GPT(ChatGPT以外の生成AI含む)活用に関する意識調査結果が発表

AIニュース

株式会社アドバンスト・メディアは、生成AIの活用に関する意識調査を実施し、公務員と民間企業における活用状況やセキュリティに関する懸念を報告しました。

このAIニュースのポイント:

  1. 回答者の22.4%が所属部署でGPT(ChatGPT以外を含む生成AI)を導入しており、公務員の42.5%と民間企業の32.3%がガイドライン策定なしで活用しています​​​​。
  2. 最も多くの回答者が「業務効率化」を理由にGPTを活用したいと答え、一方で「セキュリティの安全性」や「情報の正確性」への懸念が66.0%に上ります​​​​​​。
  3. 85.5%の回答者がGPTとAI音声認識の併用で「より便利になる」と考えており、特に「会議の議事録作成と要約」への期待が67.6%と最も高いです​​​​。

株式会社アドバンスト・メディアが実施した調査によると、22.4%の回答者が所属部署でGPT(ChatGPT以外を含む生成AI)を導入しています。公務員と民間企業では、それぞれ42.5%と32.3%がガイドライン策定なしでGPTを活用しており、「業務効率化」がその主な理由です。

しかし、同時に66.0%の回答者が「セキュリティなどの安全性」や「情報の正確性」を懸念しています。また、85.5%がGPTとAI音声認識の併用で「より便利になる」と考えており、特に「会議の議事録作成と要約」への期待が高いことが明らかになりました​​​​​​​​​​​​​​​​​​。

出典: PRTimes

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine