Teslaが5本指で作業ができる人型ロボットOptimusを公開!

AIニュース

イーロンマスクが運営するTeslaが5本指の人間型ロボットOptimusを公開しました。

このロボットには人間の動きをAIが学習してそれをロボットが再現できるようなプログラムが組み込まれているとのことです。

以下で今回のニュースについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

人型ロボットOptimusの性能とは?

引用:https://twitter.com/Tesla_Optimus/status/1787027808436330505

今回発表されたTeslaのOptimusの性能はどういったものなのでしょうか。

以下で詳しく解説します。

Optimusの高性能な5本の指

Optimusの手は、世界でも最高レベルの5本指のロボットハンドの1つです。
触覚センサーを備え、11の自由度を持っています。

これは、多くの競合他社の6〜7の自由度と比較して優れた性能と言えるでしょう。

また、頻繁なメンテナンスなしに多くの物体との相互作用に耐えられる耐久性も備えています。この高性能な手により、Optimusは幅広いタスクを巧みにこなすことができます。

高度なオペレーションソフトウェア

Optimusのオペレーションソフトウェアは、人間のオペレーターがVRゴーグルと手袋を着用して操作できるように設計されています。

一人称視点の映像をストリーミングしながら正確な制御を行うことは非常に難しい作業ですが、Optimusはこれを実現しています。

自分の動作とロボットの動作の間の僅かな遅延も少なく、Optimusの流動的な全身の動きは、人間のポーズをリアルタイムで正確に再現することができます。

大規模なデータ収集能力

Optimusは、大規模なデータ収集を実現するために、複数のロボットを並列に動作させることができます。

また、訓練を受けた人間のオペレーターが1日に複数のシフトを行い、24時間体制でデータ収集を行うことが可能です。

さらに、ロボットが常に稼働していることを確認するためのメンテナンスクルーも用意されています。この大規模なデータ収集能力は、学術研究機関では実現が難しい、Optimusの大きな強みの1つです。

幅広いタスクと環境への対応

Optimusは、工場や家庭など、様々な環境で幅広いタスクをこなすことができます。

動画では、バッテリーの移動、洗濯物の取り扱い、日用品の棚への仕分けなどのタスクが紹介されていました。

汎用ロボットを実現するためには、このように多様なタスクと環境に対応できる能力が必要不可欠です。Optimusは、これらのタスクと環境の分布を慎重に考え、データ収集を行っています。

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine