AI用語

パーセプトロンとは?仕組みなどをわかりやすく解説

パーセプトロンは、機械学習の初期に開発された線形分類器のアルゴリズムです。基本的には、入力データを二つのクラスに分類するためのもので、"perception"(知覚)を意味する英語から名付けられました。単純パーセプトロンは線形分離可能なデータのみを正確に分類できますが、非線形な関数を学習するための多層パーセプトロンも存在します。多層パーセプトロンは、中間層を持つことで非線形な関数も学習でき、現代の深層学習の基盤となっています。
AI用語

回帰機械学習とは?分類との違いなどをわかりやすく解説

回帰機械学習はデータの特徴から連続値を予測する手法で、分類とは異なります。代表的な方法として線形回帰や決定木があり、これらはデータの線形関係や木構造を利用して予測を行います。単回帰は一つの説明変数を、重回帰は複数の説明変数を使用して予測します。回帰機械学習の利点は、実際の数値予測が可能であり、特徴量の影響も解釈しやすいことです。
AI用語

Q学習とは?活用例などをわかりやすく解説

Q学習は強化学習の一手法で、エージェントが環境内での行動の価値をQ値として評価し学習します。QはQualityの略で、行動の質を示す値です。Q学習とSARSAの主な違いは、学習時の更新式にあり、Q学習は最適な行動を、SARSAは実際の行動を基に更新します。Q学習はゲームやロボティクスなどでの応用が多い。しかし、学習率や割引率などのパラメータ設定には注意が必要です。
AI用語

E資格とは?G検との違いやメリットをわかりやすく解説

E資格は日本ディープラーニング協会(JDLA)が認定するディープラーニングとデータサイエンスの資格です。この資格の難易度は中上級で、シラバスや過去問を参考に対策が必要です。E資格とG検定は、内容や対象者に違いがあり、E資格は実務の実装能力を、G検定は理論的知識を評価します。E資格を取得すると、専門的な知識の証明やキャリアアップのメリットがあります。
AI用語

Kaggleとは?コンペのメリットなどをわかりやすく解説

Kaggleはデータサイエンスのコンペティションを主催するプラットフォームで、多岐にわたる機能を提供しています。主要な機能として「Competition」と「Kernel」があり、これらを利用することでデータ分析のスキルを磨くことができます。Kaggleにはランクシステムがあり、その称号は転職や年収アップの際にも有利に働くことが期待されます。コンペに参加する方法はシンプルで、多くの学習リソースも提供されているため、データサイエンスの学習を進める上で非常に役立つプラットフォームです。
AI用語

PyTorchとは?仕組みや特徴をわかりやすく解説

PyTorchはFacebookが開発したディープラーニングフレームワークで、動的計算グラフとPythonライクな記述が特徴です。テンソルを中核とし、自動微分機能で効率的な学習が可能です。多くの研究者や開発者に支持されており、画像認識や自然言語処理などの分野で活用されています。しかし、商用利用や初心者にはややハードルが高い面もあります。
AI用語

アンサンブル学習とは?手法やデメリットをわかりやすく解説

アンサンブル学習は、複数の学習モデルを組み合わせることで、予測の精度を向上させる手法です。主な特徴は、モデルの多様性を活用して全体の性能を向上させること。主要な手法には、バギング、ブースティング、スタッキングがあり、それぞれ異なる特性を持つ。アンサンブル学習の利点は、高い予測精度と過学習の防止ですが、計算コストが高いというデメリットも存在します。
AI用語

有限オートマトンとは?種類と共にわかりやすく解説

有限オートマトンは計算理論の基本的な概念で、状態と遷移から成るモデルです。主要な種類として、決定性有限オートマトン、非決定性有限オートマトン、プッシュダウンオートマトンがあり、それぞれ異なる特性や用途を持ちます。これらの理論は、プログラミングや機械学習、資格試験などの分野での応用が期待されています。
AI用語

マーケット・バスケット分析とは?やり方や活用事例を分かりやすく解説

マーケット・バスケット分析は、顧客の購買履歴を基に商品間の関連性を調査する手法です。この分析は、特に小売業での商品配置やオンラインショップの商品推奨などに利用されます。データ収集からアソシエーションルールを用いた分析、そして戦略立案までのプロセスが重要です。実際の活用例として、スーパーマーケットでの商品配置の最適化やオンラインショップでのクロスセルの成功率向上などが挙げられます。
AI用語

IBM Watsonとは?活用事例と共に分かりやすく解説

IBM WatsonはIBMのAI駆動のクラウドサービスで、データ分析や自然言語処理を活用してビジネスや研究の支援を行っています。主な機能として、テキストを音声に変換するText to Speech、テキストから情報を抽出するNatural Language Understanding、チャットボット作成のWatson Assistantなどがあります。特に医療分野では早期診断の支援や個別化された治療の提案、金融分野ではリスク分析や顧客対応の最適化、小売業では顧客の購買傾向の分析や在庫管理、教育分野では個別指導のサポートや教材の最適化など、多岐にわたる業界での活用事例が存在します。
スポンサーリンク