【レビュー有り】AIライティングツール『Transcope』の概要・メリット、使い方を解説!

AIツール

AIライティングツールの進化が加速している中、新たに登場した「Transcope」が注目を集めています。Transcopeは、高度な自然言語処理技術を駆使し、質の高い記事作成をサポートするツールです。

本記事では、「Transcope」の概要やメリットを解説し、実際の使い方についても詳しく紹介します。

ライターや編集者、マーケターの方々にとって、Transcopeがどのように業務効率化や品質向上に貢献できるのかを探っていきましょう。

本記事はTranscopeの力を借りて執筆しました!

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

Transcopeとは?

Transcopeは、AIを活用した最新のライティングツールです。自然言語処理技術を駆使し、ユーザーのアイデアや要望に沿った質の高い記事やコンテンツを生成することができます。

ライターや編集者、マーケターなど、文章作成に携わる方々の作業効率を大幅に向上させ、創造性を刺激するツールとして注目を集めています。

Transcopeは、膨大なデータベースと機械学習アルゴリズムを基に、適切な文章構成や表現を提案してくれます。ユーザーは、トピックやキーワード、目的などを入力するだけで、すぐに記事の原案を得ることができます。

さらに、Transcopeは生成された文章を編集・調整する機能も備えており、ユーザーの意図に合わせた最適なコンテンツを作り上げることが可能です。

さらに、Transcopeは生成された文章を編集・調整する機能も備えており、ユーザーの意図に合わせた最適なコンテンツを作り上げることが可能です。

Transcopeの主な特徴と機能

Transcopeの主な機能と特徴は以下の通りです。

主な特徴と機能
  • 高度な自然言語処理技術:Transcopeは、最先端の自然言語処理技術を採用しており、文脈に応じた適切な文章を生成します。これにより、読みやすく、自然な流れのコンテンツを作成できます。
  • 多様なジャンルとフォーマットに対応:ブログ記事、製品説明、ニュース記事、広告コピーなど、様々なジャンルやフォーマットに対応しています。ユーザーの用途に合わせて、最適な文章を生成します。
  • 操作が簡単:直感的に操作できるシンプルなインターフェースを採用しています。トピックやキーワードを入力するだけで、簡単に記事の原案を作成できます。
  • 編集・調整機能:生成された文章を編集・調整する機能を備えています。ユーザーは、Transcopeが提案した文章をベースに、自身の意図や表現を加えることで、オリジナリティのあるコンテンツを作り上げられます。
  • SEOに配慮した最適化:検索エンジン最適化(SEO)を意識した文章の生成が可能です。キーワードの適切な配置や、見出しの構成など、SEOに有利な要素を自動的に組み込むことができます。
  • 複数言語への対応:日本語だけでなく、英語、中国語、スペイン語など、複数の言語に対応しています。グローバルなコンテンツ作成にも活用できます。

上記の通りTranscopeは、ライティング業務の効率化と品質向上を実現する、強力なAIライティングツールです。その特長と機能を活かすことで、ユーザーは、より創造的で説得力のあるコンテンツを生み出すことができるでしょう。

Transcopeのメリット

Transcopeには以下のようなメリットが挙げられます。

①時間効率が大幅に改善できる

Transcopeを使用することで、記事やコンテンツの作成にかかる時間を大幅に短縮できます。アイデア出しや文章構成、表現の工夫など、通常はライターが手作業で行う作業の多くをAIが自動化するため、同じ時間でより多くのコンテンツを生産することが可能です。

これにより、ライターはアイデアを練りだす作業により集中できるようになります。

②コンテンツの品質向上

Transcopeは、膨大なデータベースと高度な自然言語処理技術を駆使して、質の高い文章を生成します。適切な文章構成、読みやすい表現、説得力のある論理展開など、優れたライティングに必要な要素を自動的に組み込むことができます。

これにより、ライターの経験や能力に関わらず、一定以上の品質を保ったコンテンツを作成できます。

③SEO対策の効率化

検索エンジン最適化(SEO)は、オンラインコンテンツにとって重要な要素です。Transcopeは、SEOに有利なキーワードの適切な配置や、見出しの構成など、SEO対策に役立つ機能を備えています。

これにより、ライターはSEOを意識しながらも、自然な文章を作成することができます。

④マルチ言語対応によって言語の垣根を超えられる

Transcopeは、日本語だけでなく、英語、中国語、スペイン語など、複数の言語に対応しています。これにより、グローバルなコンテンツ作成が容易になります。言語の垣根を越えて、より多くの読者にリーチできるようになるでしょう。

⑤ライターのスキルアップ

Transcopeが生成する文章は、優れたライティングの見本となります。ライターは、Transcopeが提案する文章構成や表現技法を学ぶことで、自身のスキルを磨くことができます。

また、Transcopeを使用することで、より多様なジャンルやトピックに挑戦する機会が増えるため、ライターとしての幅が広がります。

⑥コストの削減

ライティング業務にかかる時間を短縮できるため、人件費の削減につながります。また、高品質なコンテンツを安定的に生産できるようになるため、外注費用の削減にもつながるでしょう。

⑦アイデア生成の補助

ライターが悩むのが、新しいアイデアや切り口の発見です。Transcopeは、トピックやキーワードに関連するアイデアを提案する機能を備えています。

これにより、ライターは新たなインスピレーションを得ることができ、斬新な企画や記事を生み出すことができます。

以上のように、Transcopeは、ライティング業務の効率化、品質向上、コスト削減など、様々な面でメリットをもたらしてくれます。

Transcopeの登録方法

それでは、「Transcope」の登録方法について解説していきます!

手順は以下の通りです。

  1. Transcopeの公式サイトにアクセス
  2. 「今すぐ無料で始める」をクリック
  3. メールアドレスで登録する

①Transcopeの公式サイトにアクセス

こちらからアクセスできます。

②「今すぐ無料で始める」をクリック

③メールアドレスで登録する

以上が、Transcopeの基本的な登録手順です。シンプルで分かりやすいので、数分で登録を完了し、すぐにTranscopeを活用し始めることができますよ!

Transcopeでできることとその使い方

では、実践的な部分に入っていきましょう!Transcopeで出来ることを1つずつどういった風に使うのか解説していきます!

主に、以下の8つの機能があります。

  1. キーワードやURLからコンテンツを作成する
  2. 画像からコンテンツを作成する
  3. 音声によるAI文字起こし
  4. 競合分析を基にしたAIライティング
  5. 見出し構成から長文の生成を予約する
  6. SEOに最適なキーワードを提案する
  7. 記事の最適な画像の自動生成
  8. 作成した文章をチェックする

①キーワードやURLからコンテンツを作成する

この機能では、キーワードやURLを使用して内容を作成することが可能です。希望する文章の特徴を指定することや、Googleの検索結果を活用してコンテンツを作成することもできます。

また、すでにあるテキストの要約や再構成も行うことができます。

①「コンテンツ生成」を開く

トップ画面の左から「コンテンツ生成」をクリックする

②基となる情報を指定する

AIに文章を生成させる際、基盤となる情報を提供しましょう。

文章やキーワードをAIに伝える場合は、「フリーテキスト」という選択肢を選び、該当する欄に必要な文章やキーワードを入力してください。

もしキーワードがすぐに思い浮かばない場合は、キーワードの提案機能を活用してみてください。これにより、より簡単にAIの文章生成を始められます。

また、ウェブサイトのURLを情報源として提供することもできます。

この方法を選んだ場合、指定したURLに掲載されている内容をもとに、AIが新たなテキストを作成します。

具体的には、「URL」という選択肢を選択後、AIに参照させたいウェブページのURLを「URL」入力欄に記入してください。

さらに「Google」オプションを活用することで、Google検索で高ランクに位置するキーワードを基に、そのキーワードで上位に表示されるサイトの要約を反映したテキスト生成が可能です。

常に最新の情報をテキストに取り入れたい場合は、この機能が役立ちます。

③コンテンツを生成する

オプションを選択したら、「コンテンツを生成する」をクリックします。

  • 雰囲気:どんなトーンで文章を生成するか選べます。
  • 希望文字数:どのくらいの文字数で文章を生成するか指定できます。
  • 提案数:いくつのコンテンツを生成するかの設定ができます。
  • 言語:日本語だけでなく、英語・中国語も選べます。
  • 出力形式:キャッチコピーも生成できます。
  • 追加条件:「〇〇は絶対入れる」などの条件を追加できます。

参考記事

②画像からコンテンツを作成する

この機能では、画像をアップロードすることで、OCR技術を用いて画像内の文字情報を解読し、それを基にコンテンツを生成することが可能です。

文字のない画像の場合でも、その属性を分析し、関連キーワードを特定することができます。

①「コンテンツ生成」を開く

トップ画面の左から「コンテンツ生成」をクリックする

②画像を指定する

「画像」オプションを選択し、その後「画像URL」フィールドに画像のリンクを入力していただければと思います。

もしサイトがアクセスを制限している場合は、「画像ファイルを選択」をクリックして直接画像をアップロードしてください。

画像にテキスト情報が含まれていない場合は、「画像から属性を分析」オプションを選択することで、画像内容に基づくキーワードをAIが推測します。

設定が完了したら、「画像を分析」ボタンを押してください。

③コンテンツを生成する

OCRによる読み取り結果は「画像内テキスト」セクションに表示されます。この結果を見て、何か誤りがあれば、直接修正を加えることができます。

オプションを選択したら、「コンテンツを生成する」をクリックします。

  • 雰囲気:どんなトーンで文章を生成するか選べます。
  • 希望文字数:どのくらいの文字数で文章を生成するか指定できます。
  • 提案数:いくつのコンテンツを生成するかの設定ができます。
  • 言語:日本語だけでなく、英語・中国語も選べます。
  • 出力形式:キャッチコピーも生成できます。
  • 追加条件:「〇〇は絶対入れる」などの条件を追加できます。

参考記事

③音声によるAI文字起こし

この機能では、音声ファイルや録音された会話、YouTubeのビデオをAIが文字に変換する機能を提供しています。この機能を使えば、会議や商談の録音から議事録を簡単に作成できます。

AIによって文字起こしされた内容はダウンロード可能で、また、トランスクリプションを用いた自動校正も行うことができます。

①「文字起こし」をクリック

トップ画面の左から「文字起こし」をクリックします。

②音声ファイルをアップロードする

他には、「音声を録音する」では録音をして文字起こしができます。

「Youtubeから音声を取得する」では、Youtube動画を指定して文字起こしできます。

③「文字起こしをする」をクリックして文字起こしを始める

④文字起こしした音声をダウンロードする

文字に変換された音声は、ファイル名を選択することで音声データをダウンロードできます。また、「文字起こしの内容を確認」ボタンを通じて、文字変換の結果を閲覧することも可能です。

参考記事

④競合分析を基にしたAIライティング

検索語句や競合サイトのURLを使用して競合分析を実施し、上位にランクされるサイトで頻繁に使われている重要なキーワードを把握することができます。

これを基にして、Googleの検索結果で高い位置を獲得しやすいコンテンツを簡単に作成することが可能です。

①キーワードを分析する

トランスクリプトのドキュメントリスト画面から、既にあるドキュメントを選択するか、または「新規作成」ボタンを使って新たなドキュメントを開始してください。ドキュメントの作成数には制限がありません。

編集画面右上の「キーワード分析」をクリックしましょう。

上位にランクさせたいキーワードを入力して「分析開始」ボタンを押すと、Googleで高位に位置するページで頻出する共起語や文字量を自動で分析します。

このプロセスには最大で約5分かかる場合があるので、もし時間が掛かるようであれば、少々お待ちください。分析が完了次第、結果をメールでお知らせが届きます。

②お勧めされたタイトルや見出しを選択する

「オススメ」タブでは、分析結果に基づき共起語を取り入れた推奨されるタイトルや見出しが表示されます。

これら推奨されるオプションを選択することで、ChatGPTだけでタイトルや見出しを作成する場合に比べて、共起語の見落としが大幅に減少します。

③SEO対策がされた文章を追加する

この過程を通じて、推薦されたタイトルや見出しを「文章を追加する」欄に貼り付け、トランスクリプションにより文章を拡張することができます。

分析結果に沿って、共起語を含むSEOに強化されたテキストが自動的に作成されます。この方法は、ChatGPTを単独で使用してテキストを生成する場合に比べ、共起語の見逃しが格段に減少する利点があります。

「文章に関する指示」リンクを選択することで、トランスクリプトはインターネット上にある類似のコンテンツを検索し、それを基に提案を行います。

コピーアイコンを使用してウェブ上で見つかったテキストをコピーしたり、スポイトアイコンで重要な名詞を抽出することができます。これらの情報を基に具体的な指示をすることで、AIはより詳細で精密なテキストを作成します。

また、「〇〇というキーワードを必ず含めてください」といった、参考文を使用しない特定の指示も可能です。

他には、競合分析を基にしたAIリライトも可能です!

参考記事

⑤見出し構成から長文の生成を予約する

トランスコープが提案するシステムでは、事前に決定したタイトルや見出しを選択するだけで、SEOに最適化された数千文字のコンテンツを瞬時に作成できます。これにはメタディスクリプションや導入部分の文も含まれます。

さらに、選択した見出しに応じて、競合他社のコンテンツや使用されているキーワードを分析し、その情報をもとに具体的な指示を出すことが可能です。

①上位表示させたいGoogleでの検索キーワードを入力する

「ドキュメント」セクションから「AIにお任せする」を選び、「新規作成する」をクリックしてください。

次に、「キーワードで分析する」オプションを選択し、分析したいキーワードを入力します。すると、トランスコープがGoogleでトップにランクされるサイトの内容を自動で分析します。

キーワードの選定に時間を要している方は、Transcopeのドキュメント機能にあるURL分析ツールを利用して、競合サイトの分析を試みてみてください。

「URL分析」機能を使い、競合するウェブサイトのアドレスを入力すると、そのサイトを分析することができます。

また、「流入ワード」セクションをチェックすることで、ライバルサイトが使用しているSEO向けキーワードを確認可能です。検索数が多く、競争が少ないキーワードを選択してみるのが良いでしょう。

競合サイトを基に分析を行いたい場合、「URLで分析する」オプションを選び、対象となるライバルサイトのURLを入力してください。

複数のサイトを分析したい時は、それぞれのURLを改行で区切って入力してください。

②分析が完了したら、SEO対策に最適なタイトル・見出し・推奨文字数がTranscopeから提案する

「オススメ」タブでは、SEO向けに最適化されたタイトルや見出しを見ることができます。これらは、分析結果に基づき、共起語を取り入れたタイトルや見出し、そして推奨される文字数を提示しています。

ChatGPTを使用してタイトルや見出しを独自に生成する際に比べ、共起語の取りこぼしが大幅に減少するのが特徴です。

他のタブを閲覧することにより、さらに詳細な調整を行うことが可能です。

「使用ワード」タブでは、Googleで上位にランクされているサイトで頻繁に使用される共起語を確認でき、「流入ワード」タブでは、Googleからどのような関連キーワードで訪れるかが分かります。「見出し」タブは、Googleで上位に表示されるサイトの見出し構成を示します。

特定のキーワードについてインターネット上で質問が存在する場合、「質問」タブが表示され、よくある質問とその回答を確認することができます。

③提案されたタイトル・見出し等を設定し、保存することで、ChatGPTによるAIライティングを開始する

文章の末尾を「です」「ます」調にすることで、温かみがあり、親しみやすい雰囲気を生み出すことができます。このように文章のトーンを統一することで、読み手に安心感を与えます。お好みの雰囲気は、設定メニューで事前に設定しておくことで、何度も使い回しが可能となり、非常に便利です。

記事の冒頭を作成したい場合には、「書き出し」オプションにチェックを入れてください。見出しを5から10個設け、それぞれに対して300文字程度の文章を作ることを推奨します。

さらに、設定画面の「参考情報」に会社の情報を追加することで、その情報を基にしたカスタマイズされたコンテンツの作成が可能になります。

また、各見出しに付随する「文章についての指示をする」リンクを選択することで、類似のコンテンツをネット上から検索し、提案してもらえます。

コピー機能を使ってネット上の文章を取り込んだり、スポイト機能で重要な名詞を抜き出すことができます。これらの情報を参考に具体的な指示を出すことで、AIはより詳細な長文を作成し、結果として文章の質が向上します。

「〇〇のキーワードを必ず盛り込んでください」といった、参考文を用いない具体的な要望も指示することができます。

見出しの設定を保存すると、Transcopeの文章生成が始まります。このプロセスにより、分析結果をもとに、共起語を含むSEO向けのメタディスクリプションと本文が自動的に作成されます。

ChatGPTだけでテキストを作る場合に比べて、共起語の取りこぼしが格段に減少します。

文章生成の完了を待つ必要はありません。作業が終わり次第、メールでお知らせします。

「ドキュメント」→「AIに任せる」タブから、生成作業の進行状況を確認できます。

④完成した文章を確認する

AIにより作成された文章をご確認いただき、もし追加で入れたい内容があれば、それを加筆することができます。

参考記事

⑥SEOに最適なキーワードを提案する

この機能では、GoogleやAmazon、楽天、Yahooショッピングなどでサジェストされるキーワードが提供され、これらを基にコンテンツを作成することができます。

さらに、検索キーワード、URL、Search Consoleのデータを利用して、上位にランクするための適切なキーワード選択に役立つアドバイスを行います。

①「コンテンツ生成」からキーワードを入力

フリーテキストに生成したい文章のキーワードを入力しましょう。

②サジェストキーワードを確認する

入力欄の下の「サジェストキーワードを確認する」をクリックします。

すると、このようにサジェストキーワードがチェックできます。

例えば、「30代」をクリックするとキーワードを追加できます。

③文章を生成する

「コンテンツを生成する」から文章を生成しましょう。

参考記事

⑦記事の最適な画像の自動生成

この機能では、トランスコープを使用して作成した記事にぴったりのアイキャッチ画像を簡単に作り出すことが可能です。

記事のテーマに合わせた画像を即座に生成できるため、フリー画像サイトでの画像探しの必要がなくなり、記事制作の効率が大幅に向上します。

①ドキュメントを開く

トランスコープの「ドキュメント」メニューを選択し、表示されるドキュメントのリストから既にあるドキュメントを選ぶか、あるいは「新規作成」ボタンを使って新しいドキュメントを立ち上げてください。

②画像生成ウィンドウを開く

編集画面右の「画像生成(ベータ版)」をクリックします。

③条件を指定して画像を生成する

画像生成に関するイメージと、それに伴うキーワードを記入した後、「アイキャッチ画像を生成する」ボタンを押すと、タイトルに合わせたアイキャッチ画像が作成されます。

さらに、「ダウンロードする」ボタンを押すことで、生成した画像をお手元に保存できます。

参考記事

⑧作成した文章をチェックする

生成したテキストが競合サイトの内容を複製していないか、医薬品医療機器等法(薬機法)に違反していないか、そして情報の正確性を確認することが可能です。

①ドキュメントを開いてコピーコンテンツがないかチェックする

始めに、トランスコープのドキュメント機能で、チェックを行いたいドキュメントを開いてください。

その後、エディタの右上にある「文章チェック」メニューから「コピペチェック」を選択します。

②類似コンテンツを探す

「コピペチェックを開始する」ボタンを押すことで、インターネット上に類似したコンテンツが存在しないか調査を開始できます。

このプロセスには最大で約15分かかることがありますが、チェック完了後は結果をメールでお知らせしてくれます。

③類似している文相がないかチェックする

コピーコンテンツチェック完了後、類似コンテンツを掲載しているウェブサイトのリストを、類似度と共に閲覧可能になります。

類似度は意図的に高めに設定されていますので、25%以上の類似度を示す場合は、コンテンツの改稿や修正を検討することを推奨します。

  • 類似度が高く判定された際でも、トランスコープのドキュメント機能を使用すれば、「文章を追加する」での「見出し」や「雰囲気」の調整、または「文章について指示する」リンクを通じて具体的な内容の指示を行うだけで、簡単に高品質な文章の追記が可能です。

参考記事

ほかにも「CSVからコンテンツを作成」「サイトのGoogle検索順位の調査」「会社情報をCSVで学習してコンテンツを作成」などの機能があります!

Transcopeの活用事例

Transcopeの活用事例は多岐にわたります。以下に詳しく説明します。

活用事例①:ブログ記事の作成

ブロガーや企業のコンテンツマーケティング担当者は、Transcopeを使ってブログ記事の作成を効率化しています。

トピックやキーワードを入力すると、Transcopeが記事の構成や内容を提案してくれるため、アイデア出しや執筆にかかる時間を大幅に短縮できます。また、SEOに最適化された記事を作成できるため、検索エンジンでの露出も高まります。

活用事例②:製品説明や広告コピーの生成

E-コマースサイトの運営者やマーケターは、Transcopeを活用して製品説明や広告コピーを生成しています。

大量の製品情報を短時間で魅力的な文章に変換できるため、業務の効率化と品質向上につながります。また、Transcopeが提案する表現技法を参考にすることで、説得力のあるセールスコピーを作成できます。

活用事例③:ニュース記事や報道発表資料の作成

報道機関や企業の広報担当者は、Transcopeを使ってニュース記事や報道発表資料を作成しています。

事実関係を正確に伝えつつ、読者の関心を引く文章を短時間で生成できるため、締め切りに追われる業務でも質の高いコンテンツを提供できます。

活用事例④:小説やストーリーの執筆サポート

小説家や脚本家は、Transcopeを創作活動の補助ツールとして活用しています。登場人物の設定やプロット、セリフなどのアイデアを出してもらうことで、ライターズブロックを解消し、新たなインスピレーションを得ることができます。

また、Transcopeが生成する文章を参考にすることで、より洗練された表現力を身につけることもできます。

活用事例⑤:レポートや論文の執筆サポート

学生や研究者は、Transcopeを使ってレポートや論文の執筆を効率化しています。文献やデータを要約してもらったり、論理構成のアイデアを出してもらったりすることで、執筆作業にかかる負担を軽減できます。

また、Transcopeが提案する学術的な表現を参考にすることで、より説得力のある文章を作成できます。

活用事例⑥:外国語コンテンツの作成

グローバルに展開する企業は、Transcopeを活用して外国語コンテンツを作成しています。日本語で入力した内容を、英語や中国語などの外国語に自動翻訳してくれるため、現地スタッフとのコミュニケーションが円滑になります。

また、翻訳後の文章を現地スタッフがブラッシュアップすることで、高品質な外国語コンテンツを効率的に作成できます。

以上のように、Transcopeは様々な業界や用途で活用され、ライティング業務の効率化と品質向上に貢献しています。ユーザーは、Transcopeの機能をオリジナリティを表現するために活用することで、より説得力があり、印象に残るコンテンツを生み出すことができるでしょう。

Transcopeの注意点

Transcopeを使う上での注意点がいくつかありますので、しっかりと把握しておきましょう。

注意点①:生成された文章はあくまでも下書きである

Transcopeが生成した文章は、あくまでも原案であることを理解しておく必要があります。

事実関係の誤りや、文脈に沿わない表現などが含まれている可能性があるため、必ず内容を確認し、必要に応じて編集を行いましょう。最終的な責任はユーザーにあることを忘れないでください。

注意点②:著作権について

Transcopeが生成する文章は、AIがデータベースから学習した情報に基づいています。そのため、生成された文章の中に、既存の文章と類似した表現が含まれている可能性があります。著作権を侵害しないよう、生成された文章を使用する際は十分な注意が必要です。

こちらの利用規約についても読んでおきましょう!

注意点③:プライバシーの保護

Transcopeを使用する際、機密情報や個人情報を入力しないよう注意してください。入力された情報はTranscopeのサーバーに保存される可能性があるため、セキュリティ上のリスクがあります。

以上の点に注意しながらTranscopeを活用することで、ライティング業務の効率化と品質向上を実現しつつ、潜在的なリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

Transcopeは非常に便利なツールですが、使い方を誤ると逆効果になる可能性もあるため、適切な理解と慎重な運用が不可欠です。

Transcopeの料金プラン

Transcopeには、以下の4つの料金プランが用意されています。

それぞれのプランを簡潔にまとめてみました。

  • Basicプラン:月額11,000円(1文字あたり約0.22円)で利用できます。50,000文字/月の生成、全機能利用可能、検索順位調査(10ワード設定)、ドキュメント数無制限、背景分析無制限、キーワード選定無制限、情報学習(10,000文字までOK)、文字起こし・5分の長さで無料、内部リンク提案月3回まで可能といった機能が含まれます。
  • Proプラン:月額38,500円(1文字あたり約0.154円)となり、250,000文字/月の生成が可能です。機能面ではBasicプランと同様ですが、検索順位調査が100ワードまで設定でき、情報学習は100,000文字まで、文字起こし・5分の長さで無料となります。
  • Enterpriseプラン:月額66,000円(1文字あたり約0.11円)で、600,000文字/月の生成が可能です。Basicプランの機能に加えて、検索順位調査が1000ワードまで設定可能内部リンク提案が無制限文字起こしが5分の長さで何回でも無料で利用できます。

無料で利用することも可能ですが、利用制限があることと7日間のみの期限になることに注意が必要です!

さらに、Basicプラン・Proプラン・Enterpriseプランは資料請求してからの加入となります。加入を検討している方は、こちらから問い合わせしてみてください。

各プランとも、超過利用分は利用量に応じて請求されるシステムになっています。ニーズや利用頻度に合わせて、最適なプランを選択しましょう。

【レビュー】Transcopeを使ってみた感想!

Transcopeは、ブログ記事作成・リライトができるAIライティングツール第1位に選ばれているそうですが、実際のところどうなのでしょうか?

筆者がTranscopeを使ってみた感想は、特に、見出し構成から長文を生成する予約機能や、SEOに最適なキーワード提案は、ライティング業務の効率化に大きく貢献すると感じました。また、記事に最適な画像を自動生成する機能は、視覚的なインパクトを高めるのに役立つでしょう。

全体的に見ると、Transcopeは多機能なAIライティングツールではあるものの、各機能の完成度や実用性には疑問が残る部分もあります。

AIによる自動化は確かに魅力的ですが、品質を担保するためには人間の目によるチェックが欠かせません。Transcopeに過度に依存するのは危険で、あくまでも補助ツールとして活用すべきでしょう。

【評判は?】ほかのユーザーのレビューを紹介!

Transcopeを使ってみたほかのユーザーの方たちは、このような感想を述べていました。

ユーザーA
ユーザーA

初心者でも使いやすかった。

ユーザーB
ユーザーB

大変使いやすいが、有料プランが月11,000円なので躊躇してしまった。

ユーザーC
ユーザーC

自分としてはAIツールの生成分にすべて頼るという使い方よりも、アイディア出しの補助ツールとしての使い方がしっくり来ている。

ユーザーD
ユーザーD

見出しを選んで、さらに内容を指定して文章を作成できる点が最強。

個人的には難しいプロンプト作ってChatGPTに投げるより、はるかにSEOに強い文章ができる。

Xなどを見てみると、高評価のレビューが多い印象でした。

SEOに強いのが売りなので、やはりSEO対策に特化した機能が好評を受けていました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

AIライティングツール『Transcope』の概要・メリット、使い方について解説してきました。

今回のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • Transcopeは、AIを活用した最新のライティングツールです。自然言語処理技術を駆使し、ユーザーのアイデアや要望に沿った質の高い記事やコンテンツを生成することができます。
  • Transcopeの主な特徴と機能
    • 高度な自然言語処理技術
    • 多様なジャンルとフォーマットに対応
    • 操作が簡単
    • 編集・調整機能
    • SEOに配慮した最適化
    • 複数言語への対応
  • Transcopeでできること
    • ①キーワードやURLからコンテンツを作成する
    • ②画像からコンテンツを作成する
    • ③音声によるAI文字起こし
    • ④競合分析を基にしたAIライティング
    • ⑤見出し構成から長文の生成を予約する
    • ⑥SEOに最適なキーワードを提案する
    • ⑦記事の最適な画像の自動生成
    • ⑧作成した文章をチェックする
  • 全体的に見ると、Transcopeは多機能なAIライティングツールではあるものの、各機能の完成度や実用性には疑問が残る部分もある。
  • AIによる自動化は確かに魅力的ですが、品質を担保するためには人間の目によるチェックが欠かせない
  • Transcopeに過度に依存するのは危険で、あくまでも補助ツールとして活用すべきである。

Transcopeは、万能ツールですが、適材適所で活用することが重要です。

特長とAIの限界を見極め、賢く活用していきましょう!

※ほかにも便利なAIライティングツールはたくさんありますので、下記記事も参考にしてみてください!

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!