Stable Diffusionで崩れた手・指を修正する方法!綺麗に生成する呪文(プロンプト)も

Stable Diffusion

Stable Diffusionで画像を生成する際に、手や指が崩れてしまう現象に困っている方も多いのではないでしょうか?

画像生成AIにとって最大の弱みの1つとして知られているほど多くの方を悩ます原因となっていますが、解決策もたくさんあるのでご安心ください!

今回は、Stable Diffusionで綺麗な手や指を生成するコツや修正方法、呪文(プロンプト)をご紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

手や指が綺麗に生成されている美少女イラストの例

まずはじめに、本記事で紹介する方法でStable Diffusionを使って生成した手や指が綺麗な美少女イラストを載せていきます。

使用したモデルは、MeinaMIXです。

どの画像も正確に手や指が生成されていますね。ただし、これらは1度で生成出来たわけではなく、対策を講じても生成がうまくいく確率は低いので、運要素や試行錯誤が大事になってきます

Stable Diffusionの画像生成を最速で学びたいあなたへ!
  • Stable Diffusionの基礎を2時間でマスター!
  • 高スペックPCがない方向けに徹底解説。
  • ControlNetなど、必須級の拡張機能も網羅。
  • 今話題のSDXL、AI動画生成も。
  • 特典として、大人気「おすすめ拡張機能・モデル解説」「プロンプト大全」つき!
\このボタン限定!70%オフキャンペーン実施中!/
70%オフキャンペーン実施中!/

Stable Diffusionで手や指を綺麗に生成するコツ

Stable Diffusionで手や指を綺麗に生成するコツを、4つほど詳しく解説していきます!

①ネガティブプロンプトを工夫する

②手や指に強いモデルを使用する

③拡張機能ツール『Depth map library and poser』を使用する

④手や指を調整・修正する“embedding”機能を使用する

下準備として、Stable Diffusionを立ち上げることが必要です。Stable Diffusionの立ち上げ方や使い方については、以下の記事を参考にしてください。

コツ①:ネガティブプロンプトを工夫する

ネガティブプロンプトとは、Stable Diffusionに“画像を生成する際に除外したい要素”を指示させるものです。

呪文(プロンプト)とネガティブプロンプトどちらにも指示を入力することで、正確度が上がりクオリティの高い作品を生み出すことができます。

例えば、

bad fingers, bad hands, missing fingers

このようなネガティブプロンプトが有効です。

ネガティブプロンプトには、指・手・顔・体・腕などボディーパーツのエラーを防ぐものが沢山あります。以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください!

コツ②:手や指に強いモデルを使用する

現在、実写系やアニメ系のモデルにおいて、手や指の描写に強いモデルが増えつつあります。「これを使えば絶対に手や指が崩れない!」というようなモデルはまだ実装されていませんが、特に最近のモデルはどれを使ってもあまりひどくはならない印象です。

ただ、手や指を完璧に正確に生成できるモデルというのはなかなかありませんし、指や手に強いモデルを使用するというだけでは手や指が崩れない保証は全くありません。ですので、今回ご紹介しているような他の方法と併用することが必要不可欠です。

※「モデル」についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

コツ③:拡張機能ツール『Depth map library and poser』を使用する

Depth map library and poser』は、ControlNetの“Depth”モデルの手の画像がたくさん準備されているという拡張機能ツールになります。

しかし、以下のようなデメリットも持ち合わせているので、うまく使い分けることが重要です。

  • 時間がかかるため効率が悪い
  • 全体の雰囲気がやや崩れてしまう可能性がある
  • 手や指のポーズや形によっては、成功しない場合もある

『Depth map library and poser』の導入方法や使い方については、以下の記事で詳しく解説しています!

コツ④:手や指を調整・修正する“embedding”機能を使用する

embedding”というツールは、画像描写の細かい調整を行うためのモデルのことです。ネガティブプロンプトに『embedding』と入力することで使うことができます。

手や指を改善する“embedding”にはいくつかの種類がありますが、

の2つが主に使われています。ほかにも「bad_prompt_Version2」や「EasyNegativeV2」などいろいろな機能があります。リンク先からダウンロードできますので、まだお持ちでない方は是非ダウンロードしてみてください!

こちらの方法は、簡単に使うことができる反面、効果が薄い場合もありますので、今回ご紹介しているような他の方法と併用することが必要不可欠です。

※拡張機能『EasyNegative』の”embedding”の使い方については、以下の記事で詳しく解説しています!

romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。

Stable Diffusionで手や指を修正するツール『Inpaint』

Stable Diffusionで画像生成をしたときに、「手や指が崩れてしまったけどほかの部分は変えたくない!手・指だけ修正したい!」というときには『Inpaint』というツールを使うのが便利です!

『Inpaint』はStable Diffusionにデフォルトで内蔵されている機能なので、インストールする必要がなく、簡単に使うことができます!

では実際に修正しながら、使い方を説明していきます。

『Inpaint』の使い方

『Inpaint』で手や指を修正する方法は、以下の画像の手順でおこなっていってください。

①Stable Diffusionの“img2img”をタブを開く

②『Inpaint』を開く

③治したい部分を黒塗りし、呪文(プロンプト)に直したい単語を入力し生成開始

こんな感じで、綺麗に修正することができました!

簡単に手や指を修正できるので、『Inpaint』を活用していきましょう!

※『Inpaint』の詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてください。

手や指を崩れないように生成するプロンプト集

最後に、手や指を崩れないように生成できるような呪文(プロンプト)をまとめました。

呪文(プロンプト)意味
beautiful fingers綺麗な指
beautiful hands綺麗な手
fingertip指先
nail
arms behind back腕(手や指)を隠す

ネガティブプロンプトは以下になります。

ネガティブプロンプト意味
extra hands/extra fingers手・指が多い
bad hands/bad fingers悪い手・指
extra arms腕が多い
missing fingers/missing hands手や指が少ない

手・指に関する呪文(プロンプト)

最後に、おまけ程度ではありますが手・指に関する呪文(プロンプト)をいくつかまとめました。

呪文(プロンプト)意味
hold hands手を握る
put one’s hand forward手を前に出す
point fingers指をさす
handcuffs手錠
join hands手を合わせる
open one’s hand手を広げる

手や指を崩さずに生成するために、呪文(プロンプト)・ネガティブプロンプトも重要な要素となってくるので是非参考にしてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Stable Diffusionで綺麗な手や指を生成するコツや修正方法などについて詳しく解説してきました!

今回のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • Stable Diffusionで手や指を綺麗に生成するコツ
    • ネガティブプロンプトを工夫する
    • 手や指に強いモデルを使用する
    • 拡張機能ツール『Depth map library and poser』を使用する
    • 手や指用の“embedding”を使用する
  • Stable Diffusionで手や指を修正するには、『Inpaint』が便利

以上のポイントを意識しながら、Stable Diffusionで手や指などの細部まで丁寧でこだわった画像生成を楽しんでください!

romptn Q&Aで画像生成の悩みを解決しよう!
  • Stable Diffusionのエラーが解決しない
  • 画像生成がうまくできない
  • おすすめのモデルが知りたい
など、AIに関するお悩みがあれば投稿してみてください。
詳しい人が解決してくれるかもしれません。