Draw ThingsのiPhoneでの使い方・商用利用について解説!

サムネイル Draw Things AIツール

最近、話題になっている「画像生成AI」。

プロが描いたようなイラストや画像を見て、そのクオリティの高さや手軽さから「私もやってみたいな~」と思っていませんか?

そんな方におすすめなのが「Draw Things」というAI画像生成アプリです。

Draw Thingsは、誰でも簡単に高品質な画像を生成できることで注目されています。

この記事では、Draw Thingsの概要や使い方、商用利用する際の注意点などを徹底解説し、魅力を余すことなくお伝えします。

スポンサーリンク
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!

Draw Thingsとは

Draw Thingsは、画像生成AI「Stable Diffusion」をベースにしたAI画像生成アプリです。

Draw Thingsは、テキストの指示をもとに幅広いジャンルの画像を生成できることで、人気を博しています。

従来の画像生成AIには「環境設定が難しい」、「高性能なGPUを搭載したハードウェアが必要」など様々な課題がありました。

しかしDraw Thingsの登場により、完全無料で、誰でも簡単にAIで画像生成ができるようになりました。

そんな便利なDraw Thingsの特徴について、以下で解説します。

Draw Thingsが使える環境:iphoneやiPadでも使える?

Draw Thingsは、Apple製品で利用することが可能なアプリで、MacやiPad、iPhoneで利用できます

残念ながらWindowsは非対応です。

Apple製品に搭載されているM1・M2チップが、高速で複雑な画像処理を実現しています。

このチップのおかげで、Draw Thingsは外部GPUがなくても手軽に画像生成を楽しめるのです。

以下は、Draw Thingsの対応デバイス一覧です。

iPhoneiOS 15.4以降、およびA12 Bionicチップ以降を搭載したデバイス
iPadiPadOS 15.4以降、およびA12 Bionicチップ以降を搭載したデバイス
MacmacOS 12.4以降
Apple VisionvisionOS 1.0以降、およびA12 Bionicチップ以降を搭載したデバイス
Draw Thingsの対応デバイス一覧

Draw Thingsは日本語対応しているか

対応言語は「英語、中国語、スペイン語」の3か国語のみで、日本語には対応していません

今後のアップデートで日本語が追加されることを期待しましょう。

分からない言葉や単語があった際には、翻訳アプリなどを活用すると解決の糸口が見つかるでしょう。

またDraw Thingsのデフォルトの言語は、本体の設定画面から設定できます。

以下ではiPhoneを使った言語設定の手順を紹介します。

Draw Things 言語設定①Draw Thingsのアプリの設定に移動し、「言語」をタップします。
Draw Things 言語設定②好みの言語にチェックを入れると言語の設定が完了します。
Draw Thingsの言語の設定方法

Draw Thingsのメリット

Draw Thingsにはお勧めしたいポイントがたくさんあります。

ここでは、Draw Thingsを使うメリットを紹介します。

  • 面倒な環境設定が不要
  • 初心者でも利用しやすい
  • 無料で使える
  • オフラインで利用できる
  • 多機種で対応!iOSおよびmacOSで使用できる
  • 人気のあるモデルが使える
  • モデルやLoRAが追加可能でカスタマイズしやすい
  • アップデートされ続けている

Draw Thingsはインストールするだけで使用でき、会員登録や複雑な初期設定が不要なので手軽に始められます。

直感的な操作性なので、初心者でも簡単に画像を生成することが可能です。

さらに、無料でありながら、モデルやLoRAの追加、シード値やImg2Imgの調整など、高度な機能が豊富に備わっています

またオフライン利用が可能で、iPhoneのような身近な機種で利用できるため、場所やデバイスに依存することなく作業できます。

Draw Thingsにはすでに便利な機能が豊富にありますが、アップデートによって最新の機能が追加され、さらに便利になっていくことでしょう。

このように、Draw Thingsは無料でありながらも非常に強力な画像生成ツールです。

そのため初心者から商用利用するプロまで幅広い層の利用者に愛されています。

Stable Diffusionの画像生成を最速で学びたいあなたへ!
  • Stable Diffusionの基礎を2時間でマスター!
  • 高スペックPCがない方向けに徹底解説。
  • ControlNetなど、必須級の拡張機能も網羅。
  • 今話題のSDXL、AI動画生成も。
  • 特典として、大人気「おすすめ拡張機能・モデル解説」「プロンプト大全」つき!
\このボタン限定!70%オフキャンペーン実施中!/
70%オフキャンペーン実施中!/

Draw Thingsで使えるモデル一覧

Draw Thingsで使えるモデルは60種類以上あります!

多種多様なモデルが揃っており、目的に合った使い方がしやすいです。

また以下の記事では、Stable Diffusionで使われているオススメのモデルやモデルとは何かを丁寧に解説しているので、ぜひご覧ください。

ここでは、Draw Thingsで使えるモデルの一覧をご紹介します。

モデル名対応version
Generic HD (Stable Diffusion v2.0 768-v)Stable Diffusion v2
Generic (Stable Diffusion v1.4)Stable Diffusion v1
Generic (Stable Diffusion v1.5)Stable Diffusion v1
Inpainting (Stable Diffusion v1.5 Inpainting)Stable Diffusion v1
Generic (Stable Diffusion v2.0)Stable Diffusion v2
Inpainting (Stable Diffusion v2.0 Inpainting)Stable Diffusion v2
Depth (Stable Diffusion v2.0 Depth)Stable Diffusion v2
Generic (Stable Diffusion v2.1)Stable Diffusion v2
Generic HD (Stable Diffusion v2.1 768-v)Stable Diffusion v2
Multi-Language HD (Kandinsky v2.1)Kandinsky v2.1
SDXL Base (v1.0)Stable Diffusion XL Base
SDXL TurboStable Diffusion XL Base
LCM SDXL Base (v1.0)Stable Diffusion XL Base
SDXL Refiner (v1.0)Stable Diffusion XL Refiner
SDXL Base v1.0 (8-bit)Stable Diffusion XL Base
SDXL Refiner v1.0 (8-bit)Stable Diffusion XL Refiner
SDXL Turbo (8-bit)Stable Diffusion XL Base
LCM SDXL Base v1.0 (8-bit)Stable Diffusion XL Base
Fooocus Inpaint SDXL v2.6Stable Diffusion XL Base
Fooocus Inpaint SDXL v2.6 (8-bit)Stable Diffusion XL Base
Stable Video Diffusion l2V v1.0Stable Video Diffusion
Stable Video Diffusion l2V 1.0 (8-bit)Stable Video Diffusion
Stable Video Diffusion l2V XT v1.1Stable Video Diffusion
Stable Video Diffusion l2V XT 1.1 (8-bit)Stable Video Diffusion
SSD 1B (Segmind SDXL)Segmind Stable Diffusion XL 1B
LCM SSD 1B (Segmind SDXL)Segmind Stable Diffusion XL 1B
SSD 1B (8-bit)Segmind Stable Diffusion XL 1B
LCM SSD 1B (8-bit)Segmind Stable Diffusion XL 1B
Editing (Instruct Pix2Pix)Stable Diffusion v1
Anime (Waifu Diffusion v1.3)Stable Diffusion v1
Multi-Style (Nitro Diffusion v1)Stable Diffusion v1
Cyberpunk AnimeStable Diffusion v1
3D Model (Redshift v1)Stable Diffusion v1
3D Model 768 (Redshift 768)Stable Diffusion v2
Dungeons and Diffusion (30000)Stable Diffusion v1
Tron LegacyStable Diffusion v1
OpenjourneyStable Diffusion v1
Anime (Anything v3)Stable Diffusion v1
Classic Animation (v1)Stable Diffusion v1
Modern Disney (v1)Stable Diffusion v1
Arcane (v3)Stable Diffusion v1
Hassanblend (v1.5.1.2)Stable Diffusion v1
Van Gogh Style (Lvngvncnt v2)Stable Diffusion v1
Spider-Verse (v1)Stable Diffusion v1
Elden Ring (v3)Stable Diffusion v1
Paper Cut (v1)Stable Diffusion v1
VoxelArt (v1)Stable Diffusion v1
Balloon Art (v1)Stable Diffusion v1
F222Stable Diffusion v1
Super Mario Nation (v2)Stable Diffusion v1
Inkpunk (v2)Stable Diffusion v1
SamDoesArt (v3)Stable Diffusion v1
Ghibli (v1)Stable Diffusion v1
Analog (v1)Stable Diffusion v1
DnD Classes and SpeciesStable Diffusion v1
AloeVera’s SimpMaker 3K1Stable Diffusion v1
H&A’s 3DKX 1.1Stable Diffusion v1
seek.art MEGA (v1)Stable Diffusion v1
Deliberate v2.0 (8-bit)Stable Diffusion v1
Disney Pixar Cartoon Type B (8-bit)Stable Diffusion v1
Realistic Vision v3.0 (8-bit)Stable Diffusion v1
DreamShaper v6.31 (8-bit)Stable Diffusion v1
Draw Thingsで使えるモデル一覧
romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。

Draw ThingsのiPhoneでの使い方:実際に画像生成してみた

ここでは、Draw Thingsの導入から画像作成までの流れを紹介します。

以下では、iPhoneの画面で解説します。

Draw Things 基本の使い方1①AppleStoreでDraw Thingsのアプリをインストールします。
Wi-Fi環境でのインストールがおすすめです。
Draw Things 基本の使い方2②アプリを立ち上げ、モデルの選択をします。

私はGeneric (Stable Diffusion v1.5)を選択しました。「Generic~」は、色々なジャンルに対応しているベーシックなモデルです。
Draw Things 基本の使い方3③「Next」ボタンをクリックします。
Draw Things 基本の使い方4④「選択したモデルはネットワーク経由でダウンロードする必要があります。続行しますか?」
という警告文が表示されます。
Wi-Fiに接続していることを確認し「continue」ボタンをクリックしてください。
Draw Things 基本の使い方5⑤モデルのダウンロードをします。
モデルのダウンロードには15分ほどかかります。
Draw Things 基本の使い方6⑤ダウンロードしたモデルを使って画像生成します。
デフォルトで様々な設定がされているので、そのまま「Generate」ボタンを押してみるのもいいでしょう。
Draw Things 基本の使い方7こちらは、プロンプトを変更せずに「Generate」ボタンをクリックして生成された画像です。
Draw Thingsの基本的な使い方

プロンプト(呪文)を変える場合は以下の手順でします。

①プロンプト(呪文)を入力する
②「Generate」ボタンをクリックする

iPhone版アプリを使う場合の、プロンプトの入力方法を解説します。

Draw Things 基本の使い方8◇ポジティブプロンプトの入力◇
赤枠部分に、生成する画像に含めたい要素を入力します。
カンマと半角スペースで、単語や文章を区切ります。
Draw Things 基本の使い方9◇ネガティブプロンプトの入力◇
画面右端にある「 〉」をタップするとネガティブプロンプトの入力欄に切り替わります。
Draw Things 基本の使い方10「Enter negative promput…」と書かれた枠の中にネガティブプロンプトを入力します。
プロンプトの入力方法

プロンプトの内容が画像生成のポイントになりますが、初めは難しく思うかもしれません。

そのためプロンプトの紹介サイトを参考にしながら、徐々に使い方覚えていきましょう。

プロンプトの書き方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

また、生成画像のクオリティを高めるには、ネガティブプロンプトの設定が欠かせません

プロンプトが、画像に含めたい要素をAIに指示する役割を果たすのに対し、ネガティブプロンプトには除外したい要素を指定します。

ネガティブプロンプトの詳細について知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

これらの情報を踏まえた上で、まずはDraw Thingsの基本操作に慣れてみましょう。

プロンプトには日本語が使えないのでご注意ください。

Draw Thingsの使い方:モデルを使用して画像を生成してみた

Draw Thingsを使用する際、基本的かつ強力な機能の一つが「モデル」です。

モデルを用いることで、特定のスタイルやテーマに基づいた画像を生み出せます。

ここでは、実際にモデルを使用して画像を生成する方法を解説します。

モデルを使用して画像を生成する

モデルを活用する手順をご紹介します。

まずはDraw Thingsに搭載されている、既存のモデルを活用する方法をご紹介します。

Draw Things モデル1①画面左上のメニューをタップします。
Draw Things モデル2
Draw Things モデル3
②「Model」という欄にあるプルダウンをクリックし、目的に合ったモデルを選びます。
モデルごとに特徴が異なり、画像生成のイメージが変わります。
Draw Things モデル4③モデルをダウンロードします。
新しいモデルを選択すると、その都度ダウンロードされ、容量を逼迫する恐れがあります。
※一度ダウンロードしてしまえば、それ以降はいつでも利用可能です。
Draw Thingsの内部モデル活用法

さらにDraw Thingsは、外部からダウンロードしたモデルをインストールして使うことが可能です。

CivitaiというStable Diffusionのモデルを共有しているサイトから、無料でダウンロードできます。

今回は以下の記事を参考に、アニメ系美少女のAI画像を生成する際に使われるモデル「Counterfeit-V3.0」を活用して画像を生成します。

それでは、Draw Thingsの外部モデルを活用する方法をご紹介します。

Draw Things 外部モデル1①モデル欄の「Manage」をクリックします。
Draw Things 外部モデル2②モデルをインポートする
◇フォルダでモデルを追加する場合◇
❶「Exteral Model Folder」のプルダウンを選択します。
❷「Select a Folder」をクリックし、自身のフォルダから追加します。
Draw Things 外部モデル3◇Civitaiのモデルを追加する場合◇
❶赤枠部分のimportアイコンをクリックします。
Draw Things 外部モデル4❷Download File欄のプルダウンをタップし、「Enter URL…」を選択します。
Draw Things 外部モデル5❸「Please Enter URL」というポップアップが表示されるので、空欄にURL(Civitaiのモデルの保存先)を貼り付けて「Continue」をクリックします。
するとダウンロードが開始されます。
Draw Things 外部モデル6❹「Import Custome Model」ボタンをクリックし、対象のモデルをインポートします。
Draw Things 外部モデル7❺インポート完了後、「容量を空けるためにダウンロードしたモデルを削除しますか?」と確認されます。
問題なければ「Yes」を押してください。
Draw Things 外部モデル8③設定画面に戻り、Modelの欄を見て「Counterfeit-V3.0」が選択されていることを確認します。
Draw Thingsの外部モデル活用法

上記の通り、外部モデルを使えるように設定した後、以下のプロンプトを入力しました。

プロンプト

4k Fantasy-like illustration, anime-style beautiful girl, wearing a yukata, vibrant colors, detailed texture, cheerful expression, standing in a fantasy garden, high-quality illustration, elegant posture, soft lighting, detailed background, sakura petals, serene atmosphere, vivid and bright, detailed facial features, flowing hair, traditional Japanese yukata with modern twist, magical ambiance, in the style of popular anime illustrators

ネガティブプロンプト

Easy Negative

このプロンプトで生成された画像がこちらです。

Draw Things 外部モデル9

このようにして、モデルを活用して画像生成できます。

モデルをダウンロードする際は利用規約を読み、著作権の違反にならないか確認しましょう。

LoRAを使用して画像を生成する

LoRA(Low-Rank Adaptation)は、モデルに追加学習を行わせて、モデルの性能を向上させる手法です。

従来の追加学習では、膨大の計算量をこなす必要がありコストがかかりましたが、LoRAは効率的に追加学習を行えます。

ここではLoRAを活用する手順を紹介します。

Draw Things LoRA1①LoRA欄のプルダウンをタップします。
②好みのLoRAをインストールします。
Draw Things LoRA2③インストール完了後、LoRAが適切に設定されていることを確認します。
④Weightを調整すると、LoRAの適用度合いが変化します。
Draw Thingsの内部LoRA活用法

LoRAにおいても、外部からダウンロードしたデータの活用が可能です。

モデルのインポート方法と同様で、LoRA欄のプルダウンを選択し、「Manage」をクリックする。→ importアイコンをクリックしてインストールするとできます。

Img2Imgを使用して画像を生成する

Draw Thingsでは、Img2Img機能を利用して、既存の画像をもとに新しい画像を生成できます。

この機能は、「画像+テキスト」のプロンプトを使用し、元の画像に追加したい要素や変更点をテキストで指示することが可能です。

プロンプトの知識が浅くても、基本となる画像があれば、完成度の高い画像を生成することができます。

それでは、Img2Imgの使い方を紹介します。

Draw Things Img2Img1①画像とプロンプトを挿入する。
画像は、画面右下のカメラマークから挿入可能です。
Draw Things Img2Img2②メニュー内にある「Strength」の設定を変更します。
赤枠部分の「写真マーク」のタブを選択し、テキストと画像の指示の優先度を調整します。
数字が大きいほど、画像よりテキストの指示が優先されます。
Draw Things Img2Img3③「Generate」ボタンをクリックし、画像を生成します。
今回はテキストと画像の指示の強度を50%ずつに設定しましたが、微調整を繰り返し、いい塩梅を見つけてください。
Img2Imgの活用手順

モデルやLoRA、Img2Imgを利用した画像生成の手順をお伝えしました。

機能を知れば、あなたの想定通りの画像を生成できるようになるでしょう。

Draw Thingsで生成した画像の商用利用について

Draw Thingsで生成した画像は商用利用が可能です。

商用利用する場合は、著作権や肖像権の侵害に注意し、リスクを避ける必要があります。

商用利用時には、以下の2点に留意してください。

使用モデルのライセンス確認

Draw Thingsで生成した画像は、使用しているモデルによって商用利用の可否が異なります。

オープンソースで提供されているモデルは比較的自由度が高いですが、一部のモデルは、利用条件よっては商用利用が制限されます。

例えば、特定のアーティストによる作品を模倣するモデルは、著作権の問題が絡むため商用利用に制限がある場合があります。

商用利用が許可されているか、使用するモデルの利用規約を確認してください。

著作権の尊重

画像に有名人や特定のブランドが含まれる場合、著作権や肖像権を侵害していないか慎重に検討しましょう。

また、既存の画像をもとに生成する「Img2Img」を利用する際は、既存の画像が著作権を持っていないか、商用利用を許可しているのか確認する必要があります。

他者の著作物に「依拠性」や「類似性」が認められれば著作権の侵害になります。

著作権の侵害が懸念される場合には、著作者への許可を申請しましょう。

Draw Thingsの使い方まとめ

この記事では、Draw Thingsの特徴や画像生成の手順、そして商用利用する際の注意点についてご紹介しました。

この記事をまとめると

  • Draw Thingsは、画像生成AI「Stable Diffusion」をベースにしたAI画像生成アプリ
  • Draw Thingsは初心者でも利用しやすく、無料とは思えないほど豊富な機能で、幅広い層から活用されている
  • 「モデル」、「LoRA」、「Img2Img」を活用した画像生成の手順
  • 生成した画像を商用利用する場合は、利用条件を確認し、商用利用可能なモデルであること調査する必要がある

でした。

AI画像生成アプリ「Draw Things」を使うことで、誰でも手軽に、本格的に画像生成を楽しめます。

便利なアプリなので、ぜひ活用してみてください!

また、RomptnではAIに関する記事を多く掲載していますので、他の記事もぜひご覧ください。

romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。
romptn Q&Aで質問してみませんか?
romptn Q&Aは、AIに関する質問プラットフォームです。
  • ChatGPTで〇〇を効率化したい
  • スライドを作るならどのAIツールがおすすめ?
  • おすすめのGPTsが知りたい
といったことはありませんか?
同じ悩みを解決した人がいるかもしれません。ぜひ質問してみてください!