「リートンテクノロジーズ」日本法人設立によりサービス展開を加速 | romptn Magazine

「リートンテクノロジーズ」日本法人設立によりサービス展開を加速

AIニュース

韓国ソウル市に本社を置くリートンテクノロジーズは、2023年11月1日に日本法人「リートンテクノロジーズジャパン」を設立し、日本市場でのサービス提供を本格化させます。

このAIニュースのポイント:

  1. リートンテクノロジーズは、AIチャットプラットフォーム「Wrtn」の提供を通じて、全世界で120万人のユーザーを獲得しています。
  2. 日本法人設立により、日本企業とのパートナーシップや事業展開を迅速化し、より高度なサービス提供を目指すとしています。
  3. 「みんなのAI」を企業テーマに掲げ、AI技術を活用したサービスやアプリの開発・提供を通じて、便利な日常をサポートすることを目標としています。

生成AIサービス「wrtn(リートン)」を提供するリートンテクノロジーズは、韓国ソウル市に本社を置き、最先端のAI技術を活用したサービスで注目を集めている企業です。同社は、金融や旅行、ファッション、ヘルスケアなど多岐にわたる産業でのパートナーシップを韓国で築き上げ、ユーザーに最適なサービスを提供してきました。

リートンテクノロジーズジャパンは、日本市場での事業活動を強化し、日本企業との連携を深めることで、AI技術を活用した革新的なサービスの提供を目指しています。また、企業や団体向けには、生成AI教育プログラム「リートン・プロンプトソン」も提供しており、AI技術の普及と教育にも力を入れています。

代表のイ・セヨン氏は、非英語圏での精度の高い生成AIサービスの提供を目指し、日本法人設立を通じて、日本市場への夢と志を実現させることに大きな意義を見出しています。

出典: PRTimes

AIニュース
スポンサーリンク
romptn Magazine