【Adobe】 Firefly Image 3 Foundation モデルを発表

AIニュース

アドビは、クリエイティビティカンファレンス「Adobe MAX London 2024」において、クリエイティブ生成AIモデルファミリーの次期メジャーリリースとなる「Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)」を発表しました。

この新しいモデルは、Adobe Photoshop(ベータ版)とAdobe Firefly web版で利用可能です。

以下で詳しく機能や概要を解説していきます。

スポンサーリンク

Firefly Image 3 Foundationの新機能とは

引用https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.adobe.com%2Fjp%2Fnews-room%2Fnews%2F202404%2F20240423_adobe-firefly-image-3-foundation-model.html&psig=AOvVaw0BV7-ZLjQ7wwom2LKAUUBZ&ust=1715073232798000&source=images&cd=vfe&opi=89978449&ved=0CBIQjRxqFwoTCKjqk-jX-IUDFQAAAAAdAAAAABAE

Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)の主な特徴は以下の通りです。

  1. 自動スタイライズ機能
    新しいスタイルエンジンにより、生成する画像のスタイルをより自由にコントロールできます。
    画像出力には、さまざまなスタイル、色、背景、被写体のポーズなどが含まれています。
  2. 「構成参照」と「スタイル参照」機能
    参照用画像の構成にマッチした新しい画像をすばやく生成できるため、プロンプトを何度も入力しして画像生成に時間を要することがありません。
    また、生成されるスタイルをより自由にコントロールすることができます。
  3. 高品質な画像生成
    より高性能な照明、ポジショニング、バラエティにより、人物のレンダリング(細かな特徴、さまざまなムードや表情)、複雑な構造、集合体の画像生成が大きく改善しています。
  4. 豊富なディテールとプロンプトの精度
    テキストプロンプトとシーンをより深く理解しているため、長くて複雑なプロンプトを正確に反映し、より多くのディテールを含んだ画像生成が可能です。
    テキストレンダリングも改善され、明確なテキストディスプレイの画像生成が可能になりました。
  5. イラストとアイコンの幅広いスタイル
    出力におけるイラストを大きく改善し、アイコンやロゴ、ラスター画像、線画をすばやく作成できます。

画像生成AI Adobe Fireflyとは

Adobe Fireflyは、2023年3月の最初の公開以来、世界中で70億枚以上の画像生成に使用されています。

アドビは、Adobe Photoshop、Adobe Express、Adobe Illustrator、Adobe Substance 3Dなど、アドビのユーザーが毎日使用する作業に直接統合できるように、Adobe Fireflyを構築しました。

わずか1年で、Adobe Fireflyは画像編集、テンプレート作成、ベクターデザイン、3Dテクスチャリング、ステージングをより良いものに変え、生成AIとしての機能を常にアップデートしています。

アドビは、Adobe Stockなどのライセンスコンテンツを使ってAdobe Fireflyを学習させており、著作権や商標、ロゴなどの知的財産権を侵害しない商用利用のコンテンツを生成するよう設計されています。

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine