ビール業界におけるAI・ChatGPTの活用事例を紹介!AI導入のメリット・デメリットも詳しく解説

AI×業界

近年、AI(人工知能)技術の急速な進歩により、様々な業界でAIの活用が広がっています。ビール業界もその例外ではなく、AIやChatGPTを導入することで、従来の業務プロセスを大きく変革しつつあります。

特に注目を集めているのが、AIを活用したマーケティングやプロモーション分野での取り組みです。ビールメーカー各社は、AIを駆使して消費者の嗜好や行動パターンを分析し、より効果的なターゲティング広告を展開しています。また、ChatGPTを活用することで、SNS上での顧客とのコミュニケーションを自動化し、迅速かつ的確な対応を実現しています。

本記事では、ビール業界におけるAIやChatGPTの具体的な活用事例を紹介すると共に、AI導入によるメリットとデメリットについても詳しく解説していきます。AIがビール業界にもたらす変革と可能性について、ぜひご一読ください。

本記事は、2024年4月時点での情報となります。

スポンサーリンク

現状のビール業界の課題とは?

現状のビール業界の課題には、以下のようなものがあります。

課題①:若者の酒離れ

近年、健康志向の高まりや嗜好の多様化により、特に若年層におけるビール消費量が減少傾向にあります。ビールメーカーは、若者の興味を惹きつけ、新たな顧客層を開拓していく必要に迫られています。

課題②:競合他社との激しい競争

ビール市場では、大手メーカーだけでなく、クラフトビールやローカルブランドとの競争も激化しています。各社は、独自の味や製法、ストーリー性などを打ち出し、差別化を図る必要があります。

課題③:原材料コストの上昇

ビールの主要原材料である大麦やホップの価格は、天候不順や為替変動の影響を受けやすく、安定的な調達が課題となっています。コスト増加分を製品価格に転嫁しづらい状況下で、利益率の維持が難しくなっています。

課題④:海外市場への展開

国内市場の成熟化に伴い、ビールメーカー各社は海外市場への進出を積極的に行っています。しかし、現地の嗜好や文化、規制への対応など、海外展開には多くの課題が伴います

課題⑤:環境問題への対応

プラスチック廃棄物問題や気候変動への対応など、企業の環境責任が問われる中、ビールメーカーも例外ではありません。環境に配慮した容器の開発、CO2排出量の削減、水資源の有効活用など、サステナビリティへの取り組みが求められています。

これらの課題に対し、ビールメーカー各社は、AIやIoTを活用した製造工程の効率化、ビッグデータ解析によるマーケティング戦略の精緻化、新商品開発や海外展開の強化などに取り組んでいます。

ビール業界でAI・ChatGPTを活用するメリットとは?

ビール業界でAIやChatGPTのような技術を活用することには、多くのメリットがあります。以下にその主な利点を5つ紹介します。

メリット①:マーケティングの高度化ができる

AIを活用することで、膨大な顧客データを分析し、消費者の嗜好や行動パターンを詳細に把握することができます。これにより、より的確なターゲティング広告の配信や、パーソナライズされたキャンペーンの実施が可能となります。

また、ChatGPTを用いて、SNS上での顧客とのコミュニケーションを自動化し、リアルタイムでの対応や情報発信を行うことで、顧客エンゲージメントの向上が期待できます。

メリット②:製品開発の効率化ができる

AIを用いて、市場トレンドや顧客の嗜好変化を分析することで、新商品開発のヒントを得ることができます。また、原材料の組み合わせや製造工程をシミュレーションすることで、製品の品質を予測し、開発期間の短縮化や、コスト削減が可能となります。

さらに、ChatGPTを活用して、新商品のネーミングやパッケージデザインのアイデア出しを行うことで、創造性の向上にも寄与します。

メリット③:需要予測の精度向上

AIを用いて、過去の販売実績や天候、イベント情報などの様々なデータを分析することで、より正確な需要予測が可能となります。これにより、適切な生産量の調整や、在庫管理の最適化が実現し、機会損失の削減やコスト削減につながります。

メリット④:製造工程の効率化ができる

AIやIoTを活用することで、製造ラインの状況をリアルタイムで監視し、異常の早期発見や予防保全を行うことができます。

また、ビッグデータ解析により、ボトルネックの特定や工程の改善点を見出すことで、生産性の向上や品質管理の強化が期待できます。

メリット⑤:物流の最適化

AIを用いて、在庫状況や輸送ルート、交通状況などのデータを分析することで、最適な配送計画の立案が可能となります。これにより、配送コストの削減や、リードタイムの短縮化が実現し、顧客満足度の向上にもつながります。

また、ChatGPTを活用して、物流拠点での業務手順の自動化や、ドライバーとのコミュニケーション支援を行うことで、業務効率の改善が期待できます。

ビール業界でAIを導入するデメリットや注意点

ビール業界でAIを導入する際には、多くのメリットが期待される一方で、いくつかのデメリットや注意点も存在します。

デメリット・注意点①:高額な初期投資と運用コストがかかる

AIシステムの導入には、ハードウェアやソフトウェアの購入、インフラ整備、専門人材の確保など、多額の初期投資が必要となります。

また、システムの維持・更新にも継続的なコストがかかります。AI導入による効果が明確に見込めない場合、投資回収が難しくなる可能性があります。

さらに、AIシステムの運用には、高度な知識と技術を持った人材が不可欠ですが、そのような人材の確保や育成にも費用と時間がかかります

デメリット・注意点②:データの質と量の確保が必要

AIシステムの性能は、学習に用いるデータの質と量に大きく依存します。ビール業界で有効なAIシステムを構築するためには、販売実績や顧客情報、生産データなど、膨大かつ高品質なデータの収集と整備が必要不可欠です。

しかし、データの収集・管理には、セキュリティ対策や個人情報保護への配慮が求められ、コンプライアンス上の課題もあります。また、データの偏りや欠損、ノイズは、AIシステムの判断を歪める恐れがあるため、データのクレンジングや前処理にも注意が必要です。

デメリット・注意点③:AIへの過度な依存とブラックボックス化の危険性

AIシステムの判断根拠が不透明であるという「ブラックボックス問題」は、AIを導入する上での大きな課題の一つです。AIの予測や意思決定プロセスが説明できない場合、結果の妥当性を検証することが難しくなります。特に、製品の品質管理や安全性に関わる領域では、AIの判断を鵜呑みにすることは危険です。

また、AIへの過度な依存は、人間の判断力や創造性の低下を招く恐れがあります。AIはあくまでも人間の意思決定を支援するツールであり、最終的な判断は人間が下すべきです。AIの活用範囲を明確にし、人間とAIの役割分担を適切に設計することが重要です。

ビール業界での具体的なAI・ChatGPTの活用方法

ビール業界では、AIやChatGPTのような技術を多様な方法で活用することができます。

活用例①:AIを活用した新商品開発

AIを用いて、消費者の嗜好や市場トレンドを分析し、新商品のコンセプト開発に活かすことができます。例えば、ビールのフレーバーや原材料の組み合わせを、AIが提案することで、独創的かつ消費者ニーズに合致した新商品の開発が可能となります。

また、ChatGPTを活用して、新商品のネーミングやキャッチコピー、パッケージデザインのアイデア出しを行うことで、創造性の高い商品開発につなげることができます。

活用例②:ChatGPTを活用した顧客対応の自動化

 SNSやWebサイト上での顧客とのコミュニケーションにChatGPTを活用することで、対応の自動化と効率化が図れます。例えば、商品の情報提供や、よくある質問への回答、キャンペーン情報の発信などを、ChatGPTが24時間365日対応することで、顧客の利便性向上と、人的コストの削減が可能となります。

また、ChatGPTとの対話データを分析することで、顧客ニーズの把握や、サービス改善のヒントを得ることもできます。

活用例③:AIを活用したパーソナライズド・マーケティング

AIを用いて、顧客の購買履歴や嗜好データを分析し、一人ひとりに最適化された商品レコメンドやプロモーション施策を展開することができます。例えば、ECサイトでの商品表示の最適化や、メールマガジンでのパーソナライズされたクーポンの配信などが考えられます。

また、ChatGPTを活用して、顧客との対話の中で、嗜好に合わせた商品提案を行うことで、よりきめ細やかなマーケティングが可能となります。

活用例④:製造工程へのAI導入

ビールの製造工程に、AIやIoTを導入することで、品質管理の強化や、生産性の向上が期待できます。例えば、原材料の投入量や温度、発酵時間などの製造条件を、AIが最適化することで、品質のばらつきを抑え、歩留まりを改善することができます。

また、製造ラインの稼働状況をAIが監視し、異常の早期発見や予防保全を行うことで、突発的な設備トラブルを未然に防ぐことも可能となります。

活用例⑤:需要予測の高度化

AIを活用して、販売実績データや天候、イベント情報などを分析することで、より精緻な需要予測が可能となります。例えば、季節や曜日、地域ごとの需要変動を考慮し、適切な生産量や在庫量を算出することで、機会損失の削減や、在庫コストの最適化が実現します。

また、需要予測の結果をChatGPTに連携させることで、営業担当者との対話の中で、適切な販売戦略の立案や、小売店への提案などに活用することもできます。

ビール業界でのAI活用の導入事例5選!

以下でビール業界で活用されているAIを紹介していきます。

導入事例①:生成AIをマーケティングに実装(キリンホールディングス株式会社)

引用:キリンホールディングス株式会社
導入企業名キリンホールディングス株式会社
事業内容グループの経営戦略策定及び経営管理
従業員数30,183名
AI導入前の課題・需要予測の精度向上
・販促施策の効果測定
AI導入成果・需要予測の精度向上
・販促施策の効果測定
参考:キリンホールディングス株式会社

キリンホールディングス株式会社は、グループ会社のキリンビール株式会社が販売するRTD商品の新商品開発において、生成AIを活用したAIペルソナの導入を開始しました。

  • 従来の新商品開発では、お客様へのインタビュー調査に多くの時間を要していましたが、AIペルソナを活用することで、顧客インサイトの抽出を効率化し、商品開発期間の短縮を目指します。
  • 具体的には、インタビュー調査で得たお客様の声をもとに、「キリン 氷結®」ユーザーのAIペルソナを構築。商品コンセプトやフレーバーに関する質問をAIペルソナに投げかけることで、顧客理解を深め、新商品開発に役立てる方針です。
  • キリングループでは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」の中で、ICTを活用した価値創造の加速を掲げています。今回のAIペルソナ導入もその一環であり、デジタル技術を活用したイノベーティブな商品開発手法により、お客様理解の質の向上とスピーディな商品開発の両立を目指します。

同社は今後も、グループ全体でのDX推進により、「食と健康」の分野で新たな価値を生み出し、こころ豊かな社会の実現に貢献していく考えです。

導入事例②:AI社内情報検索システム(アサヒビール株式会社)

引用:アサヒビール株式会社
導入企業名アサヒビール株式会社
事業内容ビール類、ビール類以外の酒類(洋酒、RTD、ワイン、焼酎)及びアルコールテイスト飲料を製造・販売
従業員数6,996名
AI導入前の課題・販売予測の精度向上による在庫最適化
・製造工程における品質管理の強化
AI導入成果・販売予測精度が向上し、在庫削減と欠品防止を実現
・製造工程のデータ分析により、品質管理の自動化と安定供給を達成
参考:アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社は、株式会社丹青社と連携し、日本マイクロソフト株式会社のAzure OpenAI Serviceを活用した社内情報検索システムの試験導入を開始しました。

  • 丹青社が開発した「saguroot」をベースとしており、社内の膨大な資料やデータをファイル名だけでなく、内容や画像も含めて検索可能です。さらに、生成AIを活用することで、検索結果に資料の要約も表示されるため、目的に合った資料かどうかを一目で判断できます。
  • 今回の社内情報検索システムの試験導入は、R&D部門の社員を対象に開始され、将来的にはグループ全体に展開することで、技術情報の集約・整理と効率的な取得を目指します。これにより、グループの知見を生かした商品開発の強化や業務効率化につなげていく方針です。

アサヒグループでは、中期経営方針の一つとして「DX=BX(ビジネス・トランスフォーメーション)」を掲げ、プロセス、組織、ビジネスモデルの3つの領域でイノベーションを推進しています。その一環として、アサヒグループジャパンでは『ジェネレーティブAI「やってTRY」プロジェクト』を発足し、生成AIの活用知見を蓄積しています。

アサヒビールは今後、全社員の業務効率化を目指して、様々なシステムへの生成AIの導入を検討していく予定です。

導入事例③:ビール醸造にAI導入(キリンホールディングス株式会社)

引用:ITmedia NEWS
導入企業名キリンホールディングス株式会社
事業内容グループの経営戦略策定及び経営管理
従業員数30,183名
AI導入前の課題・需要予測の精度向上
・販促施策の効果測定
AI導入成果・需要予測の精度向上
・販促施策の効果測定
参考:キリンホールディングス株式会社

キリンビールは、NTTデータとの共同開発により、ビール醸造の仕込と発酵工程を効率化するAIシステムを全9工場で試験導入しました。

  • 担当者の指示と製造計画データを入力することで、必要仕込量や発酵タンクのスケジュールをシミュレーションします。2019年から導入済みのろ過工程を担当するAIと併せて、醸造の全行程にAIが関与するようになります。
  • 仕込・酵母計画業務は複雑で技術伝承が難しい業務ですが、熟練者の知見を標準化することで属人化を解消し、年間1000時間以上の時間削減を目指します。ろ過計画業務のAIと合わせると、年間4000時間の削減が見込まれます
  • 開発には、ろ過計画業務のAIの1億6000万円に加え、追加で1億7000万円を投じました。

削減された時間は、品質向上や若手育成など、人にしかできない価値創造に充てられます。キリンビールは、AIの活用により、業務効率化と人的リソースの最適配分を実現し、ビール醸造のさらなる高度化を目指します。

導入事例④:生成AIで業務工数を削減(サッポロホールディングス株式会社)

引用:サッポロホールディングス株式会社
導入企業名サッポロホールディングス株式会社
事業内容酒類、食品飲料、不動産
従業員数6,610名
AI導入前の課題・日常業務における工数の削減と生産性の向上
・業務プロセスの改善と創造性の向上
AI導入成果・独自開発したプロンプト集の活用により、年間約10,000時間の工数削減を見込む
・対象部門・業務の拡大により、業務プロセスの改善や創造性の向上などのさらなる効果創出を目指す
参考:サッポロホールディングス株式会社

サッポロホールディングス株式会社は、株式会社Exa Enterprise AIが提供する「exaBase 生成 AI」を、グループ内の企画・管理系部門を中心とした約700名に試験導入します。

「exaBase 生成 AI」は、Microsoft社のGPTモデルを利用したSaaSサービスです。インプットデータが学習に利用されず、入力ログ等を確認できる管理ダッシュボードを持つことから、同サービスが採用されました。

  • この試験導入では、日常業務の品質と生産性の向上を目指しています。利用者へのプロンプト集提供と推進人財の育成により、「exaBase 生成 AI」の活用定着を図ります。プロンプト集は、サッポログループのシステムや業務に合わせて独自開発され、稟議文書の作成や校正などに対応し、年間約10,000時間の工数削減を見込んでいます。
  • 試験導入の結果を検証し、対象部門・業務の拡大を行うことで、業務プロセスの改善や創造性の向上などのさらなる効果創出も目指します。

サッポログループでは、中期経営計画(2023~2026)において、「DX」を重点活動の1つに位置付けています。デジタル技術の活用による業務変革への取り組みを推進し、消費者と企業の価値最大化を目指します。

導入事例⑤:AI需要予測システム(サッポロホールディングス株式会社)

引用:IT Leaders
導入企業名サッポロホールディングス株式会社
事業内容酒類、食品飲料、不動産
従業員数6,610名
AI導入前の課題・日常業務における工数の削減と生産性の向上
・業務プロセスの改善と創造性の向上
AI導入成果・独自開発したプロンプト集の活用により、年間約10,000時間の工数削減を見込む
・対象部門・業務の拡大により、業務プロセスの改善や創造性の向上などのさらなる効果創出を目指す
参考:サッポロホールディングス株式会社

サッポロビールは、2023年7月1日より、ビールやRTDの出荷における「AI需要予測システム」を本稼働させました。これまで、サプライチェーン担当者が手作業で行っていた需要予測をAIが補佐することで、予測精度の向上と業務の効率化を図ります。

  • 商品発売の約16週間前から需要予測を開始し、その後も受注状況や販売状況を反映しながら出荷量を予測してきました。しかし、この業務は担当者の経験に大きく依存するため、属人化しやすく、技能伝承にも課題がありました。
  • そこで、2022年10月からデータ分析やAIモデルの作成に着手し、約40アイテムでAIの機能を検証しました。検証の結果、AIの学習を重ねることで、人だけの予測精度よりも約20%の精度向上を達成しました。
  • 短期間で高精度の予測モデルを構築するため、AIモデルの自動作成ツール「DataRobot」を採用し、日鉄ソリューションズが約6カ月でシステムを立ち上げました。

この取り組みは、AIに需要予測を任せるのではなく、AIを育成・運用することで、予測ノウハウを組織知として蓄積・継承しながら業務を高度化することを目的としています。

需給管理業務の高度化は、サプライチェーン全体の計画・実行業務の高度化、データ主導型の意思決定、在庫やコスト構造の最適化に大きく貢献すると期待されています。

まとめ

AIやChatGPTの活用は、ビール業界における新商品開発、マーケティング、製造、需要予測など様々な領域で業務効率化と高度化を実現しつつあります。

一方で、高額な初期投資や運用コスト、データ管理、倫理的課題など、導入にあたっての注意点も存在します。

ビール業界がAIの力を適切に取り入れながら、人間の創造性と協働していくことで、業界全体の発展と企業価値の向上が期待されるでしょう。

AI×業界
スポンサーリンク
romptn Magazine