Stable Diffusionの最強LoRA『flat2』の導入方法・使い方を解説!

Stable Diffusion

Stable Diffusion画像について調べているのと「flat2」という言葉を目にしたことはないでしょうか

 でも、「flat2」って、具体的にどんなことができるのでしょうか?

そして、どうやって手軽に使い始めることができるのでしょうか? 

この記事では、そんな疑問を解決するため、Stable DiffusionのLoRA「flat2」の導入方法や使い方をご紹介します

 ぜひ最後までお付き合いください。新しい画像生成のワクワクする世界が広がっていますよ!

スポンサーリンク

LoRA『flat2』の導入方法

「flat2」はHugging FaceのサイトやCivitaiでダウンロードすることができます。

その他にも、それぞれ特色のある「flat1」や「flatBG」といったバージョンも存在しますが、「flat2」が最も広く使われています。

ここでは「flat2」を例に導入方法を解説しましょう。

導入方法

  1. Hugging faceまたはCivitaiで「flat2.safetensors」を検索し、「flat2.safetensors」をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを保存している「stable-diffusion-webui」の中にある「models」フォルダに移動します。
  3. 「models」フォルダ内にある「Loraフォルダ」にダウンロードした「flat2.safetensors」を保存します。
  4. Stable Diffusion web UIを起動し、プロンプト入力欄の下にある「LoRA」を開き、「flat2」があれば導入成功。

「flat2」が導入された画面

以上で「flat2」の導入完了です。

他のバージョンも導入方法は同じです。

Stable Diffusionの画像生成を最速で学びたいあなたへ!
  • Stable Diffusionの基礎を2時間でマスター!
  • 高スペックPCがない方向けに徹底解説。
  • ControlNetなど、必須級の拡張機能も網羅。
  • 今話題のSDXL、AI動画生成も。
  • 特典として、大人気「おすすめ拡張機能・モデル解説」「プロンプト大全」つき!
\このボタン限定!70%オフキャンペーン実施中!/
70%オフキャンペーン実施中!/

LoRA『flat2』の使い方

それでは、ここからは使い方を解説しましょう。

使い方

「flat2」はプロンプト欄に以下の呪文(プロンプト)を入力します。

<lora:flat2:-1>

または、画像の赤枠をクリックしましょう。

すると、下の画像のようにプロンプトに反映されます。

「-1」という値は自分で設定することができます。

この設定値は「-2〜2」の範囲で変更可能です。

値は、画像の細かさやディテールの度合いを調整するためのものです。

値を大きくすると画像は単純化、逆に小さくするとディテールが複雑化します。

まとめると以下の通りです。

値の変化による影響

  • 「flat2」の値を大きくすると、画像は単純化される。
  • 「flat2」の値を小さくすると、画像は複雑化される。

階層別に適用することも可能!

通常、Stable DiffusionでLoRAを使用すると、その影響は画像全体に及びます。

例えば、「顔だけ」に効力を発揮したくても、できないことが多いです。

「flat2」も例外ではありません。

しかし、拡張機能「LoRA Block Weight」と組み合わせて使うことで、階層別に「flat2」を適用することが可能になります

つまり、特定の部分に「flat2」の効果を適用することが可能になります。

romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。

LoRA『flat2』の画像生成例

それでは実際に「flat2」を使用した画像を見てみましょう。

画像生成に利用したプロンプトは以下の通り。

ポジティブプロンプト

masterpiece, beautiful, realistic, a woman, (white t-shirt:1.1), (curly black short hair:1.1), in the cafeteria, sitting on the chair, 

ネガティブプロンプト

(worst quality:2), bad anatomy, bad face, (moles:2), out of focus, blurry, nsfw, nipples, EasyNegativeV2

画像は単純→複雑の順に並べています。「flat」の値の変化をお確かめください。

flat2:値2

flat2:値1

flat2:値なし(元画像)

flat2:値−1

flat2:値−2

モデルは「Dark Sushi Mix 大颗寿司Mix」を使用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Stable DiffusionのLoRA『flat2』の導入方法・使い方について解説してきました。

今回のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 「flat2」はHugging FaceのサイトやCivitaiでダウンロード可能。
  • 「flat2」を使用することで、画像を単純化、または、複雑化することができる。
  • 階層別に適用することも可能。

「flat2」の導入方法や使い方について、この記事を通じて理解を深めることができたでしょうか?

Stable Diffusionを使用する際の強力なツールとして、多くのクリエイターや研究者が「flat2」を利用しています。

「flat2」の魅力や効果を実際に体感するためには、実際に導入して使用してみることが一番です!

ぜひとも、今回学んだ知識を活かして、画像生成を楽しんでください。

また、「flat2」以外にも多くの関連記事がございますので、ぜひそちもご覧ください!

romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。