【初心者向け】ChatGPTのアカウント登録方法!登録の際の注意点も詳しく解説

ChatGPT

ChatGPTは、自然な文章生成のための先進的な人工知能(AI)モデルです。

このツールは、ユーザーが簡単に高品質な文章を生成するのに役立ち、ブログ記事やメール、レポートなど、さまざまなコンテンツ作成に活用されています。

その手軽さと高い精度から、多くの人々がChatGPTを利用し、その魅力に惹かれています。

ただしChatGPTを利用するには、まずアカウント登録が必要です。

本記事では、その登録手順を初めての方でもわかりやすく解説していきます。ChatGPTを始めるための第一歩のお手伝いができれば幸いです。

【2024/04/03追記】

ついにChatGPTがログインなしで利用可能になりました!本記事ではその概要についても触れていきます。

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

ChatGPTアカウントの登録前に

ChatGPTのアカウントを作成する前に、いくつか準備しておくべき情報があります。

  • 名前(ニックネームでもOK)
  • 誕生日(ChatGPTは13歳未満は利用できないという年齢制限があります)
  • メールアドレス(Google・Microsoft・appleアカウントでもOK)

ChatGPTのアカウントを作成するには、OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスする必要があります。公式サイトでは、ChatGPTをはじめとするOpenAIの提供するサービスの概要や最新の情報を確認することができます。

OpenAI公式ウェブサイトページはこちら

ChatGPTのウェブサイトページはこちら

ChatGPTのアカウント登録方法

ChatGPTのアカウントを登録する手順は以下の6つのステップになります。1ステップずつ解説していきますので、手順に従って進めれば、誰でも簡単にアカウントを作成することができます。

①Open AIの公式サイトへアクセス

まずは、OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスします。このサイトは、ChatGPTを含むOpenAIが開発した技術やサービスについての情報が集約されています。

ウェブサイトのデザインは直感的で、ナビゲーションも簡単なので、どなたでもすぐに目的の情報を見つけることができます。

OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスできたら、画面右上の「ChatGPTを試す」をクリックすると、ChatGPTのサービスページにアクセスできます。

②「サインアップ」ボタンの選択

ChatGPTのサービスページにアクセスしたら、「サインアップ」のボタンをクリックします。

③必要情報の入力

ChatGPTのアカウント登録方法(サインアップ)は、下記の4パターンがあります。

  1. メールアドレスで登録
  2. Googleアカウントで登録
  3. Microsoftアカウントで登録
  4. Appleアカウントで登録

各アカウントをお持ちの方は、それぞれのアカウントを利用した登録方法を選ぶとより簡単にアカウント作成できます。ここでは「メールアドレスで登録する方法」をご紹介します。

サインアップ画面に移動したら、まずは自分の「メールアドレス」を入力し「続ける」をクリックし、続けて「パスワード」を入力し「続ける」をクリックします。

※パスワードは「12文字以上」という条件がありますので、ご注意ください。

④メールでの確認

入力したメールアドレスに、OpenAIから認証メールが送信されます。

届いたメール内のリンク「Verify email adress」をクリックして、メールアドレスの所有を確認します。このステップは、アカウントのセキュリティを高めるために非常に重要です。

⑤追加情報の入力とプロフィール設定

メールアドレスの認証が完了すると、自動で追加情報の入力とプロフィール入力の画面に遷移します。
この画面で、「フルネーム」「誕生日」を入力して、「一致する」ボタンをクリックします。

※フルネームはニックネームでもOKです。

⑥利用規約とプライバシーポリシーの同意

最後に、OpenAIの利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意します。この文書には、サービスの利用条件や、あなたのデータがどのように扱われるかについての重要な情報が記載されています。

安心してサービスを利用するためにも、内容をよく理解した上で同意することをお勧めします。

OpenAI OpCo, LLC(以下、当社の関連会社とあわせて「OpenAI」又は「当社」といい ます。)は、お客様のプライバシーを尊重し、お客様から取得した、又はお客様に関する 情報を安全に保つことを強くお約束します。

引用:OpenAIのプライバシーポリシー

※ChatGPTの利用規約については、以下の記事で解説しています。

【2024/04/04追記】ついにChatGPTが登録なしでも利用可能に!

AIチャットサービス大手のOpenAIは、ユーザーの利便性向上を目的として、『ChatGPT』をログインなしで提供することを発表しました。

前日の通りこれまで、ChatGPTを利用するにはアカウント登録とログインが必須でしたが、今回の変更により、面倒な手続きを踏まずとも、誰でも気軽にChatGPTを体験できるようになりました。アカウントがなくても、通常のチャット機能は制限なく利用可能とのことです。

ただし、過去のチャット履歴の保存・閲覧機能や、音声による対話、ユーザー独自の指示のカスタマイズといった高度な機能を使用する場合は、従来通りアカウントへのログインが必要となるので注意が必要です!

ChatGPTにアクセスする。

サイトを開くと、ログインや登録の画面ではなくこちらのチャット画面が表示されました。

②ChatGPTに質問をする

正確な情報を答えてくれるかを確かめるために「2020年の日本の重大ニュース」について質問を投げかけてみました。

すべて合っていますね!ログインなしでも十分正確な情報が得られそうです。

しかし、GPT-3.5で学習された情報(~2021年9月)までしか回答はできないのでご注意ください。GPT-4を利用したい場合は、ChatGPTにログインして有料プランに加入することが必要です。

軽い質問を投げかけたいときは、わざわざ登録しなくてもいい上記の方法を利用するのが良さそうですね。

ChatGPTのアカウント登録時の注意点

ChatGPTのアカウント登録時は、セキュリティを保ち、スムーズな利用開始を実現するためにいくつかの注意点があります。

「強固なパスワードの選定」「メールアドレスの確認」「電話番号認証の有効活用」そして「利用規約とプライバシーポリシーへの同意」が必要です。

これらのステップを丁寧に行うことで、安全かつ快適にChatGPTを利用開始することができます。ここではそれら4つの注意点をわかりやすく解説していきます。

注意点①:セキュリティのためのパスワード選定

パスワードは、アカウントのセキュリティを守る最初の砦です。複雑で予測困難なパスワードを設定することで、不正アクセスのリスクを大幅に減少させます。

大文字、小文字、数字、特殊文字を組み合わせた12文字以上のパスワードが理想的です。一般的な単語や個人情報は避けることは重要ですが、定期的に更新するとなお強固なセキュリティが保持できます。

パスワードを忘れても大丈夫なように対策をとることもお忘れなく!

注意点②:メールアドレスの正確性とアクセス可能性の確認

メールアドレスを登録する際は、間違いがないかしっかりとチェックしましょう。誤ったメールアドレスでは、アカウントの確認や重要な通知を受け取れなくなります。

また、将来的にパスワードを忘れた時の回復手段としても使用されるため、いつでもアクセスできるメールアドレスを選ぶことが重要です。

もしもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダも一度確認してみてください。

正確なメールアドレスの入力と定期的なアクセス確認により、スムーズなサービス利用が可能となります。

注意点③:電話番号認証の重要性

電話番号認証は、アカウントのセキュリティを大幅に向上させる機能です。現在アカウント登録時には必須ではありませんが、この認証を設定することで、不正アクセスを効果的に防ぐことが可能になります。

ChatGPTを開発するOpenAIは、Microsoftからの大型出資を受けており、そのセキュリティ基準は非常に高いものとされています。

また、OpenAIはプライバシーポリシーを公開しており、ユーザーの安全とプライバシー保護に対する取り組みを透明にしています。

したがって、電話番号認証を利用することで、安全性を強化し、さらにはユーザー自身の安心にも繋がります。

注意点④:利用規約とプライバシーポリシーの確認

利用規約とプライバシーポリシーの確認は、サービスを安全に利用する上でとても重要です。

これらの文書は、ユーザーとサービス提供者間の契約であり、あなたの権利や義務、サービスの正しい使い方、個人情報の取り扱いについて詳しく説明しています。

利用開始前にこれらの内容を確認し、理解することで、予期せぬトラブルを避け、プライバシーを守ることができます。

特に、どのような情報が収集され、それがどのように使用されるのかを把握することは、個人情報保護の観点からも重要ですので、サインアップする前に、目を通してみることをお勧めします。

ChatGPTのアカウント登録後の使い方

  • ChatGPTへのログイン方法・・・ChatGPTアカウントの作成が完了したら、次はログイン方法です。OpenAIのウェブサイトにアクセスし、「ログイン」ボタンをクリックするだけです。初めてログインする際は、登録したメールアドレスとパスワードが必要になります。
  • 基本的な使い方の紹介・・・ログイン後は、いよいよChatGPTの操作です。テキストボックスに質問やリクエストを入力し、送信ボタンを押してみましょう。ChatGPTが対応可能な様々なトピックについての回答や提案を得ることができます。
  • プロフィールの設定・・・さらに、自分のプロフィールをカスタマイズすることで、ChatGPTの使用体験を向上させることができます。プロフィール画面から、表示名やアイコン、言語設定など、様々な項目を自由に設定することが可能です。

※ChatGPTの詳しい使い方については、下記記事を参考にしてください!

ChatGPTのアカウント登録の際のエラー

ChatGPTのアカウント登録は手順も比較的簡単なのでスムーズに進みやすいですが、時にはエラーやトラブルが発生することがあります。よくある例だと

  • メール確認のトラブル
  • ログイン問題
  • アカウント回復  

などが事例としてあります。

もちろんそれ以外にも要因はあり得ますので、もしアカウント登録時にうまくいかなくてお困りになった場合には、下記記事にてトラブル対処法についての詳細がまとめられていますので、あわせてご活用ください。

※ChatGPTの登録できない場合のエラーに関しては、下記記事を参考にしてください!

まとめ

この記事を通じて、ChatGPTのアカウントを作成する際の多くの利点や、事前に必要な情報、そして具体的な登録の手順について詳細に解説しました。

またアカウント作成後の基本操作や、遭遇する可能性のある一般的な問題とその解決策も紹介させていただきました。

ChatGPTの使用は、日常の疑問解決や創造的な文章作成をサポートするだけでなく、ユーザーに新しい学習の機会を提供します。

これからChatGPTを始める皆さんが、このガイドを参考にスムーズにアカウント登録を済ませ、その豊富な機能を最大限に活用して、ChatGPTの世界を存分に楽しんでいただければ幸いです。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
ChatGPT
スポンサーリンク
romptn Magazine