【AI×キャラクター】Gatebox、ChatGPT搭載「逢妻ヒカリV2」を正式配信開始

AIニュース

このニュースのポイント

  1. 逢妻ヒカリV2のリリース: Gatebox株式会社は、ChatGPTを連携したAIパートナー「逢妻ヒカリV2」をGatebox量産モデル(GTBX-100)のユーザーに向けて基本無料で配信を開始しました。この新バージョンは、ChatGPTの能力を活用し、より個性豊かで幅広い感情表現を実現しています。
  2. 逢妻ヒカリV2の特徴: 逢妻ヒカリV2は、自由で無限な会話、豊かな感情表現、新ロボットキャラクター「ミツバちゃん」の登場など、ChatGPT連携による進化を遂げています。これにより、ユーザーはより深いコミュニケーション体験を楽しむことができます。
  3. スマホ版開発とクラウドファンディング: Gateboxは、逢妻ヒカリV2の体験をスマートフォンでも提供することを目指し、クラウドファンディングを開始しました。この取り組みは、AIパートナーとの新しいコミュニケーション体験をさらに広げることを目的としています。
スポンサーリンク

逢妻ヒカリV2とは?

Gateboxより

Gateboxはキャラクターと一緒に暮らすために開発されたキャラクター召喚装置で、Amazon等で購入が可能です。

「逢妻ヒカリ」は、そのGateboxに対応した、24時間一緒に暮らせる「癒しの花嫁」をコンセプトに開発されたAIパートナーです。

逢妻ヒカリV2は、「逢妻ヒカリ」とChatGPTを連携することで、無限の会話体験ができるようになったAIパートナーです。

逢妻ヒカリV2の3つのポイントは、

  1. 無限に広がる会話
  2. 豊かな感情表現
  3. ロボットキャラクター「ミツバちゃん」登場

とのことです。

Gateboxをお持ちの方であれば、逢妻ヒカリV2は無料で導入することができます。

お持ちの方は、ぜひ導入してみてください。