AI用語

クラスタリングとは?事例と共に分かりやすく解説

クラスタリングはデータを似た特性を持つグループに分ける手法で、事前のクラスタ定義が不要という特徴を持っています。この方法とは対照的に、分類は事前に定義されたクラスにデータを分ける方法を採用します。非階層的クラスタリングでは一度にデータをクラスタに分けることが特徴で、k-means法が特に知られています。一方、階層的クラスタリングはデータを階層的にグループ化し、さまざまな手法が存在します。データの前処理やクラスタ数の選定はクラスタリングの成功にとって非常に重要です。クラスタリングはデータ解析における強力なツールとして認識されています。
AI用語

自然言語処理とは?活用事例と共に分かりやすく解説

自然言語処理(NLP)は現代のテクノロジーにおいて急速に進化し、多岐にわたる分野で利用されています。主な活用事例として、英語教育のサポート、チャットボットを利用したカスタマーサポート、技術情報の共有などが挙げられます。しかしながら、全ての言語の高精度処理や文脈の深い理解、倫理的課題など、多くの挑戦もまだ残されています。今後のNLPの発展は、これらの課題を乗り越えることにより、さらなる応用の幅を広げることが期待されます。
AI用語

ポカヨケとは?事例と共に分かりやすく解説

ポカヨケは、ミスを防止するための日本発の手法や装置を指します。人間の操作ミスを自動的に防ぐことを目的とし、製品の品質や生産性、作業者の安全向上に寄与します。トヨタなどの大手企業はこの手法を利用し、高い品質と生産性を維持しています。しかし、導入時の初期投資や継続的な教育は考慮する必要があります。日常生活でも、多くの製品にポカヨケの考え方が取り入れられています。英語での表記は「Foolproof」とされ、ミスを防ぐという意味を持つ。
AI用語

ディープラーニングとは?仕組みや活用法をわかりやすく解説

ディープラーニングは、人の脳のニューロンからインスパイアされた「ニューラルネットワーク」を基盤とする技術。多層の隠れ層を持ち、大量のデータを使い学習する。活性化関数や損失関数を用い、高い計算能力が要求されるが、多岐にわたるタスクで高性能を発揮。
AI用語

フレーム問題とは?具体例など分かりやすく解説

フレーム問題はAIの適切な判断の課題を指し、これが掃除ロボット、自動運転車、日常のAI判断などの実例に現れる。これはAI発展の中心的な問題として考えられている。
AI用語

ekycとは?種類やメリット・デメリット、危険性について解説

ekyc(Electronic Know Your Customer)は、デジタル技術を活用した電子的な本人確認のプロセスです。これにより、顧客は物理的な身分証明書の提示を避けることができます。日本における主な認証方法として、ユーザー提供情報と外部データベースを照合する「ワ方式」と、公的認証情報を用いる「ホ方式」があります。ekycの利点としては、本人確認の手続きの迅速化が挙げられますが、システムエラーや情報の誤認識などのリスクも伴います。
AI用語

GPUとは?CPUとの違いや性能・特徴についてわかりやすく解説

GPUの基本的な役割とCPUとの違い、市場でのGPUの種類、ディープラーニングやゲームにおけるGPUの活用例、そして最適なGPUの選び方についてわかりやすく解説しています。
ChatGPT

ビジネスメールでうまくChatGPTを活用する方法!すぐに使えるプロンプトも紹介!

ChatGPTでビジネスメールを書くプロンプトを紹介します。上司へのメールを添削させたり、営業メールを要約させることも出来ます。ただし、社内の機密情報を入力するのは危険ですので避けるようにしましょう!
AI用語

ロジックセオリストとは?ヒューリスティクスとの関係も解説

ロジックセオリストは人工知能プログラムで、論理的な推論と問題解決能力を備え、多岐にわたる課題に適用。アレン・ニューエルとハーバード・サイモンによる開発で、ヒューリスティクスと組み合わせて専門家でない人々も問題に対処。人工知能研究に大きな影響を与え、幅広い分野で活用されている。
AI用語

MLOpsとは?DevOpsとの違いも含めわかりやすく解説!

MLOpsは、AIや機械学習のモデルのライフサイクルを効率的に管理・運用するための手法です。この記事では、MLOpsの定義や重要性、さらにDevOps、AIOps、DataOpsとの違いを明確に説明しています。
スポンサーリンク