【使ってみた】AIライティングツール『SAKUBUN』の使い方と評判・口コミを解説

AIツール

AIライティングツールが注目を集める中、SAKUBUNというツールが話題を呼んでいます。SAKUBUNは、AI技術を活用した文章生成ツールで、ユーザーの手間を大幅に削減し、効率的に高品質な文章を作成することができます。

本記事では、SAKUBUNの概要やメリット、具体的な使い方について解説していきます。また、実際に使ってみたレビューを交えながら、SAKUBUNの特徴や評価をお伝えします。

AIライティングツールに興味がある方や、文章作成の効率化を図りたい方は、ぜひご一読ください。

本記事は2024年4月時点の情報となります。

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

SAKUBUNとは?

近年、コンテンツマーケティングの重要性が高まる中、ブログ記事や商品説明文、メールなど、大量の文章を作成する必要性が増しています。しかし、文章作成は時間と労力を要する作業であり、効率化が求められています。そこで注目されているのが、AIを活用した文章生成ツール「SAKUBUN」です。

SAKUBUNは、高品質な文章を効率的に生成するために開発されたAIライティングツールです。その目的は、ユーザーの文章作成を支援し、時間とコストを削減することにあります。

SAKUBUNの主な特徴と機能

SAKUBUNの主な機能と特徴は以下の通りです。

主な特徴と機能
  • 独自のAI技術を活用した高品質な文章生成
  • ユーザーの要件に沿ったカスタマイズ可能な文章生成
  • 豊富なジャンルとテンプレートの提供
  • 文章の自動校正と最適化機能
  • 使いやすいインターフェースとシンプルな操作性
  • ブログ記事、商品説明文、メール、SNS投稿など、様々な用途に対応
  • APIを利用した他のツールやサービスとの連携機能
  • 定期的なアップデートによる機能の拡張と改善

他のAIライティングツールとの違い

他のAIライティングツールと比較すると、SAKUBUNは以下の点で優れています。

  • 文章生成の品質と精度が高い
  • カスタマイズ性と柔軟性に優れている
  • 提供されるジャンルとテンプレートが豊富
  • 操作性とユーザーインターフェースが使いやすい
  • 価格設定とコストパフォーマンスに優れている
  • ユーザーサポートとcommunityが充実している

実際にSAKUBUNを使ってみたユーザーからは、「文章作成の時間が大幅に短縮された」、「アイデア出しが楽になった」、「文章の質が向上した」など、多くの肯定的な評価が寄せられています。

実際にSAKUBUNを使ってみたユーザーからは、「文章作成の時間が大幅に短縮された」、「アイデア出しが楽になった」、「文章の質が向上した」など、多くの肯定的な評価が寄せられています。

SAKUBUNのメリット

実際のSAKUBUNの操作画面

SAKUBUNには以下のようなメリットが挙げられます。

①時間短縮と効率化

AIによる自動文章生成により、文章作成にかかる時間を大幅に短縮できます。さらに、アイデア出しから下書き、推敲までの一連の作業を効率化できます。

短時間で大量の文章を生成できるため、コンテンツ制作の生産性が向上します。

②アイデア出しのヒントになる

SAKUBUNは、ユーザーが入力したキーワードやトピックに基づいて、関連するアイデアや文章の構成を提案します。これにより、ユーザーは新たな視点や発想を得ることができ、創造性が刺激されます。

また、ライターズブロックに陥った際にも、SAKUBUNが的確なアイデアを提供してくれます。

③文章の質の向上

SAKUBUNは、高度なAI技術を活用して自然で洗練された文章を生成します。さらに、文法や表現の誤りを自動的に検知し、修正することで、文章の質も向上させます。

そのため、読者に伝わりやすく、印象に残る文章を作成できます。

④コストの削減

文章作成に費やす時間を削減できるため、人件費を抑えることができます。また、外注ライターへの依頼費用も節約できます。

コンテンツ制作のコストを最適化し、予算を他の施策に振り分けることが可能です。

⑤多言語対応

SAKUBUNは、日本語だけでなく、英語や中国語など複数の言語に対応しています。そのため、グローバルな市場に向けたコンテンツ制作にも活用できます。

翻訳コストを抑えつつ、多言語展開を図ることができます。

⑥SEO対策も可能

SAKUBUNは、SEOに適した文章構成やキーワード配置を提案します。検索エンジンに最適化された文章を作成できるため、検索順位の向上につながります。

オリジナリティの高い文章を生成できるため、コピーコンテンツによるペナルティを回避できます。

⑦ユーザーサポートとコミュニティの充実

SAKUBUNは、充実したユーザーサポートを提供しています。チュートリアルやマニュアル、よくある質問への回答が用意されています。

ユーザーコミュニティでは、他のユーザーとの情報交換や交流ができます。

以上のように、SAKUBUNは文章作成の効率化だけでなく、コストの削減、SEO対策など、多岐にわたるメリットを提供するAIライティングツールです。

SAKUBUNの登録方法

それでは、「SAKUBUN」の登録方法について解説していきます!

手順は以下の通りです。

  1. SAKUBUNの公式サイトにアクセス
  2. 「無料で使ってみる」をクリック
  3. 7日間の無料トライアルの登録画面に進むので、メールアドレスで登録する
  4. 会員情報を登録して「保存」をクリック

①SAKUBUNの公式サイトにアクセス

こちらからアクセスできます。

②「無料で使ってみる」をクリック

③7日間の無料トライアルの登録画面に進むので、メールアドレスで登録する

④会員情報を登録して「保存」をクリック

登録の手順は簡単で、ほとんどのユーザーは数分で完了できます。万が一登録時に問題が発生した場合は、SAKUBUNのユーザーサポートに連絡してください。丁寧にサポートしてくれますよ。

SAKUBUNでできることとその使い方

では、実践的な部分に入っていきましょう!SAKUBUNで出来ることを1つずるどういった風に使うのか解説していきます!

①100種類以上の生成ツールが利用できる

この機能では、広告やSNS・記事作成等のコンテンツ制作用途に合わせたテンプレートが100種類以上用意されています!

①設定画面の左側のタブから「生成ツール」をクリック

カテゴリごとに検索することが可能です。

②カテゴリから作成したいジャンルを選んだら、指示に従って入力する

試しに「ブログ記事」を作成してもらいました。

見出しの構成まで考えてくれる上に、文体もAIとは思えないほど自然な感じで書かれています!

ほかにも、お気に入りツールを登録する方法や自分でカスタムツールを作成できたりしますので気になる方はこちらをご覧ください。

②競合調査記事作成

この機能では、競合の記事を分析してSAKUBUNがAIを使って最適な記事を作成してくれます!

①キーワードを入力して、上位の記事も参考に見出し候補を生成する

トップ画面の左タブから「記事作成」→「競合調査モード」をクリックします。

「キーワード指定」の箇所に、作成した記事のキーワードを入力し、分析を開始します。

1分ほど待つと、上位記事の構成を参考にしたオリジナルの見出しが表示されます。

「他の見出しを確認」をクリックすると、上位記事の実際の見出しを見ることもできます。

②記事の見出しを決定する

どんな見出しにするか決まったら、「追加」→「各見出しの内容を指定」をクリックしましょう。

③AIに各見出しの指示を出す

各見出しにどんな内容を記入するか、指示を出しましょう。

できたら、「この見出しで記事を作成」をクリックします。

ここで記事に入れたいキーワード・文字数を指定してSEO対策をしっかりと行いましょう!

④記事を生成する

AIが自動で記事を生成してくれるので数十秒~数分待ちましょう。

⑤微修正・リライトもできる

AIが書いた記事ですので、内容に少し不安があると思いますがこの部分もしっかりとチェックしてくれるのが「SAKUBUN」の魅力です!

例えば、下記画像のように「長くする」を押すと自動でリライトしてくれますよ!

このように競合記事を参考にして記事を作成できるので、「圧倒的な効率化」「記事の上位化」が可能です!

参考記事

③AIエディター

この機能では、ユーザーが作成した文章をSAKUBUNがAIを使って部分的に編集してくれます。

いわゆる「リライト」をしたいときに使える機能です。

ここでは、以下の2つの機能が利用できます!

1.AIと編集を行う

①コンテンツを選択する

トップ画面の左タブから「ドキュメント」をクリックします。

編集したいドキュメントを選択しましょう。

過去のコンテンツは保存しておくことをお勧めします。

②下記画像のように、自分の用途に合った方法で編集する。

例:「長くする」を押すと、より長い文章を生成可能。

2.3つの操作画面でAIと編集を行う

①編集したいコンテンツを選択する

トップ画面の左タブから「ドキュメント」をクリックします。

編集したいドキュメントを選択しましょう。

使用したい生成ツールを選択して、編集ができます。

②SEOの観点から編集する

①の前半と同じ作業で編集したいコンテンツを選択します。

そうしたら、編集画面上の「虫眼鏡マーク」をクリックしましょう。

そうすると、SEO対策に特化した編集画面が出てきます。

ここでは、文章を選択すると「長くする」「短くする」「改善する」「続きを書く」の作業を自動で行ってくれます。

③シンプルな画面で編集する

①の前半と同じ作業で編集したいコンテンツを選択します。

そうしたら、編集画面上の「ペンマーク」をクリックしましょう。

そうすると、Googleドキュメントのようなシンプルで大きい操作画面で編集ができるようになります!

ここでは、文章を選択すると「長くする」「短くする」「改善する」「続きを書く」の作業を自動で行ってくれます。

参考記事

④ペルソナの指定

この機能では、読者(ターゲット)を指定したうえで魅力的なコンテンツを作成してくれます!

ペルソナ分析マーケティングや商品開発において、対象となる顧客像を具体的に設定し、その特性や行動パターンを分析することです。仮想の人物像を作成し、顧客の目線に立って課題や要望を理解することで、効果的なアプローチ方法を導き出すことができます。

①ターゲットにするペルソナを「新規作成」する

トップ画面の左タブから「ペルソナ」→「ペルソナを新規作成」をクリックしましょう。

②中身を具体的に指定する

③ペルソナを管理する

作成できたら、左タブの「ペルソナ」を再度クリックします。

すると、作成したペルソナが表示されます。

④ペルソナを活用する

作成したペルソナは、コンテンツを作成する際に活用できます!

これによって、ペルソナを意識したコンテンツを作成できるようになります。

「そもそもペルソナ設定って必要なの?」と思うかもしれませんが、ターゲットを絞って記事を作成することはとても大切です。

参考記事

⑤文章トーンの変更

この機能では、文章のトーンを指定することで競合の記事と差別化を図ることができます!

こちらの機能ですが、2024年4月現在は表示されないようになっています。

①テンプレートを選択する

トップ画面の左タブから「テンプレート」をクリックし、ニーズに合ったテンプレートを選びましょう。

②「トーン」から、文章の雰囲気を選ぶ

上位記事の構成・タイトルが表示されます。

「トーン」を選ぶことで、さまざまな言い回しを選択できます。

③実際に生成する

実際に生成すると、以下のように差分が出てきます。

ビジネスライクの文章の場合

商品名:いびきんぐ – 革新的ないびき防止枕

商品説明:

快適な睡眠をサポート

「いびきんぐ」は、質の高い睡眠を追求し、寝ている間のいびきを軽減するために設計された革新的な枕です。睡眠中のいびきは、ご自身だけでなく、パートナーの睡眠の質にも影響を与えることがあります。この枕は、いびきの原因となる首や頭の位置を適切にサポートし、呼吸がスムーズになるように工夫されています。

独自のエルゴノミックデザイン

いびきんぐ枕は、エルゴノミックに基づいた独自のデザインを採用しており、頭、首、肩に均等な支持を提供します。これにより、気道が開いた状態を保ちやすくなり、いびきの発生を抑制します。また、どのような寝姿勢にもフィットするように設計されており、横向きや仰向けなど、お好みの寝姿勢で快適にお休みいただけます…….

https://sakubun.ai/blog/feature06#index_zyFRsvZE

ユーモアに富んだ雰囲気の文章の場合

商品名:いびきんぐ – 革新的ないびき防止枕

商品説明:

あなたのいびきは、夜の静寂を破る一大コンサートでしょうか?隣の部屋の住人は、あなたの壮大な鼻のオーケストラを「鑑賞」することになっていませんか?もし答えが「イエス」なら、ご安心ください。私たちの「いびきんぐ」枕は、あなたの夜のソロ演奏を、まるで森の中の静けさのような穏やかなものに変えてくれる魔法のアイテムです。

この枕は、革新的なデザインと最先端の素材を駆使しており、まるであなたの首にそっと囁くようにフィットします。いびきんぐは、あなたの頭と首を理想的な位置に保ちながら、いびきを出す前にそっと「シーッ」と静かにさせてくれます。まるで、森の妖精があなたの耳元で「静かにね」と囁いているかのように……

https://sakubun.ai/blog/feature06#index_zyFRsvZE

参考記事

⑥アイキャッチ画像の作成

この機能では、記事の見出しで使えるアイキャッチを生成してくれる機能です!

①生成したい画像のキーワードを指定する

トップ画面の左タブから「アイキャッチ作成」をクリックします。

②キーワード指定に入力する

「キーワード指定」の箇所に、作成したい記事のキーワードを入れます。

できたら、「生成する」をクリックしましょう。

③画像を確認し、ダウンロードする

30秒ほどで画像ができるので、生成された画像をチェックして「ダウンロード」しましょう。

参考記事

SAKUBUNを使う上での注意点

SAKUBUNを使う上での注意点がいくつかありますので、しっかりと把握しておきましょう。

注意点①:生成された文章はあくまでも下書きである

SAKUBUNが生成した文章は、あくまでも下書きです。必ず内容を確認し、必要に応じて編集してください。事実関係の誤りや、不適切な表現がないかチェックすることが大切です。

そのため、最終的な責任は文章の作成者であるユーザーにあることを忘れないでください。

注意点②:著作権について

SAKUBUNが生成した文章でも、著作権はユーザーに帰属します。ただし、他者の著作物を無断で使用しないよう注意してください。

引用する場合は、適切な引用元の明示と引用ルールの遵守が必要です。

以下の利用規約についても読んでおきましょう!

SAKUBUNの利用規約
  • コンテンツの著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は、ユーザーテキスト提供時点で当社が既に保有している著作権を除き、コンテンツの提供日時点において、当社からユーザーに移転するものとします。
  • 当社がコンテンツに関し、第三者から知的財産権の侵害の申し出を受けた場合、当該コンテンツを提供したユーザーに対し、速やかに申し出の事実及び内容を通知するものとし、当該ユーザーは自らの費用と責任において当該知的財産権の侵害状態を解消しなければならないものとします。

注意点③:機密情報の取り扱いについて

機密情報や個人情報をSAKUBUNに入力しないでください。SAKUBUNに入力されたデータは、機械学習の向上のために使用される可能性があります。

そのため、秘匿性の高い情報は、別の方法で管理することをおすすめします。

以上の点に注意しながら、SAKUBUNを適切に利用することが大切です。

AIライティングツールは便利な反面、使い方を誤ると問題が生じる可能性があります。十分に注意し、責任を持って利用するよう心がけてください。

SAKUBUNの活用事例

SAKUBUNの活用事例は多岐にわたります。以下に詳しく説明します。

活用事例①:ブログ記事の作成

ブログ記事のトピック決めや構成案の作成にSAKUBUNを活用できます。

キーワードを入力すると、関連するトピックやアイデアを提案してくれたり、生成された文章を参考に、オリジナルの記事を効率的に作成してくれたりします。

例えば、「夏の旅行」というキーワードから、おすすめの旅行先や旅行の準備に関する記事のアイデアが得られます。

活用事例②:商品説明文の作成

ECサイトやオンラインストアの商品説明文の作成にSAKUBUNが役立ちます。

商品の特徴やメリットを入力すると、魅力的な商品説明文生成してくれたり、文章のトーンや長さを調整することで、ブランドイメージに合った説明文を作ったりしてくれます。

例えば、「有機栽培のコーヒー豆」という商品に対し、健康志向の顧客に訴求する説明文を作成できます。

活用事例③:メールやSNSの文章作成

ビジネスメールや顧客とのコミュニケーションにSAKUBUNを活用できます。

目的や相手に合わせた適切な文章を生成してくれたり、SNSの投稿文も、engagement(エンゲージメント)を高める文章をSAKUBUNが提案してくれたりします。

例えば、「新製品発売のお知らせ」というメールの件名と本文を、顧客の興味を引く内容で作成できます。

活用事例④:レポートやプレゼン資料の作成

企画書やレポート、プレゼン資料の作成にSAKUBUNを活用できます。

トピックに関連する情報や、説得力のある文章表現が提案してくれたり、データや事実を裏付ける根拠も、SAKUBUNが提示してくれたりします。

例えば、「SDGsへの取り組み」というトピックで、企業の社会貢献活動をアピールするプレゼン資料を作れます。

活用事例⑤:広告コピーの作成

商品やサービスの広告コピーの作成にSAKUBUNが活用できます。

ターゲット顧客の特性に合わせた、訴求力のあるコピーを生成できたり、広告の目的に合わせて、文章のトーンや長さを調整できたりします。

例えば、「新発売の健康食品」という商品に対し、健康意識の高い中高年齢層に響くコピーを作成できます。

活用事例⑥:小説やストーリーの創作

小説やストーリーの創作にSAKUBUNを活用するユーザーもいます。その際、登場人物の設定やプロット、ストーリーの展開のアイデアを提案してくれます。

例えば、「AIと人工知能の恋愛」というSFのプロットを、SAKUBUNが提案してくれます。

以上のように、SAKUBUNは様々な文章作成シーンで活用できるAIライティングツールです。

ユーザーの創造性を刺激し、効率的で高品質な文章作成を支援します。個人の創作活動から、ビジネスでのコンテンツ制作まで、幅広い場面で利用されています。

SAKAUBUNの料金設定

SAKAUBUNは、7日間の無料トライアルを用意していますがこれを超えると課金しなければなりません。

以下の料金プランが用意されています。

1番安いプランでも9,800円と結構値が張りますが、上記で説明してきたような便利な機能が全て使えるとなると安くも思えます…!

各プランを比べた表も見てみましょう。

GPT-4を使ったブログ・記事作成がメインになるとするとやはりProが良さそうですね。

無料トライアルで試してみて、自分の用途に合ったプランを選ぶと良いでしょう!

①トップ画面の左下にある「アップグレード」→加入したい有料プランを選ぶ

②クレジットカードで支払いを済ませる

年払いだと40%オフになるそうですので、ぜひご検討ください!

【評価】SAKUBUNを使ってみた感想!

実際にSAKUBUNを使用してみたところ、非常に使いやすく、効率的に文章を作成できることがわかりました。

まず、SAKUBUNの操作はとても簡単で、初めて使う人でもすぐに操作方法を理解しやすいなと感じました。さらに、トピックやキーワードを入力すると、すぐに文章の提案が表示されるので、アイデア出しのスピードが格段に上がります。

また、生成された文章の品質も高く、少しの修正で使用可能なレベルです。記事の構成や文章表現のバリエーションも豊富で、ライターズブロックに陥ることなく、スムーズに文章を完成させられました。

他のAIライティングツールと比べても、SAKUBUNは生成される文章の質が高く、柔軟にカスタマイズできる点が優れています。

一方で、改善してほしい点もいくつかあります。例えば、もっと多様なジャンルやトピックに対応してほしいと感じました。とはいえ、これらは今後のアップデートで改善される可能性が高いでしょう。

総合的に、SAKUBUNは非常に優れたAIライティングツールだと感じました。文章作成の効率化と品質向上に役立ち、コストも削減できるので、個人からビジネスまで幅広いユーザーにおすすめできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SAKUBUNというAIライティングツールについて解説してきました。

  • SAKUBUNは、高品質な文章を効率的に生成するために開発されたAIライティングツール
  • SAKUBUNの主な機能と特徴
    • 独自のAI技術を活用した高品質な文章生成
    • ユーザーの要件に沿ったカスタマイズ可能な文章生成
    • 豊富なジャンルとテンプレートの提供
    • 文章の自動校正と最適化機能
    • 使いやすいインターフェースとシンプルな操作性
    • ブログ記事、商品説明文、メール、SNS投稿など、様々な用途に対応
    • APIを利用した他のツールやサービスとの連携機能
    • 定期的なアップデートによる機能の拡張と改善
  • SAKUBUNのメリット
    • 時間短縮と効率化
    • アイデア出しのヒントになる
    • 文章の質の向上
    • コストの削減
    • 多言語対応
    • SEO対策が可能
    • ユーザーサポートとコミュニティの充実
  • 実際にSAKUBUNを使用してみたところ、非常に使いやすく、効率的に文章を作成できることがわかった。

AIライティングツールを活用することで、文章作成の効率化とコスト削減を実現できます。特にSAKUBUNは、その高い文章生成品質と使いやすさから、多くのユーザーから支持されているツールです。

文章作成に悩んでいる方や、効率化を図りたい方は、ぜひSAKUBUNを試してみてはいかがでしょうか。きっと、文章作成の新しい可能性を発見できるはずです。

※ほかにも便利なAIライティングツールはたくさんありますので、下記記事も参考にしてみてください!

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!