。

ユーザーが求める情報や操作をAIが理解し、迅速に対応します。

これにより、ユーザーはより効率的に作業を進めることができるようになります。

Windows11「Copilot in Windows」の導入方法

Windows 11に搭載されている「Copilot in Windows」の機能を導入するための手順は以下になります。

「Copilot in Windows」の導入方法:Windows 11 を最新版にアップデート

まず、Windows 11を最新の状態にアップデートする必要があります。

これは、コンピュータの「設定」メニューから「Windows Update」を選択し、Windows Updateのセクションで「更新プログラムのチェック」することで行えます。

引用:VAIO http://solutions.vaio.com/

時期やタイミングによって例の画像と少し異なる場合があるかもしれませんが、都度、画面の指示に従ってアップデートを実行してください。


アップデートが完了したら、タスクバーに「Copilot」のアイコンが表示されます。

引用:Livestyle http://live-style.jp/

このアイコンをクリックすることで、「Copilot in Windows」を起動することができます。

引用:Livestyle live-style.jp/

起動後、音声やタイピングを使ってAIに指示を出すことが可能になります。

たとえば、「メールを作成して」と指示すれば、AIがメール作成の支援を始めます。


また、Windows 11のキーボードショートカット「Windows + C」を使って、素早く「Copilot in Windows」を呼び出すことが可能です。

このショートカット「Windows + C」を使うことで、いつでも簡単にAIアシスタントを利用することができ、日々の作業をよりスムーズかつ効率的に進めることができるようになります。

Windows11「Copilot in Windows」の設定変更の仕方

「Copilot in Windows」の各種設定を変更する場合、Copilot のプロンプト ボックスに直接打ち込むことで設定を変更することができます。

例えばダークモードをオンにしたい場合、下記の画像のようにプロンプト ボックスに「ダーク モードをオンにする」と入力して送信します。

その後、ダークモードに切り替えるか否かを聞かれますので、『はい』と入力します。

引用:Nerds Chalk:https://nerdschalk.com

その後、下記の画像のようにダークモードに切り替わります。

引用:Nerds Chalk:https://nerdschalk.com

ライトモードに戻したい場合は、同じ手順でプロンプトボックスに「ライトモードに変更」と入力することで設定を変更できま​す。

また、音量を変更したい場合は、「音量をミュートにする」「音量を上げる/下げる」などとプロンプトボックスに入力します。

このような手順でPC環境の設定を簡単に変更できます。

Windows11「Copilot in Windows」の使い方や機能の紹介!

「Copilot in Windows」は、さまざまな作業を効率的にサポートしてくれます。

例えば、以下のような使用例があります。

「Copilot in Windows」の使い方:アプリを開く

AIロボットがアプリを起動している様子

AIアシスタントに音声操作やタイピングすることによってアプリの指示が可能になります。

例えば、以下のようにアプリを使用できます。

  • 音楽アプリの起動: ユーザーが「リラックスできる音楽を聞きたい」と入力すると、Copilotは音楽ストリーミングサービスのアプリを開くことを提案します。
  • 文書作成: Microsoft Wordや他の文書編集アプリを開くために、「レポートを書き始めたい」と指示する。
  • メールのチェック: 「メールをチェックしたい」と入力することで、Microsoft Outlookや他のメールアプリを開く。
  • カレンダーの確認: 「今日の予定は何ですか?」と尋ねると、Copilotはカレンダーアプリを開き、日の予定を表示する。
  • ウェブブラウジング: 特定のウェブサイトを開くために、「[ウェブサイト名]を開いて」と入力する。

「Copilot in Windows」の使い方:Webサイトの要約

AIロボットが記事を要約してる様子

Webサイトの内容を簡単に要約することもできます。

例えば、以下のような要約が可能です。

  • Edge Web ページの要約: Windows 11 Copilotは、アクティブなMicrosoft Edge Web ページ、PDF、Office ドキュメントを要約する機能を提供します。例えば、特定のWebページを開いている状態で、Copilotにそのページの要約を依頼することが可能です。
  • 長いWebサイトコンテンツの要約: Copilotは、長いWebサイトコンテンツを簡潔に要約することができます。ユーザーが特定のWebページのアドレスをCopilotに入力した場合、Copilotはそのページの主要なポイントを簡潔に要約して提供します。

「Copilot in Windows」の使い方:英文の翻訳

英文を翻訳しているAIロボット

英文の翻訳も「Copilot in Windows」の便利な機能の一つです。

例えば、以下のような翻訳が可能です。

  • READMEファイルの翻訳: GitHub Copilot chatのインライン機能を利用して、README.mdファイルを日本語に翻訳することができます。例えば、ユーザーが「このREADME.mdを翻訳してください」と指示を出すと、Copilotはその内容を翻訳しま​す。
  • 論文の英文校正・翻訳: 論文向けのAI英語校正・翻訳ツール「Paperpal」に組み込まれたCopilot機能を利用して、論文の英文校正や翻訳を行うことができます。この機能は、論文の品質を高めるのに役立ちま​す。

「Copilot in Windows」の使い方:シンプルな調べ物

AIロボットが人間にニュース情報を伝えてる様子

簡単な調べ物も「Copilot in Windows」に任せることができます。

例えば、以下のような調べごとを行えます。

  • 天気情報の確認: Copilot in Windowsを使って、現在地や特定の場所の天気予報を簡単に調べることができます。
  • ニュースの検索: 最新のニュースや特定のトピックに関するニュースを検索し、情報を得ることが可能です。
  • レシピの検索: 特定の料理のレシピや調理方法を検索し、詳細な情報を入手することができます。
  • 地図上での場所の検索: 地図上で特定の場所や観光地、レストランなどの位置を検索し、方向や距離などの情報を得ることができます。
  • 一般的な質問への回答: 一般的な知識に関する質問や定義などをCopilotに尋ね、迅速な回答を得ることができます。



このように、「Copilot in Windows」は日々の作業をサポートするための多彩な機能を提供し、ユーザーの生活をより効率的かつ快適にします。

Windows11「Copilot in Windows」を使う上でのメリット

Windows 11に搭載された「Copilot in Windows」は、日常の作業を効率的にサポートする革新的な機能です。

このAIアシスタントを使うことで、ユーザーは様々なメリットを享受できます。

Windows11「Copilot in Windows」のメリット:作業の効率化

引用:Impress Watch http://www.watch.impress.co.jp/

「Copilot in Windows」の最大のメリットは、作業の効率化です。

音声操作やタイピングによってAIに指示を出すことができるため、時間をかけて手動で作業を行う必要がありません。

例えば、

  • 文書作成
  • 情報検索
  • 設定変更

など、日常的なタスクを素早く処理できます。

これにより、作業時間の短縮と生産性の向上が期待できます。

Windows11「Copilot in Windows」のメリット:好みに合わせたカスタマイズ性能

引用:Microsoft http://news.microsoft.com/

もう一つの大きなメリットは、個々のユーザーの好みに合わせたカスタマイズ性能です。

例えば、

  • PCの環境設定(音量やダークモード、おやすみモードのオン/オフなど)
  • プラグインを通じた拡張(ChatGPT プラグインやTeams のメッセージ拡張機能など)
  • お気に入りのアプリとのシームレスな接続(文書編集アプリとカレンダーアプリ間での情報共有など)

といったカスタマイズが可能になります。

このように、「Copilot in Windows」を使うことで、Windows 11ユーザーはより効率的で、パーソナライズされたweb体験を享受できるようになります。

Windows11「Copilot in Windows」の使い方のまとめ

今回はWindows 11の「Copilot in Windows」について詳しく解説しました。

この機能は、日々のPC作業を効率化し、ユーザーの生活を豊かにするための素晴らしいツールです。

以下が今回の記事の要点になります。

今回のポイント
  • Copilot in Windows」は、革新的なAIアシスタント機能
  • 導入する場合は、Windows 11を最新の状態にアップデートする必要がある
  • プロンプトボックスに直接打ち込むことで様々な設定(音量やダークモード)を変更することが可能
  • タイピングだけでなく、音声でAIに指示することも出来る
  • 単純な調べ物から翻訳、サイトの要約などさまざまな作業を効率的にサポートしてくれる
  • ユーザーの好みに合わせたカスタマイズが可能で、よりパーソナライズされたサポートを受けることができる

「Copilot in Windows」は、これからのWindows 11の使用体験を大きく変える可能性を秘めています。

ぜひこの機能を活用して、作業効率を上げ、より快適なPCライフを実現してください。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
Copilot
スポンサーリンク
romptn Magazine