Windows CopilotとBingの違いを解説!活用事例や使い方も紹介!

Copilot

「Windows CopilotとBingこの2つの違いは何?」「Windows CopilotとBing、どちらを使えば仕事の効率が上がるの?」そう思う方もいるかもしれません。

実は、Windows CopilotとBingはそれぞれ異なる強みを持っており、適切に使い分けることで、仕事の生産性を向上させることができます。

この記事では、Windows CopilotとBingの基本的な違いから、それぞれのツールがどのようにあなたの仕事や日常生活をサポートできるのか、活用事例や使い方を分かりやすく解説します。

こちらの記事は2024年2月現在の情報になります。

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

Windows Copilotとは

画像元:Microsoft

Windows Copilotは主にWindows11で使用できるAIベースのアシスタントツールです。Microsoftが開発しており、Microsoftが全社をかけて注力しているプロジェクトです。

2023年11月にCopilotの提供を開始し、2024年1月には月額課金を中小企業にも開放し、Copilot PROが始まりました。

Microsoftのサティア・ナデラCEOの発言によると「我々はCopilotカンパニーだ」と2023年11月の「Microsoft Ignite 2023」にて発言しており、力の入れ込みようがわかります。

「We are Copilot Company. We believe in the future where there will be Copilot for everyone, and everything you do.」

我々はCopilotカンパニーだ。私たちは信じている、あらゆる人の、あらゆる行動の側にCopilotが存在する未来を。

Copilotは裏側ではGPT4が動いており、Open AIのChatGPTでは有料ユーザーでしか使えないGPT4が無料で使えるとあって一部のユーザーにはよく知られています。

Copilotは「副操縦士」という意味で、ユーザーのパソコンの操縦を支援するという意味が込められています。

Windows Copilotの概要・仕組み

Windows Copilotは、大規模言語モデル(LLM)と呼ばれる人工知能(AI)を活用して、ユーザーの作業を支援するツールです。

大規模言語モデル(LLM)とは、「Large Language Models」の略です。大量のWEB上のデータとディープラーニングの技術を用いて構築された言語モデルで、文章や単語の出現確率をモデル化し、自然言語処理のタスクに用いられます。

ユーザーがCopilotに質問をすると、GPT-4をはじめ、インターネットやマイクロソフトのオフィスソフトと連携して、最適な答えを出力してくれます。

会話調に話しかけるだけで、タスクを進めてくれるということが画期的で、これまでは何か取り組んだことのない作業をするときはアイコンの意味や機能を調べて1つずつ人間が行う必要がありました。

Copilotは、大規模言語モデルを元にしているため、WEB上のあらゆる文章を学習し、コーディング、文章作成、データ分析など、多岐にわたるタスクをサポートすることで、ユーザーの生産性を向上させることが期待されています。

例えば

数値が素数かどうかを確認する C# プログラムを記述する

と指令を出せば

using System;

class PrimeNumberCheck
{
    static void Main()
    {
        Console.Write("数値を入力してください: ");
        int number = Convert.ToInt32(Console.ReadLine());

        if (IsPrime(number))
        {
            Console.WriteLine($"{number} は素数です。");
        }
        else
        {
            Console.WriteLine($"{number} は素数ではありません。");
        }
    }

    static bool IsPrime(int number)
    {
        if (number <= 1) return false;
        if (number == 2) return true;
        if (number % 2 == 0) return false;

        var boundary = (int)Math.Floor(Math.Sqrt(number));

        for (int i = 3; i <= boundary; i += 2)
        {
            if (number % i == 0) return false;
        }

        return true;
    }
}

このように簡単にC#のプログラミング言語を出力してくれます。

このようにユーザーが入力するテキストやコードに基づいて、適切な提案や解決策をリアルタイムで提供してくれます。

Windows Copilotでできること

Windows Copilotのできることには、テキスト生成、コード補完、データ分析などがあります。これらの機能は、ユーザーがより効率的に作業を進めるための強力なサポートとなります。

テキスト生成は、例えば、メールの下書き作成、レポートの要約、ブログ記事のアイデア出しといった作業を支援します。

ユーザーがキーワードやトピックを入力すると、Copilotはそれに基づいて関連性の高い内容を提案し、文章を自動生成してくれます。

プログラミングのコード補完においては、Copilotはコードの自動補完やバグの検出、最適化の提案を行います。

ユーザーがコードの一部を入力すると、Copilotはその続きを予測し、効率的なコーディングを支援します。また、既存のコードを分析し、改善点を指摘することもできます。

データ分析では、Copilotは複雑なデータの解析や視覚化を行い、分析の抽出を支援します。

ユーザーがデータに関する質問をすると、Copilotは適切な分析手法を選択し、結果をわかりやすい形で提示します。

Bingとは

Bingは、マイクロソフトが提供する検索エンジンで、AIチャットやチャットボット機能を含む最新の技術を手軽に体験することができます。

このチャットボットは、Open AIのGPT-4が使われ、ユーザーに対してより精度の高い検索結果と対話式の情報検索を体験することができます。

Bingの概要と仕組みについて詳しく見てみると、この検索エンジンは、日々の検索ニーズを満たすだけでなく、AIチャットを通じて直感的な質問応答も可能にしています。

例えば、なぜ人は夢の中で空を飛ぶのかという素朴な疑問に対しても答えを出してくれます。

なぜ人は夢の中で空を飛ぶのか?
夢の中で空を飛ぶ経験は、自由や解放、向上心や成長の願望を象徴しているとされています。また、夢占いでは、空を飛ぶ夢はその飛び方によって様々な意味があるとされており、例えば高く飛ぶ夢はやる気に満ちている状態を、低空飛行の夢は不安を抱えている状態を表すとされています。夢は個人の心理状態や無意識の願望を反映することが多いため、夢の中での飛行は現実生活で感じている感情や欲求が表れている可能性があります。夢を通じて自分自身を見つめ直すきっかけになるかもしれませんね。

Bingの概要・仕組み

参考画像:日本マイクロソフトオンラインセミナー

BingのCopilotは、AI、機械学習、自然言語処理といった技術を使っています。

これらの技術により、ユーザーの入力したテキストから意図を理解し、最も適切な情報を提供することが可能になります。

また、継続的な学習を通じて、その精度を日々向上させています。

裏側はOpen AIのGPT-4を使用しており、無料でGPT-4が使えることが大きな強みです。

ユーザーが指示を出すと、Bingで検索しつつ、新世代のGPT4.0との答えを統合しつつチャットの答えを出力するという裏側の動きも理解しておくとよいでしょう。

Bingでできること

BingのCopilotの主要な機能には、テキストベースの対話、情報検索、コンテンツ生成があります。

これらの機能を通じて、ユーザーはいつも使っている言葉で質問を投げかけ、関連する情報を瞬時に受け取ることができます。

例えば、最新のニュース記事からレシピ、ローカルのイベント情報まで、幅広いトピックに対応しています。

DALLE-3というモデルを使った画像生成も可能です。手軽に画像生成を試してみたい方は触れてみることをおすすめします。

【結論】Windows CopilotとBingの違いは何?

Windows CopilotとBingは、ともにMicrosoftが提供する最新のツールですが、その目的と機能性には違いがあります。

このセクションでは、それらの違いを明らかにし、各ツールがどのような場面で最適なのかを探ります。

仕組みの違い

もっとも大きな違いは、Copilotはパソコン上で動くのに対し、Bingはブラウザ上で動くソフトです。

MacやiOSやandroidを使っているユーザーがCopilotを体験したいと思った場合、Bingを使用する必要があります。

目的の違いとしてはWindows CopilotはAIを活用したアシスタント機能であり、ユーザーの作業効率を向上させることを主な目的としています。Windowsボタン+Cですぐに呼び出すことができます。

これに対し、Bingは情報検索を主な目的とする検索エンジンです。

Windows Copilotは、ユーザーが行おうとしている作業を支援し、自動化することで時間を節約するのに対し、Bingはユーザーが求める情報を迅速かつ正確に提供することに注力しています。

できることの違い

Windows Copilotは、特にMicrosoft Officeとの相性がよいことが特徴です。これにより、普段からよくオフィスソフトを使用しているユーザーはより少ない労力でより多くの作業を完遂することが可能になる可能性があります。

一方で、Bingは幅広い情報検索ニーズに応えることができるため、研究や日常生活で必要な情報を見つける際に役立ちます。

Windows CopilotとBing向いている人

それではWindows CopilotとBingにそれぞれむいている人をご紹介します。

Windows Copilotが向いている人

Windows Copilotは、特に日々の業務で多くの文書作成やデータ処理を行うユーザーにとって非常に有効なツールです。

例えば、報告書の作成、メールの返信、プレゼンテーションの準備など、繰り返し発生する作業を効率化したいビジネスパーソンや研究者に最適です。

また、タスク管理やスケジューリングの自動化を求める人にも適しています。

逆にBingを普段からよく使っている人には向かないこと、PCのスペックがWindows10並で低い場合にはCopilotはWindows11が普通に動く比較的ハイスペックを要求するためBingを使用したほうがよいでしょう。

Bingが向いている人

普段からBingを使用している人、もしくはWindows11を快適に使えるスペックのPCではない人についてはBingを使用するとよいでしょう。

またMacやiOS、androidユーザーは必然的に選択肢がBingになります。

またBingは、幅広い情報を素早く手に入れたいと考えるユーザーに適しています。日常生活での疑問解決や、学業・研究での深い情報収集が必要な学生や研究者、趣味や興味の追求を楽しむ一般ユーザーにとって有益です。

特に、最新のニュース、地域のイベント、特定のトピックに関する詳細情報を検索したい時に強力なサポートを提供します。

Microsoft Officeと強い連携を期待している人はWindows Copilotを使用したほうがよいでしょう。

Windows CopilotとBingの違いまとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると

  • Windows CopilotとBingの違いは目的とプラットフォーム
  • Windows Copilotはパソコン上で動き、Officeソフトとの相性がよい
  • Bingはブラウザ上で動き、WEB上の検索が特に強い、MacやiOS、androidユーザーにとってはBingがCopilotを使う上でおすすめ
  • GPT4を無料で体験することができるため、初心者でもCopilotから手軽に最先端AIに触れることができる。

でした。

MicrosoftはCopilotの普及にかなり力をいれています。Windowsユーザーだけではなく、他のOSを使うユーザーにもBingを通してCopilotに触れられる機会を提供しています。

Windowsユーザーじゃないからとあきらめずに、Copilotを積極的に触ってみましょう。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
Copilot
スポンサーリンク
romptn Magazine