完全オフライン対応の生成AIシステム「Chimaki」発表

AIニュース

株式会社K-walkがインターネット接続不要の生成AIシステム「Chimaki」を発表。このシステムは独自の言語モデルを使用してリアルタイムでの回答生成が可能で、情報漏洩リスクや従量課金コストの問題を解決することが期待されています。

のAIニュースのポイント:

  1. Chimakiはインターネット接続が不要で、独自の言語モデルによるリアルタイムの回答生成が可能です。
  2. 完全オフラインおよびローカルネットワークでの稼働により、情報漏洩リスクや従量課金コスト問題に寄与します。
  3. 回答の生成時には、構築済みのベクトル化したデータベースを使用し、回答の正確性や回答根拠のブラックボックス化問題を解決します。

Chimakiは、インターネット接続が不要で、様々な状況下での活用が可能な生成AIシステムです。独自の言語モデルによる回答の生成が可能であり、利用者の疑問に対してリアルタイムで回答を検索、生成します。量子化等の軽量化・最適化によりシングルGPUによる実用可能レベルでの文章生成が可能となりました。これにより、情報漏洩リスクや従量課金コスト問題に寄与できます。また、回答の生成時に事前知識として、構築済みのベクトル化したデータベースを用途によって選択・使用し、回答とともに引用部分を出力することが可能です。

今後の展開として、自社での試験導入結果や試験導入の承諾を得た企業への導入結果を基に、最終的な調整やデバイス選定、ライセンスチェックを行い、正式リリースを予定しています。Chimakiの導入やサービス展開に関しては、代理店制度や共同開発などのパートナーシップを検討しています。

株式会社K-walkは、地方の急速な人口減少に伴う課題に対して、ICT技術を活用し、地域経済の衰退や人手不足、スマートシティ化の推進などの課題に取り組んでいます

出典: PRTimes

AIニュース
スポンサーリンク
Romptn Magazine