【Windows11】Copilotが勝手にインストールされた時の対処法を解説!

Copilot

「Windows11でCopilotが勝手にインストールされている」「どうやって消せばいいの?」そう悩んでいる方もいるかもしれません。

実は、この問題には明確で効果的な対処法が存在します。

この記事では、Windows11におけるCopilotの勝手なインストール問題に直面したときの対処法を、具体的なステップと共に解説します。

こちらの記事は2024年2月現在の情報になります。

スポンサーリンク

【Windows11】Copilot とは?

なぜ勝手にCopilotがインストールされるの?Windows10は?

CopilotのインストールはWindowsのアップデートによって自動的に行われます。よってユーザーの意図とは異なり、勝手にCopilotがインストールされてしまうことはあり得ます。

またWindows10においても「利用可能になったらすぐ最新の更新プログラムを入手する」をオンにしていた場合、自動更新によりCopilotがインストールされてしまう可能性があります。

勝手にCopilotがインストールされた時の対処法

大きく3つの方法があります。

1.タスクバーからアイコンを消去

設定>個人用設定からタスクバー項目のCopilotをオフにすることで無効化することができます。

2.グループポリシーを使用した無効化

こちらはWindows 11 PRO版だけの設定手順です。

グループポリシーを使用してレジストリを変更します。

最初に、Windowsボタンを押しながら「ファイル名を指定して実行」を開きます。

次に、gpedit.mscと入力し、「OK」をクリックします。

表示されたローカルグループポリシーエディターで、「Windows Copilot」を選択します。

具体的な場所は以下の通りです。

ユーザーの構成
∟管理用テンプレート
 ∟Windows コンポーネント
  ∟Windows Copilot

次に、「Windows Copilot」をオフにする項目をダブルクリックします。

ここで、「Windows Copilot」を無効化するために「有効」に設定し、OKをクリックします。

これにより、「Windows Copilot」が無効化されます。

3.レジストリを使用した無効化

レジストリの編集の操作を誤るとWindows11が正常に動作しなくなる可能性があります。編集前に必ずバックアップをとってから操作を行ってください。

レジストリエディタを開きます。

タスクバーのWindowsボタンを右クリックし「ファイル名を指定して実行」を選びます。

もしくはキーボードのWindowsボタン+Rを同時に押します。

「ファイル名を指定して実行」が開きます。

regedit

と入力し、OKボタンをクリックしてください。

ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら、「はい」をクリックして続行します。

レジストリの変更は危険を伴うため、バックアップをとって慎重に作業してください。

変更するレジストリのパスを開きます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows

レジストリエディタを使用して、指定されたパスに沿って展開します。

HKEY_CURRENT_USER
 ∟Software
   ∟Policies
     ∟Microsoft
       ∟Windows

レジストリキーを作成する Windowsフォルダを右クリックし、「新規」を選び、現れたサブメニューから「キー」を選択します。

「新しいキー #1」と表示された項目に「WindowsCopilot」という名前を付けます。

レジストリの値を無効化する方法 新しく作成したWindowsCopilotキーを右クリックし、「新規」からサブメニューの「Dword 32ビット値」を選択します。

「新しい値 #1」と表示された項目の名前を「TurnOffWindowsCopilot」に変更します。

「TurnOffWindowsCopilot」をダブルクリックし、値を「1」に設定します。

OKをクリックし、コンピュータを再起動すると、Copilotが無効になります。

Copilotを再び有効にする場合は、「TurnOffWindowsCopilot」の値を「0」に戻すか、または「TurnOffWindowsCopilot」を削除することで、元の状態に戻すことができます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

参考記事:https://romptn.com/article/30714

Copilotが勝手にインストールされないためにすべきこと

Copilotが勝手にインストールされないためには「利用可能になったらすぐ最新の更新プログラムを入手する」を「オフ」にしておくことがもっとも有効です。

必要な更新はしっかり行いつつ、予期せぬアプリケーションのインストールを防ぎましょう。

「設定」メニューから「更新とセキュリティ」を選択し、「Windows Update」のオプションにアクセスします。
ここで、更新プログラムの自動ダウンロードに関する設定を調整し、より細かい制御を可能にします。

【Windows11】Copilotが勝手にインストールされた時の対処法まとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると

  • CopilotはWindows Updateの自動更新をオンにしておくと勝手にインストールされる場合がある
  • インストールされた場合でも無効化することでPCの余計な不可を避けることは可能
  • 「利用可能になったらすぐ最新の更新プログラムを入手する」をオフにしておくと安心

でした。

Copilotの勝手なインストールは困惑するかもしれませんが、適切な知識と対策を講じることで、このような問題に効果的に対処することが可能です。

特にギリギリスペックでPCを動かざるを得ない場合は余計な負担になってしまうため、賢く対策してPCを使っていきましょう。

Copilot
スポンサーリンク
Romptn Magazine