ChatGPT の「GPTs(GPT Builder)」で収益化が可能に?作り方も徹底解説!

ChatGPT

「GPTs」と「GPT Builder」はOpenAIが提供する最先端の人工知能技術で、テキストベースの対話、文章作成、質問応答など幅広い機能をユーザーに提供してくれます。

実際にGPTを作成して活用している方も多いと思いますが、せっかく便利なGPTを作成したので収益化したいと思った方もいるのではないでしょう。

またGPTストアは、開発者が作成したGPTを公開し、共有することができるプラットフォームであり、GPTを提供し収益化につなげる可能性を秘めているのでその部分についても徹底解説していきます。

この記事では、「GPTs」と「GPT Builder」を用いてGPTを作成し、収益化する方法について詳しく解説します。

※2024年5月13日に、ChatGPTの新しいLLM「GPT-4o(オムニ)」が登場しました!以下の記事で詳しい概要や使い方について解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ChatGPT 「GPTs」「GPT Builder」とは?

OpenAIが提供する「GPTs」と「GPT Builder」は、人工知能技術の最先端のツールです。

この技術により、ユーザーはテキストベースの対話、文章作成、質問応答など幅広い機能を利用することができます。

特に「GPT Builder」は、個々のニーズや目的に合わせてカスタマイズされたGPTを作成することを可能にしており、OpenAIの提供するChat GPTに登場した新たなツールとして特に注目が集まっています。

ChatGPT 「GPTs」で副業による収益化は可能?GPTストアとは?

GPTの技術を用いた収益化の可能性は大きな注目を集めています。特に、GPTストアは収益化において重要な役割を担っています。

しかし、現在はまだGPTsをGPTストアで販売することはできません。

本来であれば、2023年11月にリリースされる予定でしたが、OpenAI社のCEO解任騒動で2024年1月に延期されてしまいました。

2024年1月10日にGPT Storeは正式リリースされました!しかし、2024年5月現在でも販売して報酬を得ることはできません。

GPTストアでは、開発者が作成したGPTを公開し、共有することが可能です。これにより、特定の業界や用途に特化したGPTを提供し、収益化につなげることができる可能性があります。

既にエンジニアの方だけでなく、インフルエンサーを含め多くの方が便利なGPTを作成してSNSで公開しているので、実際にGPTストアが開放されると副業による収入や、企業への販売などで収益化の幅が広がるでしょう。

ChatGPT の「GPTs(GPT Builder)」でGPTを作る方法

GPT(Generative Pre-trained Transformer)の作成は、GPTsやGPT Builderといったツールを活用することで、より作成しやすくなります。

GPT開発の初期段階では、何を達成したいか、効率化したいかという目的を明確に定めることが重要です。これにより、チャットボット、文章生成ツール、データ分析システムなど、様々な形でGPTの能力を活用することができます。

以下で具体的な作り方を解説しています。

「GPTs」でGPTを作る方法:①目的の指示

GPTの開発において、その目的と用途を明確にすることが重要です。

このプロセスでは、GPT Builderの操作画面にある「Create」機能を使用して、GPTの目的を設定します。

GPTがどのようなタスクを遂行するか、どのような問題を解決するかを決めることができます。例えば、顧客サービス、教育、エンターテイメントなどの用途に応じて、GPTの応答スタイルや情報の範囲を設定することが可能になります。

また、GPTの目標を指定する際にも、「Create」機能を活用し、最終的な成果を設定することができます。

このように、「Create」機能を通じて、目的に合わせた効果的なGPTを開発すること可能になるのです。

「GPTs」でGPTを作る方法:②GPTの名前の決定

GPTの名前付けは、GPTの特性や機能を反映するだけでなく、ユーザーに対して印象深い記憶を残す役割も担います。

効果的なGPT名は、簡潔で覚えやすく、実際に販売するとなったときに有利に働きます。そのため用途や特徴を的確に表現するものが理想的です。

GPT Builderの操作画面にある機能を使って、GPTに適した名前を付けることができます。

「GPTs」でGPTを作る方法:③GPTのプロフィール画像作成

GPTのプロフィール画像やアバターの作成は、そのGPTの個性を形成する上で重要です。

GPTのアバターは、GPTとユーザーとの対話において視覚的に情報を出力し、対話を通して、より魅力的で親密なものをAIが作成してくれます。

またGPT Builderの操作画面にあるツールを使用して、GPTに合わせたプロフィール画像やアバターをデザインすることが可能です。

「GPTs」でGPTを作る方法:④対話でジャンルや詳細の設定

GPTをカスタマイズする際、特定のジャンルや詳細の設定が重要です。

GPT Builderの操作画面を用いて、GPTが対応する特定のジャンルを設定することができます。これにより、例えばビジネス、科学、エンターテイメントなどの特定の分野に特化したGPTを作成することが可能になります。

今回はラーメン屋を検索するGPTsを作成してみました。

また、GPTの詳細カスタマイズでは、対話スタイルや応答の内容を調整し、特定のユーザーに合わせたカスタマイズを行えます。

GPT対話オプションの設定により、より個性的で特定のニーズに合わせたGPTを開発することが可能になるのです。

「GPTs」でGPTを作る方法:⑤公開・公開範囲の設定

GPTの開発が完了した後、その公開設定は重要なステップとなります。

GPT Builderでは、作成したGPTをどのように公開し、どの範囲で利用させるかを設定できます。

GPT公開設定では、GPTを公開するか非公開にするか、特定のユーザーグループに限定するかなど、アクセス制御を細かく管理することができます。

これらの設定は、GPTのセキュリティと有効性を確保するために必要不可欠となります。

「GPTs」でGPTを作る方法:⑥公開したGPTはGPTストアで収益化できる

GPTストアは、開発者にとって収益化する上で重要な場になります。ここでは、公開したGPTを広く共有し、販売することができます。(2024年5月現在では、収益は不可能です。)

GPTストアの収益化により、開発者はGPTをマーケットプレイスに展開し、潜在的な顧客にアクセスすることが可能になるのです。

またGPT販売では、特定の機能や特性を持つGPTを対象市場に合わせて価格設定し、販売戦略を展開できます。

そのため、GPT開発者は自らの技術と創造性に対する報酬を得ることができるようになるでしょう。

「GPTs」で収益化におすすめなGPTジャンルとは?

GPT技術を利用した収益化には、多様なジャンルが存在します。

また最適なジャンルを選ぶことは、市場ニーズに応え、利益をあげる上でで重要な要素になります。

以下では、特に収益化に向いていると考えられるGPTのジャンルに焦点を当てて、それぞれの特徴と可能性についてご紹介します。

①チャットボット

AIチャットボットは、GPT技術を活用した収益化のための理想的な分野です。

これらのチャットボットは、自動応答システムとして機能し、顧客サービス、FAQ対応、予約管理などの業務を24時間365日対応で行うことが可能です。

AIチャットボットは、企業や組織が顧客とのコミュニケーションを効率化し、より迅速で質の高いサービスを提供するための重要なツールとなっています。

また作り方も簡単なので、初心者のユーザーにもおすすめです。

②画像生成

AI画像生成は、副業などでも人気の収益化ジャンルとなっています。

このジャンルのGPTは、デジタルアート、広告素材の作成、ソーシャルメディアコンテンツの生成など、様々なクリエイティブな用途に利用されます。

GPT画像ツールは、デザイナーやマーケターに新たな創造の可能性を提供し、時間とコストの削減にも大きく貢献してくれることでしょう。

③ロゴ作成

ロゴデザインは、ブランド力を強化するための重要な要素であり、需要がある収益化ジャンルです。

GPTロゴ生成ツールは、ユーザーの要望に基づいて独自のロゴデザインを作成し、収益化に繋げることができます。

このジャンルのGPTは、特に新興企業や中小企業向けのサービスとして高い需要を持つことでしょう。

④フィットネス系

フィットネスとヘルスケアの分野では、AI技術を活用したパーソナルトレーニングが新たな収益源となっています。

GPTヘルスケアは、ユーザーの健康状態やフィットネス目標に合わせたパーソナルトレーニングプログラムを教えてくれます。

AIフィットネスのGPTは、個人にカスタマイズされた運動計画を教えてくれ、ユーザーの健康増進とフィットネス目標達成の手伝いをしてくれます。

特にフィットネスに関して知識がある人は自分の知識やノウハウを盛り込んだGPTが作成可能となるため、収益化にも向いているジャンルといえるでしょう。

ChatGPT 「GPTs」×収益化のまとめ

いかがでしたか?

GPT技術を活用した収益化は、多様なビジネスモデルと収益化例を提供してくれます。

GPTビジネスモデルは、チャットボット、画像生成、ロゴデザイン、フィットネスといった多岐にわたる用途に適応可能です。

またAI収益化戦略では、これらのサービスを市場に適合させ、顧客層に合わせたマーケティングを行うことも非常に重要となってくるため、作成した後のフローもしっかりと戦略を練りましょう。

これらの戦略を組み合わせることで、GPTを用いたビジネスは、持続可能な成長と収益性を実現することになるでしょう。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
ChatGPT
スポンサーリンク
romptn Magazine