ChatGPTはいつ開発されていつから話題に?AIチャットツールのトップを走る秘密に迫る!

ChatGPT

ChatGPTは、2022年11月に米国の人工知能研究企業OpenAIによって開発・公開されたAIチャットボットです。リリース直後から、その高度な会話能力と幅広い知識で世界中の注目を集めました。

わずか数ヶ月で1億人以上のユーザーを獲得し、AIチャットツールの代名詞とも言えるほどの存在となったChatGPT。その驚異的な成長の背景には、何があるのでしょうか。

本記事では、ChatGPTの開発経緯や技術的な特徴を探りながら、AIチャットツールのトップランナーとなった理由に迫ります。ChatGPTが切り開く、AIとの対話の未来についても考察していきましょう。

※2024年5月13日に、ChatGPTの新しいLLM「GPT-4o(オムニ)」が登場しました!以下の記事で詳しい概要や使い方について解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ChatGPTの誕生

AI技術の進化は日々著しいスピードで進化しております。

その中でも、特に、注目を集め動向について、日々ニュースで大きく取り上げられるのが、サム・ハルトマンが率いるOpenAIによって開発されたChatGPTです。

ChatGPTは2022年11月に一般公開された後、人間に近い卓越した対話能力で、世界中で大きな反響を呼びました。

現在、2024年5月現在GPT-4oが最新のバージョンであり、今後更なる進化が見込まれております。

特に、動画生成サービスのSORAやGPT-5への期待が高まっている状況です。

今回はそんなChatGPTについてご紹介いたします。

※ChatGPTのインストール方法や登録方法については、以下の記事で解説しています。

GPTシリーズの発展と歴史

OpenAIが2018年に発表した生成的事前学習トランスフォーマー(Generative Pre-trained Transformer)、通称GPTは、自然言語処理における大規模言語モデルの先駆けとなりました。

以下、GPTシリーズの発展と歴史について説明します。

GPTシリーズの発展と歴史
  • GPT-1

    GPT-1は、推定約1億2000万個ものパラメータを有しており、従来の言語モデルを大きく上回る性能を誇っていました。

  • ラベル
    GPT-2

    続いて、2019年にGPT-2がリリースされると、パラメータ数は推定約15億個へと大幅に増加しています。

  • ラベル
    GPT-3

    2020年6月にはさらにその数を大きく上回る推定1750億個のパラメータを持つGPT-3が誕生しました。

    膨大なパラメータ数とモデルの大規模化は、言語モデルの性能を飛躍的に高めました

    このモデルにより、文章や質問に対して自然な回答を生成できるようになりましたが、回答の答えの精度に課題があったと言われています。

  • ラベル
    GPT-3.5

    GPT-3には、前述の生成能力の精度に課題があったため、2022年11月にGPT-3.5が誕生しました。

    パラメータ数は推定3,550億個とこれまでより大幅に増加されました。

    ChatGPTはこのモデルにより誕生し、世間に公表されました。

  • ラベル
    GPT-4

    2023年3月、OpenAIは言語モデルの最新版GPT-4を発表しました。

    GPT-4のパラメータ数は非公表ですが、推定5,000億〜1兆個

    GPT-4は単なるパラメータ数の増加にとどまらず、データセットの拡充、学習手法の改善なども施されています。

    その結果、文章生成能力や多様な課題への対応力が、これまでより飛躍的に向上したと言われています。

    特に注目されているのが、GPT-4の対話能力と論理的な推論力の大幅な進化です。

    より複雑な質問への自然な回答力や、数学、プログラミングなど論理的思考を要するタスクでの性能が大きく向上しています。

    一方で、モデルの大規模化に伴い、GPT-4は膨大な計算リソースを必要とするため、実装やエネルギー面での課題もより大きなものとなりました。

  • ラベル
    GPT-4o

    2024年5月13日に発表・リリースされたGPT-4oは、非公開となっていた「GPT2」と呼ばれるモデルの正体だったとのことです。その賢さは、どのモデルよりも圧倒的です。

    さらに、OCRという画像読み取り機能について日本語にも対応ができるようになりました。

    認識速度や回答速度も今までとは段違いで、GPT-4の2倍になったといいます。

    価格の方は、「ここまで高機能だと高いのでは⁉」と思う方も多いかもしれませんが、なんと今までの半額(1,500円)程度で実質利用できるようになっています。

以上、紹介してきたようにGPTは新しいモデルが出る度に、卓越した性能が注目を集める一方、新たな課題にも直面しています。

ChatGPTの開発背景

ChatGPTは、従来の言語モデルが特定のタスクに特化していたところ、タスクを事前に規定せずに一般的な言語知識を学習し、様々な用途に活用できることを目指したことが開発背景になります。

OpenAIは上記を実現し、かつ対話型にできるように、GPT-3をベースに改良を重ねました。

さらに、従来のGPTモデルよりも長い文章の文脈を追跡でき、より自然で一貫性のある対話を実現できるような工夫が施されました。

その結果として誕生したのが、ChatGPTというAI対話型のサービスです。

ChatGPTにより、従来の質問応答システムの枠を超えて、人間らしい自然な会話やプログラミング、文章生成、データ解析、計算等、多岐に渡る実用的な活用ができるようになりました。

一方で、ChatGPTの出力には誤りや偏りが含まれる場合があり、議論の余地も残されています。

しかしながら、ChatGPTはAI技術の新たな可能性を切り拓いたサービスであり、今後の発展が大いに期待されています。

ChatGPTのリリース日はいつ?

ChatGPTは、2022年11月30日に一般公開されました。

ChatGPTの驚異的な性能が次第にSNS等で知れ渡るにつれ、その存在は一気に脚光を浴びるようになりました。

ChatGPTは2022年の終わりごろから世間の注目を大きく集めるようになり、翌2023年以降、NHKや日経新聞等のメディアでも大々的に取り上げられる程のトピックスとなりました。

  • ChatGPT まるわかり “異次元” AIの衝撃(NHK)
引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230411/k10014034961000.html
  • ChatGPT、世界こう変えた 10の数字で振り返る公開半年(日経新聞)
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN2518X0V20C23A5000000/

このように、ChatGPTは社会に対して、AIの活用を促進させる起爆剤的な存在となったのです。

また、ChatGPTのリリース以降、OpenAIは順次、サービスの有料化や各サービスを公表していきました。

以下、紹介します。

有料化

2023年2月から、ChatGPTの月額課金制の有料版サービスが開始しました。

月額20ドルの定額課金です。2024年5月時点の為替レートで日本円で概ね約2,800円〜3,000円となります。

無料版に比べ、レスポンス時間が短く、同時接続数やデータアップロード容量が増えるなど、機能が強化されました。

日本語対応

ChatGPTの日本語対応は2023年5月にスタートしました。

リリース当初は英語のみでしたが、日本語対応により、日本人にってより自然でスムーズな対話が可能になりました

音声会話対応

音声入力と音声出力による会話機能は、2023年10月にリリースされました。

テキストでの対話に加え、音声でのやりとりも可能になりました。

画像入力、認識、生成対応

2023年10月にChatGPTのチャット画面に画像をアップロードして、画像の解析ができる機能が実装されました

この機能により、ChatGPTは文字だけでなく画像入力にも対応できるようになりました。

また、文章から画像を生成できるDALLE-3の機能も搭載され、画像生成も可能になりました。

プラグイン対応

2023年7月から外部のアプリやサービスとのデータ連携を可能にする「プラグイン」機能の実装がされました。

この新機能により、ChatGPTの活用範囲が格段に広がることになりました。

例えば、プラグインを通じて、ニュースとAPIを連携すれば、最新のニュース記事をチャット上の画面に投影し、参照できるようになりました。

また、他にも、電子商取引サイトのAPIと連携すれば、商品の検索や注文処理業務もできるようになりました。

ChatGPTはいつから話題に?

ChatGPTが注目を集め始めた時期とその理由

ChatGPTは、リリース直後、最初は一部の専門家や開発者の間での話題に留まっていました。

しかし、その卓越した対話能力が広くSNSなどで拡散されるにつれ、一般の人々の関心も急速に高まっていきました。

具体的には、以下3つの点がChatGPTの話題性を加速させた要因として挙げられています。

1. 自然な対話能力

従来のツールが機械的で単調な応答に留まっていたのに対し、ChatGPTは人間らしい自然な会話を実現できることが大きな驚きを持って社会に受け止められました。

また、状況に応じて的確な対話を継続できるだけでなく、創造性に富んだ回答を生成できる点も注目を集めました。

2. プログラミング、計算能力の高さ

ChatGPTは単なる質問応答を超えて、プログラミングのコードを書いたり、文章を書いたり、データ解析や計算などの実用的なスキルを発揮できることも評価されました。

3. AI技術への期待

前述のようなAI技術の可能性が改めて認識されたことで、一般の人々にとってもAIが身近なものとなり、期待感が高まりました。

コミュニケーションの在り方から作業効率化まで、様々な分野へのインパクトが予想されたことが、注目を集める大きなきっかけとなりました。

以上のように、ChatGPTはリリース直後から徐々に世間の注目を集め、特徴が知れ渡ることで話題が一気に広がりました。

まとめ

これまで見てきたように、OpenAIの研究開発の積み重ねが実を結び、2022年11月に一般公開されたChatGPTは、人間らしい自然な対話を実現する画期的なAIとして、世界中で大きな反響を呼びました。

リリース直後から徐々に、SNSを通じて驚異的な対話サンプルが拡散されるにつれ、その卓越した能力が認知され始め、一般の人々の間でも、AIが身近で実用的なものとなり得るという期待感が広がっていきました。

今後、AIが一般の人々にとってより身近で分かりやすいものとなり、様々な分野での活用が進むことが期待されています。

romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!
ChatGPT
スポンサーリンク
romptn Magazine