【徹底比較!】ChatGPT-3.5 TurboとChatGPT-4 Turboの違いとは?おすすめの利用用途も解説

ChatGPT

ChatGPTは2022年に発表されて以来、どんどん進化を遂げてきました。リリース当初は処理できるデータに限りがありましたが、現在はインターネット上の膨大なデータを即座に処理することが可能となり、より多くの人が安全かつ便利に利用できるようになったのです。

ここでは、最新モデルのChatGPT4 Turboと、ChatGPT3.5の高速化モデルであるChatGPT3.5 Turboについて、詳しく解説しています。

スポンサーリンク

ChatGPT3.5 Turboとは?

ChatGPT3.5 Turboは、OpenAIの開発者向けカンファレンスで発表された新しいモデルです。GPT-3からさらに進化した形でリリースされました。入力した文章に対して、搭載されたAIが適切な回答を自動的にしてくれます。

ChatGPT3.5 Turboは高速のレスポンスが可能で、リアルタイムでチャットしているような感覚で利用できるのが魅力です。レスポンスが早いのに、従来モデルよりさらに多くの情報を処理できるという特徴があります。

スピード感があるレスポンスが特徴のChatGPT3.5 Turboは、効率的にChatGPTを利用したいという人に向いています。カスタマーサービスなど、リアルタイムの返答が求められるサービスなどには、ChatGPT3.5 Turboが適切であると言えるでしょう。

ChatGPT4 Turboとは?

ChatGPT4 Turboは、従来モデルより入力できる文字数がはるかに多くなったモデルです。ChatGPT3.5では入力できる文字数は2,500文字まででしたが、ChatGPT4 Turboは300ページ分の入力が可能となっています。

また、ChatGPT4 Turboにはマルチモーダル機能が搭載されているのが特徴です。マルチモーダルとは、文章だけでなく画像や音声など、形態が違う情報を変換し、処理できる機能を指します。これにより、幅広い情報をChatGPTに読み込ませることが可能となりました。

さらに、ChatGPT4 Turboは従来モデルよりAIの回答機能が向上しています。指示文に対して、より正確な回答の出力が可能です。誤字脱字も少なくなったので、かなり快適に利用できます。

ChatGPT3.5 TurboとChatGPT4 Turboの違いの解説

ChatGPT3.5 TurboとChatGPT4 Turboには、以下のような違いがあります。

処理文字数有害な回答生成確率処理可能データレスポンス速度
ChatGPT3.5 Turbo約5,000文字6.48%文字4.22秒
ChatGPT4 Turbo約25,000文字0.73%文字・画像4.76秒

上記の表を見てわかる通り、ChatGPT4 TurboはChatGPT3.5 Turboと比べて、処理能力がかなり高くなっています。有害な回答を生成する確率も低くなっているので、便利かつ安全に使えるモデルと言えるでしょう。

基本的な機能はChatGPT4 Turboが優勢です。従来モデルよりクリエイティブな文章作成がしたい場合は、ChatGPT4 Turboの利用が向いています。

ただし、処理できるデータ量が多くなった一方で、レスポンス速度はわずかに遅くなっている点には注意が必要です。また、APIを介した開発者向けの機能を強化できるという面では、ChatGPT3.5 Turboの方に軍配が上がります。

それぞれの特徴を比べて、最適な使い方ができるモデルを選択するといいでしょう。

ChatGPT3.5 TurboとChatGPT4 Turboどちらを選ぶべき?

ChatGPT3.5 TurboとChatGPT4 Turboを比べると、ChatGPT4 Turboは膨大なデータの処理が可能で、有害な回答をする確率も低いことから、より安全かつ便利に使えるモデルと言えます。ただし、ChatGPT4 TurboはChatGPT3.5 Turboと比べて、料金が高くなりやすいです。

ChatGPTはトークン数によって料金が変動します。トークンとは、AIが文字を処理する際に解析した最小単位のことで、ひらがな1文字の場合は1~2トークン、漢字1文字は1~3トークンです。

ChatGPT4 Turboは従来モデルより扱える文字数が多くなっていますが、その分料金も高くなりがちなので、利用する際には注意しましょう。

また、ChatGPT4 TurboはChatGPT3.5 Turboと比べて、レスポンス速度が長くなっています。ChatGPT3.5 TurboはChatGPT3.5を高速化したモデルなので、応答速度が速いのが特徴です。リアルタイムでChatGPTを使いたい場合は、ChatGPT3.5の方が向いています

簡単な質問に答えるだけなら、ChatGPT3.5 Turboでも十分と言えるでしょう。しかし、より複雑な回答や創造的なタスクには、ChatGPT4 Turboの利用が適しています

ChatGPTはそれぞれのモデルで特徴が異なるため、このモデルがいいと言い切ることは難しいです。利用するシーンによってうまく使い分けることで、より効率的な作業が可能となるでしょう。用途に応じて、これらの2つのバージョンを適切に選んで使ってみてください。

まとめ

ChatGPT4 Turboは従来モデルのChatGPT3.5 Turboと比べて、処理できるデータ数がはるかに多くなっています。また、問題視されていた有害な回答確率も、ChatGPT4 Turboでは少なくなり、ユーザーがより安心してChatGPTを使えるようになりました。

しかし、ChatGPT3.5 Turboは、ChatGPT4 Turboと比べてレスポンスが早いという長所があります。ChatGPT3.5 Turboの方が使いやすいという人も少なくありません。

また、基本的な機能はChatGPT4 Turboに軍配が上がりますが、APIを介した開発者向けの機能を強化できるという面では、ChatGPT3.5 Turboの方が向いているのです。

進化を続けるChatGPTですが、モデルにより特徴は異なります。最新モデルが必ずしも適切であるとは断言できないので、それぞれのモデルの特徴をよく知り、シーンによって使い分けることが大切です。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
ChatGPT
スポンサーリンク
romptn Magazine