ChatGPTの使い方のコツ10選!より精度の高い回答を引き出す方法とは?

ChatGPT

ChatGPTは、AIの力を借りて様々なタスクをサポートしてくれる頼もしいパートナーです。しかし、時には思うような回答が得られないこともあるでしょう。

そんな時、ちょっとしたコツを知っているだけで、ChatGPTとのコミュニケーションはもっとスムーズになり、より精度の高い回答を引き出すことができるはずです。

本記事では、ChatGPTを最大限に活用するための10の使い方のコツをご紹介します。これらのテクニックを実践することで、ChatGPTとの対話がより円滑になり、求めている情報やアイデアにたどり着きやすくなるでしょう。

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

ChatGPTについて



ChatGPTは、アメリカの企業であるOpenAI社が提供するAIを活用したチャットボットのことです。

自然言語処理という技術を用いて作成され、プロンプトと呼ばれる指示命令文をチャット中に入力すると、メール文章、データ分析、旅行計画プランの作成から日々の献立作成まで、日々の暮らしに関わることからビジネス、研究等多くのことを可能とするツールです。

しかし、便利である一方で、利用した際に、最適な答えChatGPTから出力しないことを経験された方も多いかと思います。

ChatGPTは、与えた指示命令文により、出力結果が変わります。

この出力結果につき精度を高くする使い方にはコツがあります。

本記事においては、ChatGPTを用いて、より適切にユーザが希望する答えが出力されるコツをご紹介したいと思います。

※ChatGPTのインストール方法や登録方法については、以下の記事で解説しています。

ChatGPTの使い方のコツ10選!

ChatGPTの使い方に関するコツを本記事では、10個ご紹介いたします。

このコツを用いて、出力結果の精度を上げ、生産性を上げる参考にしていただければ幸いです。

コツ①:明確で具体的なプロンプトを入力する

ChatGPTとの対話を始める際には、曖昧な表現ではなく、明確で具体的なプロンプトを入力することが重要です。

たとえば、「メールを書いて」という曖昧なリクエストではなく、

「日本におけるお祝いの挨拶を伝えるための文章を誠実な表現で記載してください。その際、拝啓、敬具を用いて記載してください。」

と具体的に入力することで、必要な情報を得やすくなります。

以下が、各々の出力結果です。

  • メールを書いてのみの場合
  • 具体的な指示を出した場合(ここでは、お祝いを伝える文章を記載するためのプロンプトを記載してみました)

上記のように明確で具体的でない場合、新たにプロンプトを入力しなければならないため手間が増えます。

コツ②:質問を分割して細かく聞いてみる

大きなトピックを小さな質問に分けて理解を深める

2つ目のコツは、質問を分割して細かくプロンプトを記載するということです。

抽象的な質問やリクエストは、大きなテーマを小さな質問に分けて一つずつ尋ねることで、ChatGPTの出力結果の精度が向上します。

例えば、「宇宙について教えて」という広範なテーマを、「宇宙の広さを教えて」や「宇宙が誕生してから最も最初にできた銀河を教えて」といった具体的な質問に分けることでより必要な出力結果を得ることができます。

コツ③:立場を指定する

「あなたは〇〇です」というキーワードで指定

3つ目のコツは、ChatGPTに特定の立場から出力結果を求める方法です。

この方法で具体的、有益かつ精度が高い情報を得ることができます。

たとえば、「経済学者として、日本の株式市場の動向をどう見ますか?」と尋ねることで、経済学者としての視点から分析結果をChatGPTから得ることができます。

コツ④:フィードバックループの活用

ChatGPTの回答を精練するためのフィードバック方法

4つ目のコツは、ChatGPTにフィードバックを何度も行うことで精度を上げる方法です。

ChatGPTは、フィードバックを通じて出力結果を改善することができます。

例えば、出力結果の精度が不十分だった場合には、コツ③で記載した株式市場の動向について「自動車業界についてより詳細に教えて」と具体的にフィードバックを与えることで、より充実した回答を得ることができます。

コツ⑤:条件を付けて質問する

5つ目のコツは、特定の条件を設定して質問する方法です。

プロンプトをChatGPTに入力する際に、条件を付記して、回答の範囲を絞り込み、より有用な情報を得る方法です。

例えば、「雨が降っている場合の野外イベントの運営方法は?」といった条件付きの質問をすることで
回答を得たい質問に対して精度の高い出力結果を得ることができます。

コツ⑥:複数の質問形式を試す

同じ内容を異なる形式で尋ねる効果

6つ目のコツは、複数の質問形式を試す方法です。

例えば、「天気予報は?」という質問に加えて、「もし雨が降る場合、どのような遊びを行うことがおすすめですか?」という質問も付記しましょう。

上記のように質問内容を付記することで、ChatGPTは天気予報の出力するだけでなく、雨天時の遊びに関する提案も行うことができます。

コツ⑦:応答の形式を指定する

一覧、要約、具体例など、期待する回答の形式を指示

7つ目のコツは、応答の形式を指定する方法です。

例えば、「東京のおすすめ観光スポットを5つ教えて」という質問に対して、「箇条書きで」と指定することで、ChatGPTは以下のように箇条書きで整理された情報を出力します。

コツ⑧:活用事例や例を求める

理論だけでなく実践的な理解を深める

8つ目のコツは、活用事例や例について具体的に求める方法です。

ChatGPTや活用事例や例を指定しないと抽象的な回答を出力することもあり、本手法は有効です。

より、ユーザにとってわかりやすい表現で出力をすることが可能です。

例えば、「ChatGPTを使ったビジネスでの活用例を教えて」と質問すると、ChatGPTは以下のような回答を出力します。

コツ⑨:逆に質問をしてみる

例えば、ユーザーが「好きな映画は何ですか?」と聞いたら、「私は〇〇が好きです。あなたはどのようなジャンルの映画が好きですか?」と返すような感じ

9つ目のコツは、ChatGPTに逆に質問をしてみるという方法です。

例えば、何かの映画を見たい時に、ChatGPTに「好きな映画は何ですか?」と聞くことで、ChatGPTが「私は『スター・ウォーズ』シリーズが好きです。あなたはどのようなジャンルの映画が好きですか?」という趣旨の出力結果をが得られます。

コツ⑩:プラグインを利用する

最後にご紹介させていただくのは、プラグインを利用するという方法です。
プラグインは2024年4月9日に終了となり、GPTsに移行します。ここでは、2024年3月時点の情報を掲載いたします。

ChatGPTのプラグインを利用することで、ChatGPTの機能を拡張し、より多様な情報を得ることができます。

以下に代表的なプラグインを5つご紹介いたします。

  1. Wikipedia

    Wikipediaプラグインは、ユーザーが特定のトピックについての情報を求めたときに、そのトピックに関するWikipediaの記事を検索し、その結果をユーザーに提供します。
  2. YT Summarizer
    YT Summarizerプラグインは、ビデオのURLを入力することで、そのビデオの字幕を取得し、要約を提供します。ビデオの詳細情報(URL、視聴回数、長さ、チャンネル情報)も提供されます。
  3. Scraper
    Scraperプラグインは、入力したURLの内容の情報を入力するだけで、該当ページの内容を抽出する情報収集プラグインです。
  4. HeyGen
    heygenプラグインは、ユーザーがPPTやPDFをインポートしてビデオを作成することができるAIビデオジェネレーターです。ユーザーは、話す写真ビデオを作成したり、お気に入りのビデオプリセットから始めたり、最も適したアバターから始めたりすることができます。
  5. Accurate PDF
    Accurate PDFプラグインは、ユーザーが指定したPDFをアップロードし、その内容をセマンティック検索クエリに変換します。ユーザーが具体的な質問をしない場合は、PDFの一般的な要約を提供します。

※他にもおすすめのプラグインを知りたい場合は以下をクリックしてください。https://romptn.com/chatgpt-plugin

ChatGPTの活用事例

これまでChatGPTの出力結果の精度を上げるコツを見てきました。

しかしながら、実際ChatGPTでどこまでのことをできるか不明の方もいらっしゃるかと思うので、実際の活用事例について使い方と具体例をご紹介いたします。

  1. コミュニケーションの効率化:
    • 使い方: チームメンバーとのコミュニケーションにChatGPTを使用して、メールの具体案を作成してくれます。
    • 具体例: 「プロジェクトの進捗に関する状況をチームに伝えるテンプレート用のメール案を作成して」とChatGPTに依頼すると、メールのテンプレートを提案してくれます。
  2. データ分析:
    • 使い方: 市場データや顧客フィードバックを分析する際に、ChatGPTを活用し示唆を出すことができます。
    • 具体例: 「最近の市場調査から顧客の傾向を分析して」と依頼すると、ChatGPTはデータを基にした洞察を提案してくれます。
  3. プレゼンテーション資料作成:
    • 使い方: プレゼンテーションを行う際のスライドに記載する内容のアイデア創出の際に活用できます。
    • 具体例: 「新商品のプレゼンテーションのアウトラインを作って」と依頼すると、ChatGPTは構成案を提案してくれます。
  4. キャッチコピーの作成:
    • 使い方: SNSの投稿や広告のキャッチコピーをChatGPTを使って作成できます。
    • 具体例: 「20代女性をターゲットとした新しいキャンペーンのためのSNS用キャッチコピーを20文字以内で作って」と依頼すると、ChatGPTはキャッチコピー案を提案してくれます。
  5. スキルアップのための情報収集:
    • 使い方: 自身の興味のある分野や新しいスキルについて、ChatGPTに情報を提供してもらうことがができます。
    • 具体例: 「AIについて学びたい、初心者向けの情報を教えて」と依頼すると、ChatGPTは学習資料やコンテンツを提供している会社を提案してくれます。
  6. タスク管理の最適化:
    • 使い方: 日々のTodoリストを管理し、優先順位をChatGPTに相談できます。
    • 具体例: 「今日のTodoリストを見て、どれから着手すべきかアドバイスして」と依頼すると、ChatGPTは効率的なタスクの進め方を提案してくれます。
  7. ビジネス課題の解決策提案:
    • 使い方: 職場で直面している問題に対して、ChatGPTに解決策を考えてもらうことができます。
    • 具体例: 「顧客満足度を上げる方法を考えて」と依頼すると、ChatGPTは具体的な改善策を提案してくれます。
  8. 自己啓発のためのモチベーション向上:
    • 使い方: 目標設定やモチベーション維持のために、ChatGPTにアドバイスを求めることができます。
    • 具体例: 「キャリアアップのための目標設定についてアドバイスをして」と依頼すると、ChatGPTは具体的な目標設定の方法を提案してくれます。
  9. ネットワーキング拡大:
    • 使い方: 自身が知りたい業界のイベントやネットワーキングの機会についてChatGPTに情報を求めることができます。
    • 具体例: 「今後開催されるAI関連のイベントを教えて」と依頼すると、ChatGPTはイベント情報を提案してくれます。
  10. 新しいアイデアの考案:
    • 使い方: 新しいアイデアやプロジェクトの提案をChatGPTに求めることができます。
    • 具体例: 「製造業における新規事業のアイデアを出して」と依頼すると、ChatGPTは新規事業案を提案してくれます。

まとめ

ChatGPTを効果的に使用するためには、これまでご紹介してきた以下10個のコツを用いながらプロンプトを記載することが重要です。

  1. 明確で具体的
  2. 質問を分割
  3. 立場を指定
  4. フィードバックループ活用
  5. 条件付記
  6. 複数の質問形式
  7. 応答の形式を指定
  8. 活用事例や例を求める
  9. 逆質問
  10. プラグイン利用

上記のコツを活用し、ChatGPTからの出力結果の精度を向上させ、仕事や日常生活の中で生産性を上げることが可能になるでしょう。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
ChatGPT
スポンサーリンク
romptn Magazine