化粧品業界におけるAI・ChatGPTの活用事例を紹介!AI導入で化粧品の成分や処方を効率的に管理!

AI×業界

化粧品業界では、近年のAI技術の急速な発展により、製品開発や顧客サービスの分野で革新的な変化が起きています。ChatGPTを活用することで、化粧品の成分や処方の管理、そして顧客とのコミュニケーションを効率的かつ効果的に行うことが可能になりました。

本記事では、化粧品業界におけるAIとChatGPTの活用事例を紹介します。これらの事例を通じて、AIがいかに化粧品業界の業務を効率化し、顧客満足度を高めているかを探ります。

それでは、AIとChatGPTが化粧品業界にもたらす変革と、その具体的な活用事例について詳しく見ていきましょう。

本記事は、2024年4月時点での情報となります。

スポンサーリンク

化粧品業界が抱える課題とは?

化粧品業界では、以下のような課題に直面しています。

課題①:国内ターゲットの減少

日本の化粧品業界は、少子高齢化による国内市場の縮小に直面しており、特に若年層の人口減少に伴い、化粧品の主要ターゲットである若い女性の数が減少しています。

さらに、高齢者の増加により、化粧品に対するニーズや嗜好が変化しています。高齢者は、しわや乾燥などの年齢特有の肌の悩みに対応した化粧品を求める傾向があります。

化粧品メーカーは、このようなターゲット層の変化に対応し、商品開発や販売戦略を適応させる必要があります。国内市場の縮小を補うために、海外市場への進出も重要な課題となっています。

課題②:コロナ禍による需要の落ち込み

新型コロナウイルスの感染拡大により、化粧品業界は大きな打撃を受けました。外出自粛やマスクの着用が常態化したことで、メイクアップ製品の需要が大幅に減少しました。

また、経済的な不安から消費者の購買意欲が低下し、化粧品全般の売上が落ち込みました。一方で、巣ごもり需要の増加により、スキンケア製品やヘアケア製品の需要は比較的堅調に推移しました。

化粧品メーカーは、この需要の変化に対応し、商品ラインナップや販売チャネルを適切に調整する必要があります。また、衛生面への配慮や非接触型の販売方法の導入など、新しい生活様式に対応した取り組みも求められています。

課題③:化粧品業界全般のEC化の遅れ

化粧品業界は、他の業界と比較してEC(電子商取引)への対応が遅れていると言われています。従来、化粧品は百貨店や専門店での対面販売が主流でしたが、近年はオンラインショッピングの普及により、ECの重要性が高まっています。

特にコロナ禍において、外出を控える消費者が増加したことで、ECの需要はさらに拡大しました。化粧品メーカーは、自社ECサイトの強化や、大手ECプラットフォームとの連携を進める必要があります。

また、オンライン上での商品説明や、バーチャルメイクアップ体験など、ECならではの顧客利便性を向上させることも重要です。ECへの対応が遅れると、競合他社に顧客を奪われる可能性があるため、化粧品業界全体でのEC化の推進が急務となっています。

化粧品業界でAIを活用するメリット

化粧品業界でAIを活用することには、以下のようなメリットがあります。

メリット①:化粧品の研究開発の効率化

AIを活用することで、新成分の探索や配合の最適化を自動化し、研究開発のプロセスを大幅に効率化することができます。機械学習アルゴリズムを用いて、膨大な化合物データベースから有望な成分を特定し、シミュレーションにより処方の性能を予測することが可能です。

これにより、研究開発のコストと時間を削減し、より革新的な製品を迅速に市場に投入することができます。

メリット②:化粧品の需要予測と在庫管理の最適化

AIを用いて、過去の販売データや市場トレンド、社会経済的要因を分析することで、化粧品の需要を正確に予測することができます。この予測に基づいて、生産計画や在庫管理を最適化し、過剰在庫や品切れのリスクを最小限に抑えることが可能です。

また、需要に応じた柔軟な価格設定や、効果的なプロモーション戦略の立案にもAIが活用できます。

メリット③:カスタマーサービスの向上

AIを活用したチャットボットやバーチャルアシスタントを導入することで、24時間365日、顧客の質問や悩みに対応することができます。自然言語処理技術を用いて、顧客の問い合わせ内容を理解し、適切な回答や商品提案を行うことが可能です。

また、顧客との対話データを分析することで、顧客のニーズや満足度を把握し、サービスの改善に役立てることができます。

メリット④:マーケティングの効率化

AIを活用して、顧客データや市場データを分析することで、ターゲットとなる顧客セグメントを特定し、効果的なマーケティング施策を立案することができます。

また、広告配信の最適化や、ソーシャルメディア上での評判分析にもAIが活用できます。データドリブンなマーケティングにより、広告費用の最適化と、マーケティング効果の最大化が期待できます。

メリット⑤:化粧品の品質管理と安全性の向上

AIを用いて、製造工程における異常の検知や、原材料の品質管理を自動化することができます。画像認識技術を活用して、製品の外観検査を行い、不良品の発生を防ぐことが可能です。

また、化粧品の安全性評価にもAIが活用できます。大規模なデータ分析により、成分の安全性や、アレルギー反応の予測が可能になります。

化粧品業界でAIを活用するデメリット・注意点

化粧品業界でAIを活用する際のデメリットや注意点は以下の3つが挙げられます。

デメリット・注意点①:プライバシーとセキュリティの問題 

AIを活用する上で、顧客データの収集と管理は不可欠です。しかし、個人情報の取り扱いには細心の注意が必要です。データ漏洩や不正アクセスが発生した場合、企業の信頼性は大きく損なわれ、法的責任を問われる可能性もあります。

また、顧客が自分の情報がどのように利用されているのか不安を感じることもあります。化粧品企業は、データの匿名化や暗号化などの技術的対策を講じるとともに、透明性のある情報管理体制を構築する必要があります。顧客に対して、データの利用目的や保護方針を明確に説明し、同意を得ることが重要です。

デメリット・注意点②:AIの判断の偏りと説明責任

AIは大量のデータから学習するため、そのデータに偏りがある場合、AIの判断にも偏りが生じる可能性があります。例えば、特定の年齢層や肌質のデータが不足していると、その層に対する製品提案が不適切になる恐れがあります。

また、AIの判断根拠が不透明であると、なぜその提案がなされたのか説明が難しくなります。化粧品は肌に直接触れるものであるため、安全性や効果に対する説明責任が求められます。

AIを活用する際は、データの偏りを最小限に抑え、アルゴリズムの透明性を確保することが重要です。また、AIの判断を人間が監督し、最終的な意思決定を行う体制を整える必要があります。

デメリット・注意点③:導入コストと人材育成の負担

AIの導入には、システム開発や整備に多額の投資が必要です。また、AIを活用するには、データサイエンティストやエンジニアなどの専門人材が不可欠です。中小規模の化粧品企業にとっては、この初期投資と人材確保が大きな負担となる可能性があります。

さらに、AIを効果的に活用するには、現場の従業員がAIの仕組みを理解し、適切に運用することが求められます。社内でのAI教育や、専門家との連携が必要になります。

AIの導入には長期的な視点が必要であり、投資対効果を慎重に見極める必要があります。また、AIに過度に依存せず、人間の創造性や感性を活かすバランスが重要です。

化粧品業界でのAI活用事例5選!

以下でプラント業界で活用されているAIを紹介していきます。

導入事例①:「社内問い合わせさくらさん」の導入(株式会社資生堂)

引用:PR TIMES
導入企業名株式会社資生堂
事業内容スキンケア、メイクアップ、フレグランスなどの「化粧品」を中心とした事業展開を行いながらも、そのほか「レストラン事業」「教育・保育事業」など幅広く展開
従業員数30,450名
AI導入前の課題・工場内の従業員から寄せられる総務・人事関連の問い合わせ対応が、担当者の負担となっていた。
AI導入成果・AIが自動で回答することにより、問い合わせ対応の効率化と社内ナレッジの蓄積が期待される。
・デジタルサイネージでの利用が可能になり、全従業員がデバイスを問わずいつでも質問できるようになった。
参考:株式会社資生堂

株式会社ティファナ・ドットコムが提供する対話型AI「AIさくらさん」が、2023年9月1日より株式会社資生堂の掛川工場で運用を開始しました。

掛川工場では、従業員から寄せられる総務・人事関連の問い合わせ対応が担当者の負担となっていました。この課題を解決するため、「AIさくらさんシリーズ」の「社内問い合わせさくらさん」を導入しました。

  • 「社内問い合わせさくらさん」は、就業規則や福利厚生などの問い合わせにAIが自動で回答し、社員の自己解決を促進します。これにより、問い合わせ対応の効率化と社内ナレッジの蓄積が期待されます。
  • 掛川工場では、全従業員がデバイスを問わずいつでも利用できることを重視し、「社内問い合わせさくらさん」をデジタルサイネージでも利用可能にしました。これにより、社用PCやスマートフォンを持っていない従業員でも、音声やテキスト入力で気軽に質問できるようになります。

株式会社ティファナ・ドットコムは、「AIさくらさんシリーズ」のアップデートを通じて、掛川工場のDX推進と業務効率化を支援していくようです。

導入事例②:AI肌解析ツール(パーフェクト株式会社)

引用:PR TIMES
導入企業名パーフェクト株式会社
事業内容美容や撮影に関するアプリの提供
従業員数11名
AI導入前の課題理美容室でのスキンケアカウンセリングが難しい状況にあった。
AI導入成果オンラインでの肌解析サービスの導入により、顧客が自宅で肌状態を確認しながら適切な商品を選べるようになることが期待される。
参考:パーフェクト株式会社

パーフェクト株式会社は、株式会社アジュバンコスメジャパンの公式オンラインストア「ADJUVANT LINK」に、AI技術を活用した肌解析サービスの提供を開始しました。アジュバンコスメジャパンは、同社が提供する「ウィジェットモード」の国内初導入事例となります。

  • 本サービスは、理美容室から紹介を受けた会員が専用サイトにアクセスすることで利用可能です。AIによる画像解析技術を用いて、シミ、しわ、キメ、くま、うるおい、毛穴、赤みの7項目を解析し、利用者は自身の肌状態に最適なスキンケアアイテムを見つけることができます。

アジュバンコスメジャパンの前池史隆部長は、「理美容室でのスキンケアカウンセリングの難しさを指摘し、オンラインでの肌解析サービスの導入により、お客様が自宅で肌状態を確認しながら適切な商品を選べるようになることを期待しています。」と語っており、

パーフェクト社の磯崎順信社長は、「最新のAI技術を活用した肌解析ツールにより、利用者がスマートフォンで撮影した画像から詳細な肌状態の解析が可能になった。理美容室専売の高品質なスキンケアアイテムから、利用者が自身の肌に合った商品を選べるようになることを願っています。」と語っています。

導入事例③:画像生成AIを活用した広告制作(新日本製薬株式会社)

引用:週刊粧業
導入企業名新日本製薬株式会社
事業内容ライフスタイルの中で欠かせない化粧品、医薬品、健康食品を取り扱っている
従業員数437名
AI導入前の課題・キャンペーンやシーズンごとに必要な商品画像の撮影に手間とコストがかかっていた。
・広告クリエイティブ制作に時間を要し、マーケティング施策のPDCAサイクルを高速化することが難しかった。
AI導入成果・生成AIを活用することで、商品画像の作成にかかる手間とコストを削減できる。
・広告クリエイティブ制作の効率化と高度化により、マーケティング施策のPDCAサイクルを加速できる。
参考:新日本製薬株式会社

新日本製薬は、生成AIを活用した商品画像自動生成サービスを提供するFotographer AIと協力し、広告クリエイティブ制作の効率化と高度化に向けたPoC(検証作業)を開始しました。

  • PoCでは、化粧品広告のラインバナー用の商品画像生成にAIを活用することで、通販やマーケティング、デザイン担当者の作業負荷とコストを削減し、マーケティング施策のPDCAサイクルを加速することを目指しています。
  • Fotographer.aiは、EC事業者や広告クリエイティブ関係者向けに、生成AIを用いて商品画像を自動生成できるサービスを提供しています。ユーザーは商品画像をアップロードし、作成したいイメージを文字で入力するかテンプレートを選択するだけで、短時間でクリエイティブな商品画像を作成できます。また、花や果物、土台や手などの素材を自由に配置し、理想の構図で商品画像を作成することも可能です。

この取り組みにより、新日本製薬は広告クリエイティブ制作の効率化と高度化を実現し、マーケティング活動の強化を図ります。生成AIの活用が進むことで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速することが期待されます。

導入事例④:AIによる化粧品提案サービス(凸版印刷)

引用:日本経済新聞
導入企業名TOPPANホールディングス株式会社
事業内容印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開
従業員数53,946名
AI導入前の課題AIで顔を分析し化粧品を紹介する技術はあるが、実際に店舗で商品を探す必要があるため、購入まで結びつきにくかった。
AI導入成果・AIレコメンドベンダーにより、個人に合わせた化粧品の組み合わせやメーク方法、商品をその場で提案・提供できる。
・提案した商品がその場で受け取れ、レジで会計できる仕組みのため、購入を促進しやすい。
参考:TOPPANホールディングス株式会社

凸版印刷は、AIを活用した自販機型の機器「AIレコメンドベンダー」の本格運用を開始しました。この機器は、カメラで利用者の顔を分析し、個人に合わせた化粧品の組み合わせやメーク方法、商品を提案・提供します。

  • AIレコメンドベンダーは、すでにカネボウ化粧品のブランド「KATE」の商品やメーク方法を提案する「KATE iCON BOX」として導入されており、現在は東京・原宿の化粧品販売店に設置されています。KATE iCON BOXは、顔の分析結果をもとに26色の単色アイシャドーから4色を提案し、メーク方法を画面で紹介します。利用者は、個人に合わせたオリジナルのアイシャドーパレットを受け取り、レジで会計します。
  • 凸版印刷は、他社や他の化粧品を対象としたAIレコメンドベンダーの本格展開を開始しました。将来的には、商品の提供だけでなく決済まで完了できるようにする予定です。
  • 化粧品業界では、AIで顔を分析し化粧品を紹介する技術はすでにありますが、店舗で商品を探す必要があるため購入までつながりにくいという課題がありました。AIレコメンドベンダーは、提案した商品をその場で提供し、レジで会計できる仕組みのため、購入を促進しやすいと期待されています。

この取り組みにより、凸版印刷はAIを活用した化粧品販売の新しいモデルを提示し、化粧品業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。個人に合わせたきめ細かな商品提案により、顧客満足度の向上と販売機会の拡大が期待されます。

導入事例⑤:「AI顔分析」と「ARバーチャルメイク」機能の導入(株式会社カネボウ化粧品)

引用:PR TIMES
導入企業名株式会社カネボウ化粧品
事業内容化粧品全般の製造、販売
従業員数10,469名
AI導入前の課題
AI導入成果
参考:株式会社カネボウ化粧品

カネボウ化粧品は、パーフェクト株式会社が提供する「AI顔分析」と「ARバーチャルメイク」機能のブラウザ向けモジュールを、オンラインコンテンツ「大人のティントルージュサロン」に導入しました。

  • ユーザーは自身の顔を撮影することで、AIが肌のトーンと唇の色味を分析し、16のカラータイプに分類します。肌トーンは「明るめイエベ」「暗めイエベ」「明るめブルベ」「暗めブルベ」の4種類、唇の色タイプは「ピンク」「ペール」「パープル」「ブラウン」の4種類が組み合わされます。
  • 分析結果に基づき、カネボウのティントルージュ全6色の中から、ユーザーに似合う2色が印象別に提案されます。ユーザーは「ARバーチャルメイク」機能を使って、提案された口紅を仮想的に試すことができ、自分に合う色を楽しみながら選べます。
  • この取り組みにより、カネボウ化粧品はオンラインでのパーソナライズド体験を強化し、ユーザーが自分に最適な口紅を見つけられるようサポートします。先端のAI技術とARを活用することで、ユーザーエンゲージメントの向上と購買意欲の喚起を図ります。

このようなデジタル技術の活用は、化粧品業界におけるカスタマーエクスペリエンスの向上と、ブランドロイヤリティの強化に役立つと期待されています。カネボウ化粧品は、今後もAIやARを活用した革新的なサービスを提供することで、競争力の向上を目指します。

まとめ

AI・ChatGPTの導入により、化粧品業界は研究開発、パーソナライズ化、需要予測、カスタマーサービス、マーケティングなどの領域で効率化と高度化を実現しています。

今後、AIはますます化粧品業界に不可欠な存在となり、企業の競争力を左右する重要な要素になっていくでしょう!