ChatGPTを活用した架空の人格モデルに関する共同研究が開始

AIニュース

株式会社テンダと宮城大学が、ChatGPTを用いた架空の人格モデルの開発に関する共同研究を開始しました。

このAIニュースのポイント:

  • テンダと宮城大学は、大規模言語モデルを活用して、架空の人格モデルの研究を行います。
  • この研究は、地域社会に最先端技術の学習機会を提供し、新しいビジネスの応用を目指します。
  • 研究期間は2024年2月1日から2025年3月31日まで設定され、その成果は期間終了後に報告される予定です。

株式会社テンダと宮城大学は、ChatGPTを活用した架空の人格モデルに関する共同研究を行います。この研究は、東北地域のIT技術の発展と新規ビジネスの創出に寄与することを目指しています。

テンダのDXサービスにおいて生成AIを利用した事例の調査から生まれたこのプロジェクトは、特定の人物をAIが演じることによる実用性の検証を含みます。また、この取り組みはESG経営の推進と地方創生にも貢献し、SDGsの目標達成にも寄与すると期待されています。

研究成果は2025年3月に報告される予定で、その進捗に応じて中間報告も検討されています。

出典: PRTimes

AIニュース
スポンサーリンク
Romptn Magazine