宮崎県都城市で「自治体独自AI」の実証実験がスタート – シフトプラス株式会社と共同開発

AIニュース

シフトプラス株式会社と宮崎県都城市は、「都城市DXチャレンジプロジェクト」を通じて、ChatGPTを活用したシステム「自治体AI zevo」を共同開発し、自治体独自の情報を利用したAI「自治体独自AI」の実証実験を都城市で先行して開始しました。

このAIニュースのポイント:

  1. 「自治体AI zevo」は、ChatGPTをLGWAN環境で活用できるシステムであり、新機能「自治体独自AI」の実証実験が都城市で開始されました。
  2. 「自治体独自AI」では、自治体毎に独自の情報をChatGPTと連携するサーバーに登録し、その情報を基にした回答を生成するAIとして活用できます。
  3. この実証実験では、都城市の様々なマニュアル等を順次登録し、職員向けの統合FAQを構築することで、業務効率化が期待されています。

シフトプラス株式会社と宮崎県都城市は、ChatGPTを活用した「自治体AI zevo」を共同開発し、その新機能「自治体独自AI」の実証実験を都城市で開始しました。この「自治体独自AI」では、自治体ごとに独自の情報をChatGPTと連携するサーバーに登録し、その情報を基にした回答を生成するAIとして活用することが可能です。登録情報はChatGPT本体には学習されず、外部には出ません。

都城市では、様々な仕組みやシステムを運用する際のマニュアルを順次登録し、職員向けの統合FAQを構築することで、業務効率化を図ります。この実証実験は無償で実施され、関係課を絞った形でスタートしています。シフトプラスは、引き続き「都城市DXチャレンジプロジェクト」を通じて、都城市と協力し、自治体AI zevoの開発を進めていきます。また、「自治体独自AI」は、その自治体独自のAIを構築可能にし、例えば、職員のルールを学習させたAIや例規集を学習させたAIなど、その活用方法は多岐にわたります。

出典: PRtimes

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine