20代の就活におけるAIツール利用の実態と意識

AIニュース

株式会社UZUZは20代を対象に行った就職・転職活動における生成AIツール利用に関する意識調査の結果を発表しました。

このAIニュースのポイント:

  1. 新卒の3割以上が就活でChat GPTなどのAIツールを「かなり/たまに利用している」と回答。
  2. 利用者は「文章作成、添削」や「自己分析のサポート」などにAIを活用しており、時短や孤独感の軽減に寄与している。
  3. AIツールの使い方が分からない、どの場面で使えるか不明瞭などの理由で利用していない人も多い。

株式会社UZUZは、20代の若者を対象に就職・転職活動における生成AIツールの利用状況に関する調査を行いました。調査結果によると、新卒者の3割以上がAIツールを利用しており、主に文章作成や自己分析のサポートに活用されています。

利用者からは「時短になる」「言語化や要点のまとめに便利」といったポジティブな意見が寄せられている一方で、「参考程度である」「指示出しにコツが必要」といった意見もあります。AIツールを利用していない理由としては、「使い方が分からない」「どの場面で使えるか分からない」といった回答が多く見られました。また、就活における苦労や希望する就職条件についても言及されています。

出典: PRTimes

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine